私が若い頃は「お客さまに好かれよう!」なんて思ってもいませんでした。家出して戻るところがないので「売らなければ終わり」というのもありましたが「売れさえすればなんでもいい」という価値観だったんです。

しかし、ある程度売れるようになり、仕事や生活に余裕が生まれると「お客さまに好かれる営業マンになりたい!」と考えるようになりましたが、現在は「お客さまに好かれよう!」と思わなくなっています。

「売れれば何でもいい」→「お客さまに好かれる営業マンになりたい!」→「お客さまに好かれようとする必要はない」と心境が変化したわけです。

そして、長い営業人生を振り返っておもうのは「お客さまに好かれよう!」は営業マンのエゴだということです。

どういうことか、お話ししますね!

スポンサーリンク

お客さまに好かれたい営業マンは、お客さま思いではない

思い

営業マンが「お客さまに好かれたい」と思う理由ってなんでしょうか?

ひとつは「売るため」に好かれたいという理由があげられます。健全と言えば、健全と言えるかもしれません。

ただ、それは営業マンの仕事は何か?が分かっていればですが…(答えは、この後出てきますので、考えてから読みすすめてください)

もうひとつは「嫌われたくない」「自分を良く見せたい」という承認欲求を満たすため。

テレアポや飛込み営業で「けっこうです!」を貰ったくらいで落ち込んでいる営業マン達に対して、「どんだけ他人から好かれたいと思っているんだよ…」って本気で思います。

売れない営業マンの中には、嫌われるのが嫌だからクロージングをかけられないというタイプがいますが、「じゃあ、ご検討してご回答ください!」なんて保留にすれば好かれるとでも思っているのでしょうか。

そんな営業マンが「たいした奴だ!」と褒めたたえられることもなければ、好かれることもないのに…

本当におめでたいとしか、いいようがありません。

お客さまのメリットになるのであれば、嫌われても構わない

さて、先ほどの営業マンの仕事は何か?の答えをお教えしますが、営業マンの仕事はお客さまにメリットを与えることです。

営業マンの仕事は、それ以上でもそれ以下でもありません。

ここに「お客さまに好かれるかどうか」という要素は必要ありませんし、百歩譲ったとしても「お客さまに好かれること」が営業マンの最優先事項にはなり得ません。

私の過去に経験した実話をご紹介します。

法人に経費削減のコンサルを勧めていたときのことなのですが、導入すれば年間で〇千万の経費削減に繋がる提案をしているのに、全然響かないどころか「ほぼ喧嘩状態」になってしまいました(笑

そのときの様子は、以下の過去記事に書いてあります。

【参考】クロージング後の壮絶なすったもんだ BHS第33回

多分、先方の社長は、私のことは大嫌いだったと思いますが、導入した結果、全教室の経費削減に成功しましたからね。

「めちゃくちゃ気まずかったけど、強引に勧めてよかった」と本気で思いました。

好かれることだけを考えている営業マンには、到底出来ないと思います。

まとめ

「〇〇さんを信用して申し込みますので、よろしくお願いしますね!」なんて言われると、「信頼されたんだな」「好かれたんだな」と思うかもしれません。

でも、それは営業マンの勘違いです。

「よろしくお願いしますね!」」の裏には「ちゃんとお願いしますよ!」という裏意味があることに気が付きましょう。

ですから、商談で100%お客さまに好かれようなんて、営業マンのエゴでしかありません。本当に好かれるのは、商品を購入したり、サービスを導入したお客さまがメリットを享受したときです。

その頃には、勧めてくれた営業マンのことなど忘れてしまうお客さまも多いんですけどね(笑

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. スマイル より:

    こんにちは

    私もそういえば毎日営業BIZ読んでますが、なぜ読んでいるのか自分でわかってきました。仕事前に読んで自分自身に気合いを入れる為だと言うことがわかりました。

    今どこのブログ読んでも〇〇大学卒 某大企業を経て独立。
    みたいな人が多くて、本質は語らず曖昧な表現に終始してお茶を濁してます。
    全く心に響きません。
    営業BIZは言葉は悪いかもしれませんが底辺から這い上がってきた人の生の声が聞けます。
    白井さんも頑張ってかきてください。
    私達ユーザも毎日楽しみながら読みます。

    今日も心のにささる優良記事配信ありがとうございました。
    みなさんも今日も一日がんばりましょう。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      スマイルさん!
      コメントありがとうございます。

