「投資家になって資産家に成りたい!」という価値観の若者グループと膝を突き合わせて話す機会があったのですが、面白かったですね~。

詐欺などの犯罪はよくありませんが、稼ぐ方法なんて何でもいいというのが私の価値観なのですが、あまりに労働を全否定する若者たちに対して思うところがあったので思いっきり論破してやりました(笑

ちょっと、面白かったので紹介したいと思います。

今日は、営業ノウハウやコツ系の話ではないので、気軽に読んでくださいね!

スポンサーリンク

労働なんて古い、これからの時代は投資だ!

労働じゃなくて投資でしょ

大学生や社会人成り立ての若者3人と、居酒屋に行って話す機会があったのですが、こんなことを言ってたんですよね。

「一生働いたって、我慢してギリギリの生活を送らなければならないじゃないですか!?時代は投資ですよ、投資。お金にお金を稼いでもらわないと!」

別に悪いとは言いませんし、若い頃から投資の勉強をしているなんて感心ですよね。何も考えずにゲームばかりしているよりはずっといい。

ただ、こんなことも言っていて、私はどうにもこうにも引っかかってしまったんですよね。

「汗して働く労働なんて所詮時間の切り売りじゃないですか!馬鹿らしくてやってられませんよ。それだったら今から投資して将来はキャッシュリッチな上にタイムリッチを目指します。みんなが投資すれば幸せになれると思うんだけどな~」

そこで、ちょっと人生の先輩としておせっかいをしてやりました(笑

汗してはたらく人がいなくなったら投資は成り立たない

別に若者の夢を潰そうとか、意見をおさえつけようというつもりはありません。

ただ、ちょっと極端すぎと思ったので、次のような問題提議をしてみたんです。

私:「○○君は、『みんなが投資すれば幸せになれる』って言ってたよね!」

相手:「はい。だって、親を見てても幸せそうじゃないし。一生働きずくめなんて嫌ですね」

私:「でもさ、ひとつ疑問があるんだけど、みんなが「汗して働くのは馬鹿らしいから投資で生きていく!」ってなったら投資先が無くなって投資は成り立たないんじゃない?」

私の質問に対して即答するどころか、回答できる若者はひとりもいませんでした。

飲みの席がお通夜みたいになったので、「働きながら投資するって方法もあるしね!」とフォローはしましたよ(笑

ただ、若者3人が「労働とは?」「投資とは?」と、考える機会になればいいと思っています。

最後に

念の為再度言っておきますが、投資が悪いとは思っていません。

株式を発行することで資金を集め、それを事業の軍資金にすることで企業は更なる業績アップに邁進できるという図式もありますからね。

ただ、どんな時代でも汗して働くことの尊さというのは変わらないと思います。

投資で得られるのは資産だけですが、労働からは報酬意外に信用や人脈などのプライスレスなものを得ることができますから。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 匿名 より:

    携帯です。お久しぶりです。
    私は世の中まだまだ実業だと思いますけどねー
    投資も行ってはいますが、自分だけがお金持ちになりたいとは思っていませんので、仲間と実業でお金を作っていきたいです。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      携帯さん!
      お久しぶりです。
      そして、コメントありがとうございます。

      私もそっち派ですね。
      ただ、仲間に関しては、以前にいろいろ嫌な思いをしたので慎重になりますが(汗

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事