「○○さんの受注してきた案件って、本当に揉め事が多いよね・・・」
こんな営業マンはどの会社にもいるものです。

ただ、これは運が悪いだけなのでしょうか?

確かに「クレーマー体質のお客さま」にたまたま当たってしまうことはありますが、その確立は高くありません。

また、営業マン次第で「お客さま」にも「悪いお客さま」にも変わってしうことからも、「営業マンの対応に問題がある」と言えるでしょう。

そこで、受注後に揉め事が起きる原因として、営業マンが商談で戦ってないからというお話をさせて頂きます!

スポンサーリンク

契約欲しさにお客さまのいいなりの営業マン

契約が欲しい成績が悪い営業マン

喉から手が出るほど契約が欲しい営業マンの中には、お客さまのいいなりになってしまうタイプがいます。

でも、これって本当に時限爆弾付きの契約を生むだけなんですよね。

例えば、出来ないことは「出来ません!」とハッキリ言えばいいのに、なんとなくあやふやな状態で契約してしまう。

そして、あるときドッカーーーーーンって爆発するわけです。

お客さま思いの営業マンはお客さまと戦うこともある

何でもかんでも「できません」「それはだめです」というのも問題です。
しかし、お客さまの中には無理難題や非常識なことを言ってくる方っているじゃないですか。

そういうときは、営業マンとして勇気を出して戦わなければなりません。

ここでビビっていいなりになったり、おとなしくしてるから揉め事が起きるわけです。

気持ち悪い「消化不良」のようなオーダーがほしいですか?
そんなオーダーもらったところで、営業マンとしての成長は1ミリもありません。

「お客さまは神様です」とか「営業マンはお客さまの言うことを否定してはいけない」というような教えを間違って認識している営業マンが多すぎる。

「何でも言うことを聞く」「無理難題も引き受ける」のがお客さま思いの営業マンではありません。

私の経験上、本当のクレーマーでもなければ、一時的にお客さまも熱くなることはありますが、最後は分かってくれるものです。

そして、そういうお客さまが、後々もずっとあなたを応援してくれるようないいお客さまになる可能性が高いということを覚えておいてください。

まとめ

揉め事が多い営業マンは、社内からの信頼も失います。

どうせ契約を取るなら「きれいにまとめ上げる」のも営業マンの仕事と心得て、受注後にトラブルが起きないような状態で引き継ぎましょう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事