おすすめ記事

営業マンのような多くの方々とお会いする仕事をしていると、本当にいろいろなタイプの方にお会いしますよね。

そして、その中には「態度がデカい」「めちゃくちゃ横柄」「とにかく上から目線」のお客さまがいます。

ここで質問ですが、このようなお客さまに対して、あなたはどのように対応していますか?

まさか、ペコペコしたり、薄ら笑いを浮かべて媚びたりしていませんよね・・・

ちなみに、私はお客さまに対して絶対に媚びません。
これに関しては100%と言い切れます。

何故なら、営業マンはお客さまに媚びたらお終いだからです。

そこで、営業マンが態度がデカいお客さまに媚びてはいけない理由についてお話します!

スポンサーリンク

プライドがズタズタ、メンタルが疲弊するから

疲弊する営業マンのイメージ

毎日毎日、お客さまに媚び続けるのって辛くありませんか?
私は嫌ですね。

もし、私がそんなことをしたら、メンタルが疲弊して1週間持たないと思います。

大切なことなので覚えておいて欲しいのですが、営業マンは本当に多くのマイナスのシャワーを浴びる仕事です。

飛び込みで訪問すれば、「けっこうです」と断られ続ける、怪しい目でジロジロ見られる、いきなり怒鳴られることもありますよね。

テレアポをすれば、(受話器が壊れるかと思うくらいの勢いで)ガチャ切りされたり、「今度電話してきたら消費者センターにクレーム入れますよ!」と迷惑がられる。

社内では、上司に詰められ、(売れていなければ)同僚の営業マンたちから白い目で見られる・・・

ただでさえ健全なメンタルを維持するだけでも大変なのに、相手にしてくれるお客さま相手のときもペコペコなんてしてたら持ちません。

媚びるのは罪悪感の現れだから

営業職に携わっている営業マンの多くが勧誘することに罪悪感を感じています。

営業マンに対する世間のイメージはよくありませんし、実際に働いてみてバンバン断られると、「何か悪いことをしているみたいだな・・・」と思ってしまうんでしょうね。

そして、自分のやっている仕事に誇りが持てなくなり、高圧的なお客さまを目の前にすると媚びてしまうというわけです。

ただ、罪悪感を持っている状態で営業しても、絶対に売れません。
そういうのって、お客さまにビンビン伝わるからです。

態度のデカいお客さまに媚びたら逆効果だから

メンタルが強い方だと思っている私でも、過去に何度か「うわ!きたーーー!」と心の中で叫んでしまうほど態度のデカいお客さまに当たったことがあります。

長髪・色黒、ピンクのシャツを第三ボタンまで外して胸を開けているイケイケ社長に「帰れよ!話を聞くきはねーから!」と言われたときは、流石に顔が引きつりそうになりましたからね(笑

ただ、私の経験上、態度がデカいお客さまほど、営業マンは媚びるどころか弱気にすらなってはいけないんです。

何故なら、態度がデカいのは、動物でいう威嚇みたいなものだからです。

犬や猫を始めとした動物達は、自分のテリトリーに侵入されたり、餌を奪われそうになったりすると、相手に対して威嚇するじゃないですか。

あれって、いきなり噛みつきあったりするとお互いに致命的な怪我を負うリスクがあるので、威嚇し合うことで相手の力量を図っているそうなんです。

人間でいう「ガンを飛ばす」ってやつですね。

もちろん、商談の現場でガンを飛ばすわけにはいきませんので、涼しい顔をして余裕で対応するようにしてください。

「こいつはペコペコする他の営業マンとは違う!」って認識されますよ。

媚びればクレーマを生んでしまう

媚びて契約が取れないかと言えば、実際には取れてしまうことがあります。
でも、「だったらいいじゃん!」と思ってはいけません。

たった1度きりの商談ですが、そこで媚びてしまったら「お客さまとの間に悪い主従関係」が出来てしまうからです。

売れない営業マンが、わけのわからないお客さまに振り回されるのは、商談のときに媚びているのが原因なんですよ。

ですから、媚びて契約を貰いに行くのはやめましょう。

まとめ

最後に質問があります。

あなたは、お客さま相手にペコペコ媚びている姿を、家族や恋人、親友などの大切な人に見せられますか?

私には出来ません。
ですから、今後もお客さまに媚びるつもりはないですね。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. てん より:

    ドキッとしました
    成績は悪いし、気弱な性格も相まってか、指摘されてる対応をしてますね…

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      てんさま
      コメントありがとうございます!

      それなら、今の対応を見直してみてはいかがですか?

      現状のままやっていても、数字はかわりませんよ。

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事