売れない営業マンって不安で不安でしょうがないですよね。

今売れないことに関してもそうですし、その状態が続いたことを考えると将来も不安でしょうがないと思います。

ただ、不安を感じることは悪いことではないんですよ。

今日は不安を感じることが悪いことではない理由や不安との付き合い方などについてお話します!

スポンサーリンク

不安を感じるのはいいことだと認識せよ

不安を抱えている営業マンへのアドバイス

不安を抱えている状態をポジティブに捉えられる人って少ないですけど、実はとってもいいことなんですよ。

だって、「もう私の人生なんてどうだっていい!」って完全に諦めてしまったら不安なんて感じませんからね。

職を失おうが、不健康な生活を送ろうが関係なしになるはずですからね。

でも、あなたはそうではないでしょ。

「今の現状をどうにかしたい」「将来はもっとよくなりたい」という理想と、実際の今の現状や予測できる将来の開きに対して「このままではまずい」と思う気持ちが残っているから不安を感じるわけです。

人間、不安を感じなくなったらおしまいですからね。

不安とは一生付き合う覚悟を決めよ

お金がないときは「こんな経済状態で大丈夫かな・・・」と不安を抱えていたのに、いざお金が稼げるようになって不安がなくなるかといえば「この資産を減らしたくないな・・・」と不安になる。

私はフルコミの営業会社でキャッシングしないとやっていけないようなお金に困った営業マンから、億超えの資産を持った社長まで本当にいろいろな経済状況の方々にお会いしましたが、それぞれ不安を抱えていました。

また、人生における不安ってお金だけではありませんので、その方の置かれた状況によっていろんな種類の不安があるわけです。

ですから、不安を解消したところで、一時的には不安から開放されることはあっても、また次の不安が生まれますので逃れることはできません。

営業の仕事は、不安を感じることが多い仕事ですので、不安と付き合っていく覚悟を決めてください!

不安を抱えながらも足を止めずに進み続けよう

「不安を持つのはいいこと」「不安とは一生付き合い続けなければならい」という2点が分かったところで、ではどうすればいいかの結論をお教えします。

それは、不安を抱えつつ、足を止めずに前へ前へと歩みをすすめることです!

結局、ここで差が出るんですよ。

どんなに成功している人でも、強気でポジティブな人でも不安は絶対にあります。

ただ、そういう人達は不安を抱えながらも力強く歩み続けているんですね。

「上手くいくだろうか・・・」「この道で合っているんだろうか?」と思うがあまり動けなくなってしまう人が多いですが、立ち止まったらおしまい。

現状維持どころか、後退してしまうだけです。

上手く行かなければ修正すればいいですし、行く道を間違えたら引き返せばいいだけです(笑

何も難しくないですよね。

あとはあなた次第です!!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事