「一流の営業マンとは?」と聞かれたら、何が頭に浮かびますか?
また、この問に対して何と答えますか?

個人的な結論としては、「引き抜きやヘッドハンティングのお声がかかったら一流の営業マン」だと思います。

今日はその理由について!

スポンサーリンク

社内で売れて評価されるのは当然

営業マンのヘッドハンティング

営業マンは会社の業績にダイレクトに貢献できますから、数字を上げれば評価されるのは当然です。

ただ、何社も営業会社を経験した私に言わせると、「あなたの営業力って本物ですか?」って思っちゃうんですよね。

だって、「元大手企業で活躍していた営業マン」が訪問販売の営業会社では全然売れないみたいなケースを数え切れないほど見てきましたから。(数日間で逃げ出した人もいます・・・)

結局、そういう人は大手企業の信用があったから活躍出来ていただけなのに、「自分は一流の営業マンだ」と勘違いしているだけなんですよね。

ですから、社内で実績があるだけの営業マンは一流とは言えません。
売れて当然です。

いい仕事をしていれば外からお声がかかる

私が一流の営業マンの定義として「ヘッドハンティング」や「引き抜き」をあげるのは、本当の意味でいい仕事をしていれば、必ず「力を貸してほしい」と声がかかるからです。

例えば、法人営業で社長をターゲットにしている営業マンがいい仕事をしていれば、「君みたいな営業マンが欲しいんだけど、うちに来ない?」のように1度はお声がかかるはずです。

ただ、自分の数字のために顧客をごまかすような売り方をしている営業マンには声はかかりませんよ。

役職者であれば、いい仕事ぶりが噂になれば、ヘッドハンティングされることもあるでしょう。(ヘッドハンティングの会社が連絡してくることも考えられます)

また、フルコミの訪販のような人の入れ替わりが多い業界に数年いれば、昔の同僚から「会社を立ち上げたんだけど、顧客獲得のために力を貸してくれない?」などと連絡が来たりしますからね。

この場合、確実に数字が読める営業力はもちろん、一緒に働いていたときに人間性も気に入られていなければお声はかかりません。

別に自慢するつもりはありませんが、私はこれまで数え切れないほどビジネスのお誘いを受けてきました。

あまりにビジネスの話ばかりなので、「たまにはプライベートのお誘いは無いんかい!」って寂しい気分になることもありますけどね(泣

今は起業して自分がトップなので引き抜きやヘッドハンティングとは違いますが、やはりビジネスの話はちょくちょくやってきます。

これが途切れて何もお声がかからなくなったら終わりだと思って頑張っています。

最後に

引き抜きやヘッドハンティングのお声がかかったら一流の営業マンだという内容をお送りしました。

どこからかお声がかかるくらいのいい仕事をするように心がけましょう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事