私が経営コンサルティング会社の営業マンだったときのリアルを可能な限りそのままお伝えしている「法人営業物語」

ほとんどテレアポをしない新人営業マンのOさんに、あっさりと営業部の責任者の席を奪われてしまった私の心境は「ワクワクが止まらない」でした。

別に格好をつけているわけではありません。
悔しかったことも確かですし。

ただ、モチベーションが下がるどころか、この会社に創業メンバーとして参画して以来、もっとも楽しく仕事をした時期だったんです。

どういうことか説明しますので、ライバルの営業マンの存在が気に入らなくてイライラやストレスを感じている方は、考えながら読んでみてください。

スポンサーリンク

悔しいをワクワクが上回った理由

やる気満々の営業マン

私は会社の創業メンバーのひとりです。
初年度は、毎日終電近くまで働いて「ほぼ無収入」でした。

そんな状態から少しずつ顧客を獲得。

2年目でやっと軌道に乗り、3年目は「更なる飛躍を!」というタイミングで、自分より優秀な人材(しかも新人)に負かされたのですから、悔しくないはずがありません。

でも、その悔しさの何倍もワクワク感が上回っていた自分がいました。

重い責任が少し軽減された

思い返してみれば、1期目は営業マンは私一人でした。

獲得案件が少なかったので、コンサルティング事業部の担当者からは「営業部が案件を取ってこなかったら話にならない!」と痛烈に批判されたこともあります。

また、何とか1期目を乗り切り2期目に入ったときに、以前に同じ会社で働いていたMさんのリクルーティングに成功し、「強い営業マン仲間が増えた!」と喜んでいたのですが、今度は案件数が増えすぎてコンサルティング事業部のマンパワーが足りなくなってしまい、Mさんが自ら志願してコンサルティング事業部へと移動してしまいました。

つまり、私には「自分が案件を獲得しなければ、会社が倒産して全社員を路頭に迷わせてしまう」という重い重いプレッシャーが常にのしかかっていたのです。

ですから、強い営業マン待望論のようなものが、私の中にあったのでしょう。

「今後は、Oさんと私の2人を中心として、コンサルティング事業部のスタッフ全員に安定して案件を供給し続けられる!」と思いました。

強いライバルは自分の成長に繋がる

それと、私は強い営業マンが大好きなんですね。

特に、自分より実力が上、自分にないものを持っている営業マンと毎月数字で戦えるのはワクワク以外の何ものでもありません。

新人のOさんは、目標数字をクリアーするだけでなく、私が目標を超えて数字を出すと、それをちょっとだけ超えるような数字を計算でもしているかのように叩きます。

また、もともと広告業界にいたので、提案書ひとつ作らせてもセンスが素晴らしいんです。

「Oさんの能力は計り知れないな!数字で負けないだけじゃなく、盗めるものは全て盗ませてもらおう!!」って、毎日の仕事の楽しみが増えました。

最後に:ライバル営業マンの存在を見直そう

ライバルの同僚営業マンの言動や、もしかしたら存在自体がむかついてしょうがない営業マンの方もいると思います。

でも、むかつくライバルでも、誰も居ないよりは居た方が断然いいですよ。


私は、今の会社の立ち上げはひとりでした。

「自分以外の他人に煩わされることもない。誰にも邪魔されずにガンガン仕事ができる!」としか思っていませんでしたが、実際にひとりになってみたら分かったことがあります。

それは、相談したり、意見をぶつけ合ったり、ときには本気で喧嘩したりする相手が誰もいないと、モチベーションを維持し続けるのが本当に難しいんです。

喜びを分かち合えば2倍になり、悲しみを分かち合えば1/2になるって言葉があるじゃないですか。人間は社会性の動物ですので、独りぼっちになると耐えられない人がほとんどです。

そう考えると、ライバルの存在も少しはありがたいと思えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. yamayo より:

    お疲れ様です。

    この記事を読ませて頂き、
    白井さんは、
    常に謙虚で貪欲だからこそ色んな経験から
    良いものを吸収して営業スキルを身につけられたのかな?と感じました。

    今までに実績を残したり経験を積むことで、
    自分に自信が出てきて、変なプライドが出来たら拘りが強くなる人が多いと思います(自分もその中の1人でした)。

    私自身、何の取り柄もなく、学力も考える力も
    ありません。
    ただ、1つあるのは目の前の事を愚直に行うことが出来る事でした。
    なのに高校時代から営業に多々触らせて頂き、
    経験をし成果を上げていく中で、
    鼻が伸び一言で言うと調子に乗っていました。

    日々グラフの本数を積み重ねる毎に
    変なプライドができ、なかなか人の意見を
    取り入れなくなり自分の中で
    成長が止まったと感じました。

    自分1人で行う中で身につくこともあるが、
    1人で行うことは頭打ちがあると感じました。
    1人で行うのは良いが、まず自分自身は
    どれだけ能力があるのか?

