売れる営業マンになるために、絶対に信じるべきことが3つあります!

  1. 自分
  2. お客さま
  3. 目にみえない力
営業人生を高いモチベーションで走り続けたいのであれば、最低でも上記の3つは信じて疑わないようにするべきだという理由についてお話します!

スポンサーリンク

自分を信じるべき理由

営業マンが信じるべきもの3つ

売れる営業マンと売れない営業マンの大きな違いのひとつに「自己肯定感」があります。

実績のあるトップ営業マンであれば「これまでの実績」という根拠のある自己肯定をしていますし、また、頭角を表し売りはじめる営業マンは「俺なら出来る!」「私に出来ないはずがない!」というような根拠のない自信からくる自己肯定をしているんですね。

ですから、まずは自分で自分を全面的に信じてあげましょう!

自分を信じている営業マンって、お客さまから見ると迫力が違うんですよ。
自信という感じは「自分を信じる」と書きますからね。

そして、自分をとことん信じ続けていると自己洗脳がかかりますので、ポジティブ思考が自然に出来るようになっていくのです!

お客さまを信じるべき理由

2つ目の信じるべきものは「お客さま」です。

「何だよ、この客・・・」とお客さま批判するなんて論外ですが、商談中に「また、決まらないかもしれないな・・・」と思ってしまうのは、目の前のお客さまを信用していない証拠です。

でも、考えてみてください。
こちらが信用していないのに、営業マンのあなたをお客さまは信用してくれるでしょうか?

ですから、私はどんなに難しいお客さまだったとしても、詐欺師呼ばわりされたりしても、「ちゃんと話せば絶対にわかってもらえる人のはずだ」と、目の前のお客さまのことを信じることにしています。

あまりに酷いことを言われると熱くなってしまうこともありますが、それも「やり合っても最後は分かってもらえる」と信じているから出来るんですよ。

だって、営業マン嫌いのお客さまだって、営業マンとお客さまという関係ではなく、どこかで偶然会ったのであれば、気さくに楽しく話してくれるいい人にきまっているじゃないですか!

とことん、お客さまを信じてみてください!

目に見えない力を信じるべき理由

3つ目の信じるべきものは、目に見えない力です。

※ 宗教的に感じるかもしれませんが、私は無宗教なので念のため言っておきますね。

これまで生きてきて、目に見えない力を感じたことはありませんか?

私は20年以上の営業人生を振り返ると、営業の神様のような存在がいて、頑張った営業マンにはご褒美を、そうでない営業マンや悪さをしている営業マンには罰が与えられていると思えてしょうがないんですよね。

もちろん、人生80年ですから、1週間、1月、3ヶ月、半年、1年など、短い期間で区切ってみれば、「こんなに頑張っているのに、良いことが全然ない」というようなこともあるでしょう。

ただ、長い目で見ると、目に見えない何かがあるとしか思えないんですよ。

また、これは営業の神様のような存在に限った話ではありません。

あなたを取り巻く全ての人達が、あなたの知らないところで、あなたのために動いてくれているわけです。

ですから、目に見えるものだけを信じるリアリストよりも、目に見えない力も信じる人の方が大きく成長できるというわけです!

最後に

営業マンが絶対に信じるべき3つとその理由についてお送りしました!

「自分」「お客さま」「目に見えない力」を信じて頑張っていきましょう!!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. すめらぎ より:

    白井さん、お世話様です。

    私も無宗教なのですが、国内外の精神世界を探求した結果、人間は神様だと思っておりまして、個人宅訪問営業でインターフォンを押す度にどんな容姿、年齢、性別の神様が出てくるのだろうと思うとワクワクします。(商売のお客様は神様です、の意味とは違います) そして、私の訪問は日々変化の少ない日常を送られてる皆様への生活のスパイスだと思っています。

    この記事とても勉強になりました。ありがとうございます。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      すめらぎさん!
      コメントありがとうございます。

      訪問をポジティブに考える姿勢に共感しました!!!

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事