目が笑っていない営業マンっていますよね・・・

営業マンに限ったことではありませんが、目が笑っていない人に対する印象は「信用できないな」「何考えてるんだろう?」のように悪いです。

「でも、自然な笑顔がなかなか出来ない・・・」と逃げて意識を持っている営業マンも多いと思いますので、自然な笑顔を作るコツを伝授させて頂きます!

スポンサーリンク

自然な笑顔の作り方

いい笑顔の女性営業マン

では、さっそくですが本題に入りますね!

ぎこちなくても気にせず笑ってみる

目が笑っていない営業マンの多くは、普段から笑うこと(笑顔になること)が少ないタイプか、人見知りや過度の緊張から顔が引きつっているタイプのどちらかです。(極稀にもともと強面のタイプもいますが・・・)

ただ、自分が上記のタイプに当てはまるからといって、「いい笑顔なんて出来ないよ」と諦めていたら素敵な笑顔を作れるようにはなりません。

ですから、仕事に限らずプライベートも含め、「笑顏でいること」を心がけてみてください。

まずは、笑う機会を増やさなければ、いろいろ考えたり悩んだところで意味がありません。

鏡を見て笑顔の練習をする

実は、私は「ポーカーフェイス」と言われることがあるタイプで、決してもともと笑顔になるのが得意な営業マンではありませんでした。

ですから、見たくもない自分の顔を鏡に写して、笑顔の練習をしましたよ(笑

そんな練習の中で、自分なりにいい笑顔に見えるコツを掴んだので、いくつか具体例を上げておきますね!

普段より若干目を広げる

「どのくらいか」を言葉で伝えるが難しいのですが、笑顔をつくるときに若干目を大きく広げてみてください。

但し、あんまり見開いたら駄目ですよ。
怖いですから(笑

鏡を見ながらいい感じに見える目の開き具合がいつでもできるようにしましょう!

眉も少し上げる

これも加減の問題はありますが、眉も少し上げ気味にするといいですよ。

目の輝きまでは変えられませんが、目を若干広げるのと同時に眉も少しだけあげると、死んだ目の笑顔にならなくなります。

鏡を見て不自然にならないようにするのをお忘れなく。

口角を上げる

目ではありませんが、いい笑顔を作るコツとして口角を上げるというものがあります。

口角が下っていると、目元がいい感じでもいい笑顔とは言えない印象になってしまうんですよね。「楽しそうに見えない」「何か言いたげだな」みたいなね。

だからと言って、上げ過ぎるとわざとらしくなるのは、目や眉と同じです。

顔の筋肉をほぐす

最後のコツは、顔の筋肉のストレッチです。
意識的にほぐすように普段から心がけましょう!

ちなみに、私は朝起きて出かける前は自宅の洗面所の鏡の前で、商談前はコンビニのトイレなどの鏡の前で、必ず顔の準備運動をするようにしています。

これね、めちゃくちゃ効果あるので、やってみてください。

目を大きく見開いたり閉じたり、口を大きくあけたり、あとは、手で頬を揉んだりと、とにかく顔の筋肉をほぐすんです。

決して他人には見せられない姿ですが(笑

体と同じで、使ってない顔の筋肉は凝り固まったり、衰えたりしますからね。
毎日やれば、必ず変化が現れますよ!

まとめ

昔、同僚のめちゃくちゃ売る営業マンに、こんなことを言われたことがあります。

「白井さんって、可愛い笑顔しますよね!」
嬉しかったな~(笑

CMじゃないですけど、笑顔はプライスレスです。

1円もかけずに手に入るのですから、いい笑顔を手に入れない選択肢はありません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事