PRESIDENT Onlineに、営業に関する以下の記事がありました。

【参考】売れる営業ほど注目「動機づけ」とは何か | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

数字を追及する結果管理や、アポ数やデモ数などに重きをおくプロセス管理、また、顧客関係性強化などではなく、強い動機こそが一番大切だということらしいです。

この記事は至極当然のことが理路整然と書かれていますが、「面白いな~」と思ったのは、根性論や精神論が嫌われたり排除される傾向が続いてきたのに、結局は「ここ(動機)!?」みたいなところに着地しているという点。

でも、営業マンにとってメンタルが重要なのは確かですので、動機について考えてみましょう!

スポンサーリンク

動機なんて何でもいい

仕事と動機

上記の記事にはこうあります。

もちろん営業以外の他の仕事でも、動機は肝心です。事務仕事はルーティン的なものが多く、日々、仕事量が変動することも少ないはずです。量が変わらないなら、なおのこと質の高いアウトプットを安定的に出し続けることを求められます。それができるのは、動機の強い人です。「毎日同じ仕事の繰り返しだから」と愚痴って嫌々やっている人と、「裏方の仕事だが、みんなの役に立ちたい」と前向きにとらえてやっている人では、後者のほうがいい仕事をするのです。

出典:売れる営業ほど注目「動機づけ」とは何か | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online


「みんなの役に立ちたい」

大いに結構すし、このような動機に突き動かされて仕事を頑張れる人は素晴らしいと思います。ただ、その一方で「少々綺麗ごとかな」とも感じるんですよね。

私は人間の綺麗なところだけではなく、裏側についても正直に言及するタイプなので言いますが、若いビジネスパーソンで「みんなのために!」が仕事をする一番の動機って嘘っぽい(笑

「〇〇のために!」とか言う新人営業マンに限って、1ヶ月も持たずに辞めちゃいますから。

ですから、私は「金稼いで、いい車に乗って、いい家に住んで、美人と結婚したい!」という若者の方が信用できますね。そういうタイプの方が動機が強烈に強いので、ちゃんと教育して育てさえすれば、めちゃくちゃ売れる営業マンになります。

昔に比べて少なくなりましたが…

自分の成長に合わせて本気になれる動機を持つ

だからといって、いつまで経っても「金だ!金だ!金よこせ!」みたいな動機でいいとは言いません。当ブログで過去に何度か書きましたが、お金だけで突っ走れるのは「月収100万円」くらいまでです。目の前のにんじんを追いかけるような動機では、いずれ息切れするときがきます。

ただ、そんなに意識しなくても、動機って人間的成長と共に自然と変わっていくものなんですよ。

つい先日、「売れているのは周りの人間に支えられているから」という感謝について書かれたコメントがありました。そういうタイミングで「これからは、組織に貢献するために頑張ろう!」を動機にするのがベストです。

綺麗ごとを掲げても意味はありません。
本気になれませんから。

ですから、そのときの自分にあった「本気になれる動機」を持つことが重要です。

本気の動機は同期される

さて、ここからは視点を変えて、本気の動機が組織に与える影響についてお話しします。

スマホとPCのデータを同期する。
これだけスマホやPCが普及していますので、1度くらいは経験ありますよね。

そのデータと同じように、ひとりの営業マンの本気の動機が周りの営業マンに同期し、あっという間に組織が変わってしまうということがあるんですね。

ですから、業績がド低迷している営業所に転勤してきた一人の営業マンの影響で、その営業所が全国トップになってしまうというようなことが起きるわけです。

本気の動機には周りの人間をも変えてしまう力があるんです!

ですから、その動機が完全に自分の為だけのものであっても、本気であれば全然OK。
崇高な動機である必要はありません。

最後に

最後に質問があります。
あなたが営業の仕事をしている一番の動機はなんですか?

