コンサル営業マン時代に社長攻略方法を会得してからの私の契約率は90%を超えていましたし、そのうちの70%が即決でした。

なかなかの数字でしょ!

今日は、毎日のように企業の社長と商談した経験から学んだことをそのまま詰め込んだ法人営業マン向けの社長攻略マニュアルを紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

社長攻略はコツを掴めば難しくない

法人営業マンの社長攻略法

法人営業マンは絶対に代表者をターゲットにするべきです。

理由は簡単で契約率がめちゃくちゃ跳ね上がるからなんですよ。

「でも、私が扱っている商材(サービス)は担当者案件なんですけど・・・」と思うかもしれませんが、大企業の社長だけが代表者ではありませんからね。

創業したばかりのベンチャー企業、個人経営の飲食店の代表者、士業の先生方、開業医の先生なども決裁権をもっている立派な代表者です。

そういうトップにアプローチした方が法人営業マンは楽なんですね。

ただ、ちょっとしたコツを掴む必要があるので、攻略法が必要なんです。

社長を攻略したければ、まずは相手を知れ!

代表者と言っても本当にさまざまな代表者がいます。

先程も言いましたが、大企業の社長、創業したばかりのベンチャー企業、個人経営の飲食店の代表者、士業の先生方、開業医の先生などすべて代表者ですし、大企業の社長にもオーナー社長と雇われ社長がいます。

そして、同じ代表者でもそれぞれ特徴がありますので、相手を知ることが非常に重要になります。

ただ、私のように年単位の時間をかけて多くの代表者と商談して学ぶような時間の余裕がない営業マンの方も多いと思いますので、そこら辺をマニュアルにまとめたと言う訳です。

社長攻略のメリットは契約率だけではない

劇的に契約率が上がるだけでも営業マンにとっては大きなメリットですが、実は代表者を攻略すると他にも沢山のメリットがあるんですよ。

例えば、私は今でも懇意にして頂いている社長がいらっしゃるのですが、その殆どが商談でお伺いしたのがきっかけなんですよ。

こんな人脈は法人営業マンをやっていなければ、なかなか作れるものではありません。

マニュアルにはそれ以外に直接数字に繋がるようなメリットを複数盛り込んでありますので、業績アップの役に立つと思います!

もちろん、実際の商談の注意点も盛り込みました!

ただ、社長などを目の前にすると、ビビってしまったり萎縮してしまう営業マンも多いので、実際の商談の注意点などもマニュアルに盛り込んであります。

しかも、飲食店のオーナーの場合、歯科医院の院長の場合、2代目社長の場合など、タイプ別に注意点をあげさせてもらいました。

社長攻略マニュアルはこちら

社長攻略マニュアルに興味を持った方は、営業ビズのnoteをご覧になってみてくださいね!

【参考】法人営業マンのための社長(代表)攻略法|営業ビズのノート|note


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事