    まず前提としては、上には上がいる。
    今の現状に満足せずもっと能力をつけたい。
    上にいきたい‼︎と思うから、その上にいる人の
    行動などが気になり良いところを見つけ
    それを吸収していく事で自身の成長に繋がると
    感じます。
    全てマネするのはどうかとは思いますが、
    上手くいっている人の考えや行動を盗むのは
    凄く良い事であって正解なのではないか?と
    思います。
    謙虚で貪欲だからこそ良さを見つけ
    それを力に変えていけるのではないかな?と。
    成長出来るのは上にいる人(研修者)が有能なのではなく、
    それを受ける人がどれだけ能動的に
    吸収していけるか?この謙虚な姿勢が一番
    成長させるのではないか?と。
    思います。

    謙虚さや貪欲な姿勢に関して
    上司と先程までお話をさせて頂き、
    記事を読んでく中で関連しているなと個人的に
    感じたのでアウトプットさせて頂きました。

    長くなりましたが、。
    やはり初心に戻り愚直に目の前の事を
    やっていこうと思います。
    それと、謙虚さの貪欲さはこれからも
    大事にしていきたいです。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      yamayoさん!
      コメント並びにお褒めの言葉まで頂き感謝です。

      ただ、私はそんなに人間が出来ているわけではありません。

      「売れている人間には、必ず売れる理由がある!」と単純に思っているので、例え入社したばかりの新人営業マンの初オーダーだったとしても「何がポイントだった?」「決め手は?」と質問攻めにします(笑

      売れたときは気分がいいので、大抵はヒントの1つや2つくらいはくれますからね!

      そうやって、多くの営業マン達の勝ちパターンを分析・吸収して、自分の営業手法を進化させ続けてきたからこその今があると思っています。

      • yamayo より:

        お疲れ様です。

        謙虚さは大事だなと改めて感じます。
        新人の初オーダーでも盗めるものがある。
        確かにそうですね。
        どんな形のAPOでも良いポイントは
        必ずあるので、それを盗んで
        自分の力に変えていければ、凄く強い営業マンになれると思います。

        • 営業コンサルタント@白井勝 より:

          yamayoさん!
          コメントあるがとうございます。

          あと、私は単純に「営業マンが契約に至るまでのストーリーが好き!」というものあります。

          なんか興奮しちゃうんですよね!
          病気かもしれません(笑

  2. てん より:

    いつも参考になる記事、ありがとうございます
    今の職場に転職して1ヶ月以内に先輩、営業部長が相次いで退職、今現在も営業は私1人という状況が続いていますので、相談や参考にすべき人間がいない状態は非常にストレスですね…プレッシャーやら何やら含めて…
    そうこうしている内にも、既存のお客様からの問合せはきますし、提案の為に商品の勉強をしたり(食品仲卸なので膨大な種があるんです)しているうちに、段々楽しくなって来ました
    今だに商談の場では噛んだり詰まったりと、散々なダメ親父ですが、今は新規のお客様を獲得できないかと動いています
    正直、営業職が1人だとモチベーションを保つのは非常にしんどいですが、拾ってくれた上司の力になれるのは自分しかいないので早いとこ結果を出して、祝杯をあげたいです

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      てんさん!
      コメントありがとうございます。
      また、お久しぶりです。

      まさに孤軍奮闘…
      私もたった一人で営業活動をした経験があるので、てんさんの気持ちが本当によくわかります。

      ただ、考えようによっては、超やりがいがある状況ですよね。
      結果が出れば「まさに自分の成果!」って言えますから。

      今のようなモチベーションを保って頑張り続ければ、遅かれ早かれ結果は出ると思います。

      どうせ結果が出るなら、1日でも早い方がいいでしょうけどね(笑

      頑張ってください!
      応援しています。

      • てん より:

        応援ありがとうございます!
        さっさと新規契約の最初の一件、取りたいです笑

        先程、アポメールの反応があり訪問する事になりました!
        しどろもどろの噛み噛みになる未来は見えてますが、スイッチを入れたつもりで一生懸命、話しを聴いてきます!

        • 営業コンサルタント@白井勝 より:

          てんさん!
          アポ取れたみたいでよかったですね!!

          あんまり噛み噛みだと相手にストレスがかかりますが、ちょっとくらいなら全然問題ないので安心してください。

          あまりに流暢に話し過ぎると人間味が無いのでマイナスに働くことがあるくらいですから。

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事