日本の多くの会社が年度末は3月末ですよね。

営業会社の中には土日も関係ない職場も多いですが、昨日の金曜日が最終日だった方も多いのではないでしょうか。

そこで質問します。

今期が終わりましたが、
満足ですか?

それとも
後悔していますか?

今日はそんなお話を。

スポンサーリンク

結果を直視して原因をハッキリさせることが重要

今期の原因追求を怠るな

結果がいいに越したことはありません。
そういう意味では、「満足している」と回答した人は評価に値します。

ただ、忘れてはならないのは、ビジネス人生は今後もずっと続くということ。

というのは、私は何度となく見てきたんですよね。
売れていた営業マンが信じられないくらい売れなくなってしまったケースを・・・

逆に、全然売れなかった営業マンが豹変したように売れるようになったケースも見ています。

では、このような違いって何が原因で起こるんでしょう。

答えは簡単で、結果を直視し、ハッキリ原因が分かるまで探求し続けたかどうかの違いです。

そういう意味では、今期の最終日は金曜日なので、来期が始まる週明けまで土・日の2日間も考える時間がありますから、ちゃんと今期の結果に対する原因追求をするようにしましょうね。

最悪なのは何も考えずにスルーすること

以前、ブログで「一晩寝たら忘れる方がいい」というような内容を書いたことがありますが、勘違いしないで欲しいのは、「知恵熱が出るくらい考えてから寝ろ」という点です。

何故、当たり前のことを何度も言うのか。

それは、本当に何も考えずにスルーする営業マンや、考えたにしても浅い営業マンが多いからです。

「数字が足りなくて泣きそうになってたじゃん!その割には、何も考えてないな・・・」

残念ながら、こういう営業マンが本当に多いんですよ。

「数字が足りなくて怒られまくった今期がやっと終わってリセットさせるぜ!」

こういう営業マンには、新たに迎える来期が終わる頃に同じか更に悪い結果が待っているだけです。

スルーはありえませんよ。

最後に

別に家に引きこもって暗い感じで考え込まなければならないわけではありません。

ここのところ暖かいですし桜も咲いていますから、どこかの公園の芝生の上に寝っ転がって、青空を見ながら考えたっていいわけです。

是非、今期の経験を来期以降に活かすために、結果に対する原因追求をしっかりとしてください。

最後に、今期1年間お疲れさまでした。
来期から、お互いに頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事