よければ、コメント欄に書きこんでください。
楽しみに待ってますね!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. HUSKY より:

    一番は弱い自分に勝つことです。
    元々の性根が人見知りで怠け者、そんな自分に負けたくないのでなんとか立ち向かって仕事しています。
    あと、自分と関わったお客さんたちが路頭に迷う姿なんて見たくない、豊かになってほしい。
    そのために自分にできること(商品提案)をする!という気持ちでやってます。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      HUSKYさん!
      コメントありがとうございます。

      元々の性根が人見知りで怠け者、そんな自分に負けたくないのところですが、「お!私と同じじゃん」って思いました(笑

      良い動機ですね。
      そういう動機で頑張り続けているのであれば、営業マンの鏡です!

  2. フクロウ より:

    白井さんこんにちは

    営業の仕事をしている一番の動機ですが、
    私は、営業職になる前は工場に3年勤めておりました。そこでいつも思っていたのは、ただただ単純に『外に出たい』、『もっと稼ぎたい』の二つでした。
    ですので、この二つが当てはまったのが、たまたま営業であったという格好になります。
    営業の え の字も知らないままにこの世界に飛び込み、当初はとにかく楽しかったです。(工場での3年分会話量を営業で1日で同量会話していたのような感覚でした。)

    しばらく経つと営業の厳しさや辛さも味わい思い悩んだ時期もありましたが、今の自分にとって、営業でいる動機としてはやはり『楽しいから』ですね

    当然、楽しい事ばかりではありませんが、それでも楽しもうと思うようにしています。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      フクロウさん!
      コメントありがとうございます。

      「楽しいから!」

      素晴らしい動機ですね。
      楽しんで営業をしているなんて、本当に理想だと思います。

      それにしても、工場勤務って想像以上に会話がないんですね…

      想像はしていましたが、まさかそこまでとは思っていませんでした(汗

  3. 白波瀬 より:

    お金を稼いで自分と家族をまず満たすこと!安全欲求、承認欲求、自己尊重欲求、、欲求の固まりですね!

    月収100万以上の世界を早くみてみたいです!

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      白波瀬さん!
      初コメントありがとうございます。

      きましたね!
      ストレートな欲求からくる動機!!

      私は嫌いではありません(笑

      突っ走れるところまで、とことん突っ走ってくださいね。

  4. はなこ より:

    私が今いる営業部はどちらかというと、今まで多部署から見下されてる傾向にあった部署です。絶対に見返したいという気持ちでやってます!部署全体で目標達成出来た日には、すれ違う人全員にドヤ顔します!

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      はなこさん!
      コメントありがとうございます。

      「絶対に見返してやる!」
      うんうん、私もそういうところがあるので、よく分かります。

      ただ、はなこさんのドヤ顔は怖いんでしょうか?
      見てみたい気もします(笑

  5. mameshiba より:

    「他に向いている仕事がないから」
    ですね…。

    ただそれだけでなく、最近は、お客さんの役に立ちたいという気持ちが結構あります。
    以前は、数字出すだけが営業で、それ以上でもそれ以下でもないと、そう思っていましたが。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      mameshibaさん!
      正直なコメントありがとうございます。

      「お役に立ちたい」という気持ちが出てきたのであればいいと思いますよ。

      私も最初は「稼ぎたい!」が100%でしたから(笑

  6. yamayo より:

    お疲れ様です‼︎

    自分も、仕事の中で一番大事なのは、
    気持ちだと考えています。

    仕事をやっていく中で、
    何か、目標や目的を立てるのは
    当たり前ですが、それを達成させるためには、
    それをなぜ達成した方がいいのか?
    これを考えることで、
    やる理由も明確化して、行動に力が増す気がします。

    自分が、仕事(営業職)を頑張るの理由は、
    とにかく頑張った分をカタチとして残したい‼︎
    ⇨単純に、人より多く稼いで、
    いいとこに住んで、理想の暮らしをしたいからです。

    営業は、数字が全てなので
    頑張った努力ではなく、自分がどれだけ
    数字を上げて利益を出せたか?
    それを成果報酬として、自分に頑張りが返ってくる。
    当たり前のようですが、
    公務員などでは、ありえないように感じます(ボーナスなどはありますが。)。

    なので、不純かもしれないですが、
    まずは、お金を稼ぎたいですかね?
    あとは、セミリタイアをしたいという点です。
    今後は、仕事に追われないように能力をつけ、
    身についた能力をセミナーなどを開き、
    下の人たちにおろしていきたいです。
    今後は、現場ではなく早くマネジメントなどに、
    携わっていきたいですね。

