人気記事

謝ったら負けって言葉あるじゃないですか。
でも、営業マンの場合は「ちょっと違うかな」って思うんです。

謝ったら勝ちとまではいいませんが、
勝つためには謝っちゃった方が早いって感じですかね。

今日の記事は素直に謝れない方に読んでもらいたい記事です!

スポンサーリンク

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしています!

 

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

相手が悪いとカンカンの部下

激おこな営業マン

以前、こんなことがあったんです。
部下が商談先の企業担当者と喧嘩して戻ってきたんですよ。

「どうした?」と質問すると、鼻息荒くこう言うんです。

「ほんとに、あの担当者ありえないわ!」

話を聞くところ、これまでさんざん同業他社の失礼な営業マン達への怒りの矛先が、たまたま訪問した部下に向いたようなんです。

運が悪いというかなんというか。
確かに部下が腹をたてるのもしょうがないと思いました。

でも、一緒になって怒っても何も生まれません。

私は部下に以下のようなことを教えました。

謝ったら負けではない、勝ちたければ謝っちゃえ

みなさんが私にどんなイメージを持っているか分かりませんが、少なくてもペコペコしているイメージはないですよね(当ブログを読んでいればいるほど)

ただ、私は商談相手が怒っていたら、秒で謝りますよ。
(若い営業マンを意識して、若者言葉をつかってみました・・・)

だって、喧嘩しに行っているわけじゃないですからね。
営業マンは売りにいってるわけです。

ですから、商談の冒頭で謝ろうがなんだろうが、帰るときに契約書を持ってれば勝ちなんですよ。(本来、営業は勝ち負けではないですが、話の展開上「勝ち・負け」という表現をしています)

「大変、申し訳ございません!!!!!」

謝罪なんてプライスレスじゃないですか。
5秒で終わりますし。

それに、怒っている場合は、怒っているなりの理由がありますからね。
その気持を汲んであげましょうよ。

素直に謝ったあとに、相手の話を10分も聞いてれば、相手はスッキリして「で、話はなんだっけ?」ってなりますよ。

但し、絶対に誤るべきではないときもある

「お宅の業界ってテレアポの電話多いよね!今回で10回目だよ!!」

こういう場合は、「それはそれは申し訳ございません!」と謝った方が早いです。

しかし、絶対に謝るべきでないケースもあります。

それは、侮辱されたり蔑まれたときです。

「お前、詐欺まがいの営業してるんだろ?」
ここまでバカにされたときまで、ペコペコする必要はありません。

そういうときは「違います!」と、キッパリ否定しましょう。
ここで同調するのは違います。

そんなことをしていれば、営業の仕事を続ければ続けるほど、自分の仕事に誇りを持てなくなってしまいますからね。

実際、私も何度も侮辱発言をされた経験がありますが、そういうときは真っ向から否定して言い合うこともあるくらいです。

ただ、それでクビになるような会社の場合は、加減を考えないと明日からの仕事がなくなりますので気をつけてください。

まとめ

謝ったら負け精神を捨てましょうという話をしました。

持つべきプライドと捨てるべきプライドがありますので、ちゃんと使い分けるようにしてくださいね!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. ゆとり王 より:

    たかが物売りが何偉そうに主張してんだよ。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      ゆとり王さん
      コメントありがとうございます。

      私は「ただの物売り以上でも以下でもない」と思っており、
      ゆとり王さんの批判に対して反論するつもりは一切ありません。

      ただ、いきなり敵意丸出しの言葉でコメントするのはやめたほうがいいと思います。
      コメントしたゆとり王さんの人間性が疑われてしまうので。

  2. ゆとり王 より:

    物売りには変わりがないだろうが‼︎
    敵意むき出しだけど?
    貴様の書いてることに反吐が出そうなくらいムカつくからね。
    人イラつかせてるのもわかんない?これだから物売りは(笑)

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      約2年3ヶ月ぶりのコメントありがとうございます。
      そんなにイラつくなら数年ぶりにブログを見に来なければいいのではないですか?

      あと、今回は2回目の誹謗中傷なので、ちょっと反論させて頂きます。

      物売り=営業マンのような言い方ですが、世の中のビジネスは全て「売る」ことで成り立っています。

      そんなに物売りにイラつくのであれば、コンビニにもスーパーにも行かずに生活すればいいと思いますよ。

      世の中物売りだらけですから。

      あと、二度とブログに訪問してこないでください。

      ゆとり王さんのストレスになると思いますので。

  3. ハシモッティ より:

    見たくない人はスルーして下さい。
    それがSNSとの正しい付き合い方です。
    顔を見せない、そして匿名で有るが為に
    コメントには本性が現れてしまいます。
    投稿者さんだけで無く、不特定多数の方に
    その人間性が知れ渡ってしまうので
    お互いに気をつけていきたいですね。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      ハシモッティさん
      コメントありがとうございます。

      本当にその通りだと思います。

      特にこのブログは多くの営業マンが読んでいますので、「物売り」をバカにするような発言は、
      私だけでなく多くの営業マンを侮辱することになるということになるんですよね。

      記事を書いた私が侮辱されるのは構いませんが、ブログ読者も含め不特定多数を侮辱するのは
      本当に勘弁してほしいです。

  4. アンチ営業=物売り より:

    じゃあ営業と物売りとどう違うんでちゅか?
    やってることは物買えよっていうスーパーの試食販売の非正規BBAと変わらないでちゅか〜
    ノルマ?スーツ?パソコン?パワポ?

    • 「アンチ営業=物売り」という名前なので「営業のことが大嫌い」なのは分かりますが、この記事の内容と全く関係ないですし、人を馬鹿にするようなコメントはどうかと思います。

      それに、「試食販売の非正規BBA」ってなんですか?

      あなたが試食販売員の方をどう思うかは自由ですが、そういうことは自分の腹の中に収めておくべきことです。

      更に言わせて頂きますが、試食販売の方、レジ打ちの方、世の中にはモノの売り買いに携わっている方は沢山いますので、あなたは大勢の人を馬鹿にしていることになるって気が付いていますか?

      コメントの言葉使いからも、あなたの素晴らしい人間性が滲み出ていますね。

      そんなに物売りが嫌いなら、お店などが全くない無人島にでも行ってひとりぼっちで生きていくことをおすすめします。

      そうすればストレスを感じないと思いますので。

    • 匿名 より:

      お前営業マンに親でも殺されたんか?笑

  5. まる より:

    私は営業マンですが。
    好きな営業マンと苦手な営業マンはいます。
    そして、生きている人間ですので、何かしら物を買うことも多いです。

    営業マンとしての私は。
    例えば、
    「あなたに会えて良かった。」
    とお客様に仰って頂いたりすると、本当に嬉しく思います。
    物を買う私は。
    例えば、
    お花屋さんで素敵なお花を手にしたとき、お花屋さんに笑顔で心から、
    「ありがとうございます。」
    と思います。

    自分の心根が、どんな状況でも問われる時がありますもの。
    ブログとコメントを読ませて頂き、ふと思い、コメントさせて頂きました。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!