営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回は大手ガス会社の既契約者に電力新プランへの加入促進についてという質問に対する回答をお送りします!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

無料メール相談はこちら

スポンサーリンク

今回の質問

大手ガス会社のアポインターの方から以下のような質問がきました。
まずは、内容をご紹介します。

はじめまして。

私は大手ガス会社の既契約者に電力新プランへの加入促進のテレアポの仕事をしているのですがコールセンターの仕事自体が初めてで毎日150~200件ほど掛けていますがガチャ切りや邪険に対応される事への恐怖心やモヤモヤ感や心が折れそうでまだ2週間程しか勤務していませんがもう限界が近いです。

そこでファーストアプローチやトークの仕方などいろいろな事を詳しく教えて頂きたいです。

私のところのスプリクト?は「お世話になります。○○電力の○○と申します。○○様でしょうか?いつも○○電力をご利用頂きましてありがとうございます。この度新しく始まりましたガスと電気をおまとめ頂くと今よりも必ずお安くなるな○ト○パッ○のご案内でお電話致しました。今少しお時間よろしいでしょうか?確認なのですが○○様は○○ガスの○○ガスをお使いでしょうか?とゆうようなスプリクト?になっています。新人ですのでその通り読んでいますが○○会社の○○ですのところら辺ですぐ『今のところから変えるつもりない』『考えてない』『結構です』『いらない』などと切られます。

今までで取れていないのが私含めて5人くらいです。
同時期入社は23人です。
派遣で短期のお仕事なのでクビになると困るのです。

なのでガチャ切りされないすぐ断られないトークや断られた時の切り替えし方法などファーストアプローチからクロージングまで教えて下さい。宜しくお願い致します。


質問に対する回答

ぶーすたーさん、この度はご質問頂きありがとうございます。

ちょっと気になったのですが、ぶーすたーってポケモンですか?
ポケモン好きなので、ちょっと気になってしまいました(笑

さて、ぶーすたーさんの質問に「ガチャ切りされないすぐ断られないトークや断られた時の切り替えし方法などファーストアプローチからクロージングまで教えて下さい」とありますが、今回は敢えてファーストアプローチに絞ってアドバイスをさせて頂きます。

理由としては、「テレアポはファーストアプローチが全て」「いっぺんに色々教えても使いこなせない・混乱する」からです。

スクリプトのアプローチトークの改善点

かなりお客さまの反応が変わると思いますので、以下を参考にアプローチトークを改善してみてください。

但し、注意点があります。

今回お教えする内容は、決して違法などではありませんが、コンプライアンスやルールにうるさかったり、会社のイメージや信用を気にする保守的な大企業の担当者は面白く思わないかもしれません。

私はぶーすたーさんが働いている会社の方針までは分かりませんので、「どこまで取り入れるか」などはご自身で判断してください!

トークが長すぎる

私が質問メール内にあるスクリプトのアプローチトークを読んで一番最初に思ったのは・・・

「長すぎる(汗」です。

大手会社の信用と、対象が既存顧客だということを考慮しても、こんなアプローチでは効率が悪すぎますね。

私がコンサルに入りたいくらいです(笑

これは頭に叩き込んでおいてもらいたいのですが、ぶーすたーさんがやっているのは「BtoCのテレアポ」だということ。

ハッキリ言って何の工夫もなくコールし続けても、電話代とアポインターさんの労力の無駄遣いです。

このアプローチでアポが取れているアポインターさんがいるのが不思議だ・・・

例えば、アプローチトークの冒頭で「○○電力」って2回繰り返していますし、既存顧客に電話しているのに「確認なのですが○○様は○○ガスの○○ガスをお使いでしょうか?」とわざわざ確認する必要がありますか?

こういう無駄の一切を省いて、必要最低限のトークにしてみてください!

メリットを伝えるのが遅い・伝え方が悪い

さて、アプローチトークを短くすのと同時に改善すべきところが「メリットを伝えるタイミング」と「メリットの伝え方」です。

アプローチトークの冒頭は「お世話になります。○○電力の○○と申します。○○様でしょうか?いつも○○電力をご利用頂きましてありがとうございます。この度新しく始まりましたガスと電気をおまとめ頂くと・・・」とあります。

しかし、テレアポは「怪しい」「うっとおしいい」と思われていますので、こんなご丁寧なアプローチトークを話しているうちに「けっこうです」「興味はありません」ってなってしまいますよ。

ですから、「お世話になります、○○電力の○○と申しますが、この度は○○様の電気料金が○○%下がる可能性があるのでご連絡させて頂いたんすが・・・」のように単刀直入にお客さまのメリットを打ち出し「!?」と思わせる必要があるんです。

もちろん、このように変えたとしてもガチャ切りされたり、まともに話を聞いてもらえない相手は沢山いますが、1件1件メリットまでは切られる前に絶対に伝えるようにしていれば結果は絶対に違ってきます!

「~でしょうか?」と尋ねてはいけない

アプローチトークの中で、「○○様でしょうか?」と「今少しお時間よろしいでしょうか?」と質問していますが、この2つの質問は最悪です。

考えて欲しいのですが、既存顧客に電話しておいて「○○様ですか?」はおかしいと思いません?

あと、「今少しお時間よろしいでしょうか?」と聞くのは、「今忙しいから」という断りの回答を自ら引っ張り出しているようなものです。

これを読んだら、この無駄な質問はやめましょうね。

その他の改善点

上記を改善するだけでも違ってくると思いますが、これ以外にもぶーすたーさんに必要だと思われる内容がブログの過去記事にありましたのでピックアップさせて頂きました。

以下の記事も合わせて読んで、今後の業務に役立ててください!


この他にも、当ブログには多くのテレアポのコツに関する情報がありますよ!


質問に対する回答は以上になります。

ぶーすたーさんがアポをバンバン取れるようになることを祈ってます!

最後に

「私も相談したことがある!」「営業の仕事で悩んでます…」
こんな方は、遠慮なく以下のページからご質問くださいね!

無料メール相談はこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事