法人営業の電話営業のコツのひとつに一所懸命さを出さないといものがあります。

一所懸命にやらないということではありません。
一所懸命さを出さないですから勘違いしないように(笑

そこで、一所懸命にするべきことと一所懸命さを出してはいけないことについて、それぞれ分かりやすく解説してみます!

スポンサーリンク

一所懸命にやるべきこと

テレアポのイメージ

まず、一所懸命にやるべきことをあげてみますね!

  • 質がいいリストを数多く取集する
  • 1件でも多くコールする
  • PDCAを回す

当たり前って言えば当たり前なんですが、営業マンの多くは与えられれたリストをもとに、与えられたテレアポトーク通りに、「今日はアポが取れた!(ラッキー)」「今日はアポが取れなかった(アンラッキー)」を毎日永遠と繰り返しているだけです。

これでは、テレアポが上達するわけがありませんよね。
こういうテレアポはギャンブルと変わりありません。

これから本題の一所懸命さを出さないという話をしますが、一所懸命頑張らなくてもいいというわけではないですからね。

やるべきことは一所懸命にやらなきゃ駄目です。
くれぐれも勘違いをしないでください!

一所懸命さを出してはいけない理由

一昔前までは、ガムテープで手に受話器を括りつけられて「アポが取れるまで電話し続けろ!」みたいなパワハラが営業会社ではまかり通っていました。

幸いにも私は自アポでアポを量産できる営業マンだったので、そういう仕打ちにあったことはほとんどありませんが、アポが取れない営業マン達は災難でしたよ。

トイレを我慢しながらテレアポをしている営業マンを何人みたことか…

限界になっても「ガムテープを外していいですか?」とマネージャーに言えないので、受話器の根元を電話機から外してトイレに駆け込んでいった営業マンを見たことがあります。

さて、昔の営業会社あるあるみたいな話はここまでにして本題に入りますが、法人への電話営業を始めたら一所懸命さを出すのはやめましょう。

例えマネージャーが「お前ら気合がたりないぞ!」とか発破をかけてきたとしても熱くなって電話をしてはいけません。

心の中で「今日は絶対にアポを2本取る!」と燃えるのは構いませんが、それを電話の相手にぶつけたところで意味がないことを認識してください。

熱くなればなるのど「売り込みだ!」と相手にドン引きされます!

根性論や精神論が大好きな単細胞熱血マネージャーを喜ばせられるくらいの効果しかありませんよ。(ただ、結局はアポが取れなければ怒られることになるんですけどね)

当ブログで何度も言っている通り「法人は費用対効果が判断基準」ですので、熱く語るよりも「いかに営業だと思われないようにするか」「1秒でも早く分かりやすくメリットを打ち出せるか」を考える営業マンの方が法人営業への電話営業において結果を出せます。

これが、法人への電話営業において一所懸命さを出してはいけない理由です。

最後に

私が作成した法人営業のテレアポマニュアル「ロジカルテレマ」では、上記のような「法人営業で質のいいアポを量産するためのコツ」を詰め込んであります。

ターゲットの会社の規模や業態、扱っている商品やサービスを問わず結果が出せるノウハウになっていますので、法人営業のテレアポで苦戦している方は覗いてみてください!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. じゅんぴ より:

    白井さん

    お疲れ様です。
    「法人は費用対効果が判断基準」、本当にそう思います。
    最近はデータなどを元にどの職種はどの媒体が反響率が高いかなどをテレアポで説明することが増えてきました。アポはとれなくても「資料を送って」と言われることも多くなってきました。
    訪問が多くなりテレアポの時間が減ってきてしまっているので、テレアポの質を上げないとと思っていた矢先にこのブログを見ました。まるで白井さんが私に今後やっていくことを教えてくれているように感じました。
    テレアポの質を上げられるように今後工夫していきます!

    じゅんぴ

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      じゅんぴさん
      こめんとありがとうございます。
      また、お疲れさまです!

      記事のタイミングがよかったみたいで嬉しいです。

      頂いている質問に対しても回答回答しますね!

コメントをどうぞ

関連キーワード



良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事