ありがとう

あなたは、テレアポで断られた時に「ありがとうございました」と言っていますか?

感じ良く対応してくれた人ばかりでは無く全員にです。

なかなか出来ることではありませんが、大切なことですのでお話しします!

スポンサーリンク

テレアポで感謝することを心掛けた結果

 

求人広告を見ると、いつの時代もテレアポは他の仕事より比較的時給が高めに設定されていますよね。

でも、一度でも経験したことがある人であれば「それだけしんどい仕事だから妥当な金額だよ」と言うと思います。

私も学生の頃、家庭教師の派遣会社でテレアポをしていたのでわかりますが、一日中電話し続けるというのは予想以上に疲れます。

それはそうですよね

「けっこうです」

ガチャ!!!!!!

こんな風に話も聞いてもらえず、切られまくるわけですから。

私は気の強い性格だったので、切られまくったりアポが取れないことで悩むというよりは怒りを感じていました。

「話も聞かずにいきなりガチャ切りかよ!良いか悪いか話を聞いてから切ればいいじゃねえか!」

若かったですね(汗
こちらから勝手に電話しておいて、相手の対応が悪いと怒ってるんですから。

「怒り」の感情というのは建設的なものではありません。

テレアポに限ったことではありませんが、怒りの感情はメンタルを疲弊させます。

これに気がつくまでに長いこと時間がかかりましたがある時こう思いました。

こっちから勝手に電話してるんだから、もっと感謝しなくちゃ。
アポになろうがなるまいが「ありがとう」と言おう

そして、実践しました。

「今日はお話を聞いて頂いてありがとうございました」

こんな風に電話を切る時にお礼を言うようにしたのです。

ありがとうという感謝の言葉が起こした変化

すぐに変化は現れました。

まず、自分のメンタルの疲弊度合いが減ったんですよね。

「ありがとうと100回唱えるといいことが起こる」って言うじゃないですか?

あれ本当ですね。
感謝の言葉を口にするとスッキリします。

怒りの感情は次に引きづりますが、感謝の言葉を発するとスッキリして次に引ずることがありません。

ですから、とてもいいメンタルの状況でアポが出来ますので結果的にアポ数が増えました。

また、こんなこともありました。

「今日はお忙しいところ、お話を聞いてくださいましてありがとうございました」

すると、「いえいえ、あなたもお仕事頑張ってくださいね!」と返ってきたんです。

たったこれだけのことですが、こう言われると嬉しいんですよね。

テレアポの仕事というのは、断られ続ける(否定される)回数がが極めて多い仕事ですから、こんなちょっとしたことで元気がもらえるのです。

こんなことを続けているうちに、アポでイライラすることが随分と減りました。

最後に

今日の話は決して難しいテクニックとかではありません。

「ありがとう」と言うことくらい誰にでも出来ますしすぐに実践できます。

嘘だと思って試してみてください。
必ず何かしらのいい変化が現れると思いますから。

以上、営業コンサルタント白井でした。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. より:

    とても良い記事でした。

    • 営業マン 白井 より:

      わざわざコメントを頂きましてありがとうございます!

      これからも、役に立つ記事を発信できるように取り組んでいきますので、今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事