      今日のスマイルさんのコメントは、私にとって最高の褒め言葉です。

      もともと、親への反抗から家出して始まった営業人生ですので、スマイルさんの言う通り「底辺の中の底辺」でした。こんな人間でも、営業で成功して年収3000万円超(法人を立ち上げる前の個人営業マンとしての年収)を稼ぐことが出来たので、同じように営業で頑張っている方々にも成功してもらいたくてブログを書き続けています。

      あと、これもスマイルさんの言う通りなのですが、「綺麗ごとを並べるブログにはしない!」をモットーにしていますので、営業のいいところだけでなく、辛いところや厳しいところ、ときには、営業マンの心の闇なども包み隠さず書くようにしています。

      正直言えば、「もっと耳障りの言いポジティブな内容」を書き続ければ、ブログの成長は早いと分かっているのですが、そういうことはしたくありません。

      綺麗ごとは「〇〇ルート出身」などのエリートコンサルタントに任せておけばいいですからね(笑

  2. yamayo より:

    お疲れ様です。

    今までの記事を見させて頂き
    ついつい目が離せなくなり読ませて頂きました。

    『お客様に好かれよう!は営業マンのエゴ』
    どうしたらお客様に好かれるか?
    考えていたので見た時は、なんでだろ?
    と正直不思議に思いました。

    ただ、読ませて頂きほんとにその通りだと
    思いました。

    そもそも、営業マンとはどういうものか?
    私は、日本社会の経済を動かしていく
    円滑にまわしていくのが営業マンではないか?
    と思います。
    新商品をいかにお客様に使って頂いてメリットを
    提示していけるか?

    また、その商品に負けないように他社が
    開発してまた新しい商品が生まれていくことで
    どんどん技術力も上がっていきますし、
    日本経済もまたまわっていくと思います。

    置いておくだけでは買って頂けない商品(どんなに商品スペックがあっても)
    をいかにお客様にメリットを提示して
    商品を流動させていくか?
    お客様にメリットを提示して、
    お客様を満足させてあげれるか?

    好かれたいではなく、ほんとにいい商品を
    どれだけお客様に伝えていけるか?
    逆に嫌われてもお客様にメリットがあれば
    アピールして嫌がられてもおしていく。
    逆に自分が嫌われることを恐れてなにも
    提案できなければ、現状で満足してしまう
    お客様にとって一番失礼で可哀想な事だと
    思います。
    多少嫌われても、使ってメリットがある商品で
    あれば、お客様に営業をかけるのは正しいのではないか?と思います。

    上司が私によく言ってくださった言葉ですが、
    お客様に嫌われたとしてもメリットがあるのであれば、多少強引でもすすめていくのは
    お客様の為だよ?と。
    営業マンのエゴに聞こえるかも
    知れませんが、私はその通りだと思います。

    営業マンとはなにか?
    考えさせられました。

    初心に戻った気分です(笑

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      yamayoさん!
      丁寧なコメントありがとうございます。

      「私は、日本社会の経済を動かしていく円滑にまわしていくのが営業マンではないか?と思います。」の部分ですが、私も以前からそう思っていたので「お!」って嬉しくなりました。

      あと、これは個人的見解ですが売るのはエゴではありません。
      お客さんも営業マンと会うときは、売り込まれると思ってますから(笑

      それと、「好かれようと思わない」のと「実際に嫌われてしまう」のは全く別の問題です。

      非常に大切な部分なので考えてみてください!

      あと、過去記事をさかのぼって読んでくれて感謝です!!

  3. yamayo より:

    お疲れ様です。

    それと、「好かれようと思わない」のと「実際に嫌われてしまう」のは全く別の問題です。

    上記その通りですね。
    簡単そうに見えて深い言葉ですね。
    でも、お客様のためにも
    売ることは正義だと思っていますので、
    お客様にメリットがあれば、
    渋られても営業をかけていきます‼︎
    それがお客様のためだから。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      yamayoさん!

      今はそれでいいですが、最終的には渋られないレベルを目指してくださいね!

      • yamayo より:

        お疲れ様です。

        最後に渋られない。
        それが一番理想ですね。
        もっと伝え方などをより良くしていき
        即決を取っていけるよう、
        精進していきます。

        • 営業コンサルタント@白井勝 より:

          yamayoさん!
          その通りです。

          私も最初のころこそ「粘り勝ち」のような契約を取っていましたが、今は「すんなり契約」ばかりです。

          その方が100倍気持ちがいいですから!

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事