孤独

営業で得られるものに「孤独」があります。

一般的にはマイナスのイメージがある孤独ですが、個人的には営業で得られる素晴らしいもののひとつだと思います。

今回は、その理由について。

スポンサーリンク

成功と孤独はセット

あなたは孤独に強いですか!?

このような質問をする理由は、営業マンとして大成したいのであれば孤独に強くなる必要があるからです。

「何かで成功したい」とか「飛び抜けた実力をつけたい」「すごい実績を残したい」というのであれば、営業に限らず孤独に耐えなければなりません。

別に私は「チームワーク」や「協調性」を否定するつもりはありませんし、成功するための大切な要素のひとつだと思っています。

しかし、組織の中にいる事で安心してしまったり、甘えている人が沢山いるというのも事実です。

 

あなたは、ついついどうでもいい飲み会に誘われてついて行ったりしていませんか?

Facebookやmixi、TwitterなどのSNSを時間を時間を忘れて永遠とやってはいませんか?

何の意味もない「異業種交流会」などに出席しいませんか?

 

人間は社会性の動物ですので、ずっと独りぼっちでは生きていけません。

 

また、誰かの役に立つ、何かに貢献する、誰かから必要とされるということで認知欲求が満たされますので、組織と自分(個人)を完全に切り離すというのは無理だと思います。

しかし、営業の仕事というのは「孤独」がつきものなんですよ。

新人のうちは先輩社員が同行してくれるかもしれませんが、すぐに独り立ちさせられます。

直行・直帰が続いたり、1週間の出張とかであれば、会社の人にも会いません。

営業力をつけるために勉強しよと思ったら、休日に独りで読書する必要があるかもしれません。

営業マネージャーになれば、上司からは要求され、部下からは煙たがられます。

やっとの思いでトップセールスになったと思ったら、「あの人には近寄りがたい」と敬遠され、

そして、フルコミッションやインセンティブの割合が高い営業であれば、自分の給料は自分で確保しなければなりません。(会社が過去最高の業績でも、自分の売り上げがなければ給与無しという事もあり得る)

 

もちろん、ロープレの相手をしてくれたりする仲間はいるかもしれませんが、給与ゼロのあなたにお金を分けてくれる仲間はいないでしょう。(貸してくれる人はいるかもしれませんが)

あげればキリがないですが、営業は「孤独」と向き合うことが多い仕事なのです。

でも、その孤独に強くなるということは、成功する為の大切な要素をひとつGETするということなんですよ!

いい大学に入りたければ、予備校でみんなと机を並べて授業を受けているだけでは受かりませんよね?

独りで集中してガリガリやらなければならないのです!

営業の仕事で孤独を得ることで、あなたか成功者に一歩近づくことができると思ったらどうですか?

以上、営業マン白井でした!

スキルアップ系の他記事もどうぞ
営業ビズには営業スキルアップのコツに関する記事が沢山あります!

ひとつずつでも構いません。

常にスキルアップを図り続ければ、1年後にはライバルに大きな差をつけられますので、他の記事も参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事