人気記事

テレアポで連絡先を聞かれたときは!?

テレアポで「社長は席を外しておりますので折り返しお電話致しましょうか?」と言われたり、連絡先を聞かれることがありますが、こんなときどのように対応していますか?

セオリーの対応方法と、意外な対応方法とその効果についてお教えします!

スポンサーリンク

「折り返します」に対する切り返しトーク例

社長アポを取ろうとしてテレアポをしていても、かなりの確率で不在だと思います。

そして、相手が不在なときや席を外しているときのセオリーは「何時なら連絡が取れるか」を聞き出して、その時間に再度連絡を入れるという対応になります。

しかし、「こちらから折り返しお電話させますので、ご連絡先などお伺いできますでしょうか?」と言われてしまった場合はどう対応するのが正解なのでしょうか?

A.「ありがとうございます。ただ、この後外出いたしますので、こちらから連絡させて頂きます。」

B.「それでは、お願いしてよろしいでしょうか。連絡先の電話番号は•••」

この先を読み進める前に、ちょっと考えてみてください!

どうですか?

正解は、、、

どちらも間違いではありません。
正解です(笑

「なんだよ〜」って思わないでくださいね。

但し、「テレアポで電話してるのだから、連絡先は出来るだけ教えない方がいい」と思っているのであれば違います。

あなたが扱っている商品やサービスは怪しいものではないですよね?

だったら、コソコソ電話するような対応をする必要はないのです。

敢えて連絡先を教える効果とは

さて、私の場合はどう対応しているかについてお話しします。

先ほどお話ししたとおり、セオリーの「先方に予定を聞き出してこちらから連絡する」という対応がほとんどです。

理由は、待っていても折り返しかかってくる保証がないから。

しかし、相手が「連絡先を教えてくれ」と言ってきたのであれば連絡先を教えるようにしています。

理由は、連絡先をちゃんと聞くように言われている相手に連絡先を教えないのは可愛そうですし、怪しい商品を扱っているわけではないので逃げるように電話を切る必要もないからです。

 

実は、以前にこんなことがありました。

約年商50億のエステ系の会社にテレアポしたときのことです。

この会社には何度も電話しているのですが社長が全く捕まりません。

相手の受付も申し訳ないと思ったのか「こちらから連絡させましょうか?」というので、駄目もとで電話番号を教えてみたんです。

そうしたら、何と先方の社長から「何の用?」と折り返し連絡が来たんですよ!

営業だとわかったら怒られるかもしれないということで、恐る恐る要件を伝えると・・・

「それいいね、じゃあ、いつ会えるの?」と、なんと速攻アポになりました(笑

何度も何度も電話しても捕まらなかった社長が、連絡先を教えた途端に折り返し電話してきたこと、更に怒り出すどころかアポになってしまったことに驚きました。

ですから、それ以降は連絡先を聞かれたときは教えるようにしています。

但し、こちらから「お電話頂けますか?」のように連絡先を教えるようなことはしません。

さすがに、それは図々しいですので。

折り返し電話が来たときの効果

折返しの電話がすんなりアポになった理由は分かりますか?

答えは以下のような人間心理が大きく影響しているからなんですよ。

テレアポを受ける立場の人間の気持ちになって考えて欲しいのですが、かかってきた電話に関しては「営業かもしれない」ということで切ろうとする心理が働きます。

ですから、何の用件かを聞く気持ちにはなれません。

しかし、わざわざ自分から電話した(アクションした)ときは、「いったいどういう用件の電話なの?」と確認したくなるのです。

営業マンとしても、大抵はこちらが繋いで欲しかった人が直接折り返してきますので(秘書などの場合もあります)、こちらとしても好都合なわけです。(受付を突破する必要がないですからね)

ですから、相手が連絡先を教えてくれと言って来たときは教えましょう。

但し、先ほども言いましたが、なんでもかんでも教えればいいってものではありません。

そんな他力本願ではアポ数は増えませんし、先方は電話代がかかるわけですから聞かれただけにしておきましょう。

最後に

テレアポのコツとして、テレアポで「折り返します」と連絡先を聞かれたとき対応についてお送りしました。

ちょっとした対応の仕方で大きく結果が変わるテレアポって面白いですよね。

ですから、「これってどうなんだろう?」と頭で考え続けるくらいなら、思い切って何でも試してみることをおすすめします!

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!