雨の日になると「雨の日+〇〇」や「雨+〇〇」のようなキーワード検索して当ブログに訪問してくる人が必ずいます。

〇〇のには「営業マン」や「成約率」などの営業関連ワードが入ることからも、営業マンの多くが雨の日を気にしているんでしょう。

今日は、このことから分かる営業マンの心理や個人的見解についてお話しします。

スポンサーリンク

雨の日を気にする営業マンの心理

雨

雨の日が好きな人がいないとは言いませんが、どちらかと言えば嫌いな人が多いのではないでしょうか。スーツや靴が濡れてしまいますし、女性であれば髪形が決まらないなど、やっかいなことが多いですからね。

ただでさえそんな感じなのですから、雨の日も外回りをしなければならない営業マンであれば「今日は雨か…」って思うのは当然と言えば当然です。

ですから「雨の日+〇〇」や「雨+〇〇」と検索する営業マンは、雨の日に外回りをするにあたって「雨の日は成約率が高い」などの良い情報を得てモチベーションに変えたいのでしょう。

ね!図星でしょ(笑

隠しても無駄ですよ。
私は20年以上営業マンをしていますから、営業マンの考えていることはお見通しです!

天気に左右されるのは外的要因に弱い証拠

「今日は雨か…」と思うくらいならいいですが、もし、あなたが「雨の日+〇〇」などと検索していい材料を探さなければモチベーションが上がらないタイプの営業マンであれば要注意です。

だって、外的要因に弱すぎでしょ。

「晴れろ、晴れろ~!」って念じれば晴れるのであれば気にしてもいいですが、天気をコントロールすることはできません。

それに、天気に限ったことではありませんが、自分がコントロール出来ないことを気にしたらキリがありませんからね。

「会社が悪い」「商品価格が高すぎる」「景気が悪い」

でも、あなたは売れなていないかもしれませんが、他の営業マンは売ってくるじゃないですか!

晴れようが雨が降ろうが、雪が降ろうが槍が降ろうが、「やるべきことをやる」だけですよ。(槍はふりませんけどね)

「でも、雨の日はチャンス!ってポジティブに考えるのはいいことなんじゃないですか?」と思う営業マンの方もいると思います。

もちろん、雨が原因でモチベーションが下がるよりはいいですが、期待し過ぎるとガッカリしますよ。

前に、ブログで書いたことがありますが、意外と雨の日がチャンスというわけではありませんから。

【参考】雨の日の営業に関する記事

まとめ

言っておきますが、私は…
雨の日が大嫌いです(爆笑

晴れ男なんですよ。

小さい頃の、遠足や運動会・修学旅行をはじめ、大人になってからの海外旅行に至るまで、雨に降られた記憶がありません。

ただ、仕事には「雨の日は嫌だな~」という気持ちを持ち込まないだけです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事