    自分の考え方1つでお金を稼げるようなるのが、
    まずは、1つの目標ですね。

    もう、数字などに追われたくない。
    若く仕事を頑張りあとは、その能力を
    活かしていきたいです。
    その為にも、今を頑張るというのも
    強い動機になっていると思います。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      yamayoさん!
      お疲れさまです。

      お金を稼ぎたいは不順ではありませんよ。
      寧ろ「お金儲けを不純」と考えていると、お金を稼ぐことはできません。

      ですから、今は純粋に「稼ぎたい!」で問題ありません。

      あと、セミリタイヤですが、実現出来たら素晴らしいですね。

      私の場合は、仕事をしていないとダメ人間になってしまうタイプので、歳をとっても何かしらの仕事を毎日すると思いますけど(笑

  7. yamayo より:

    お疲れ様です。
    毎回コメントの返信有難うございます‼︎

    一生仕事に携わっていけるのも
    凄く素晴らしいですね。

    自分は、早くやらなくてはいけない、
    タスクを若いうちに終わらしたいですね。
    今の会社でなかったら
    どれくらい通用するのか?
    これを考えるとすごく怖くて、。
    早く能力、スキルをつけて自分の価値を
    磨いていきたいです‼︎

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      yamayoさん!
      ありがとうございます。

      コメントの返信に関しては100%返信するようにしていますし、それは義務感という感じではありません。

      たった一言であっても、ブログを読んで感じたことを書きこんでくれているわけですから、それに対して私なりの見解を返したいんですよね。

      あと、ひとつヒントを差し上げますが、何社経験しようが、自分のスキルを活かして独立しようが、不安や恐怖とは一生付き合っていかなければなりません。

      ですから、能力やスキルを磨くだけではなく、精神的な成長も心掛けるようにしてみてください!

      • yamayo より:

        ほんとに、毎回の返信のコメント
        有難うございます‼︎

        忙しい中、貴重な時間を使って
        1人1人に対して、コメントをしているのみて
        これは、当たり前じゃないなって感じます。

        たしかに、いくら実績を積んで能力がついても、
        怖いものは怖いですよね。
        それを克服するために経験を積んで
        それをどう乗り越えるか?
        スキルもそうですが、土壇場で勝てる気持ち。
        これは、やはり人間の基盤であって
        一番大事なものだと思います。

        不安や恐怖から逃れるではなく、
        どう乗り越えていくか?
        ここを社会を通じて身につけていきます‼︎

  8. てん より:

    20年飲食店店長として勤務してきましたが、転職して営業職に就きました

    40歳を超えての転職という事で、今迄の経験が全く他業種では認められず、何とか今の会社に拾ってもらった形です

    小さい会社で、気がつけば営業職は私1人(他に社長、事務・経理畑の取締役と私の3名のみ)という状況で暗闇の中で足掻いていますが、今は家族と私を拾ってくれた取締役への恩返しの為ですね

    とは言っても既存のお客様への提案ばかりで、売上的にはほとんど貢献できていませんが…

    何とか新規のお客様を獲得して、売上を上げたいと頑張っていますが、なかなか相談相手も見本となる先輩などもいないので、今やっている事が正しいのかもわかりませんが

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      てんさん!
      コメントありがとうございます。

      同じ40代として、他人事とは思えないません。
      私でよければ、営業に関する質問を遠慮なくしてきてください!

      新しい職場で飛躍できるといいですね!!

      • てん より:

        お返事ありがとうございます

        気がつけば転職して9ヶ月、マニュアル無し、教育担当者無しの状況で過ごしてきてしまいました
        こちらで聞く様なレベルでは無い事ばかりで躊躇われますが、
        行き詰まった時はお力をお借りする事もあると思います
        その際はよろしくお願いいたします

        • 営業コンサルタント@白井勝 より:

          てんさん!
          お礼のコメントありがとうございます。

          当ブログは、多くの若い営業マンが読んでいますので、超基本的なことでも構いません。

          困ったときは遠慮なく声をかけてください!

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事