アポイントを取るという言葉を聞くと「どうも勘違いしている営業マンが多いな…」と感じるんですよね。

もしかしたら、アポインターや営業マンのテレアポ嫌いは、このアポイントを取るということに対する勘違いが大きな要因になっているのではないかとすら思います。

そこで、バイトで家庭教師のアポインターや自アポの営業会社でガンガンコールしまくった経験をして、私がテレアポに関して行きついた結論をお話しします。

スポンサーリンク

アポを取るのではない、アポは取れるのだ

アポ取り

いきなり結論になってしまいますが、私のテレアポに対するスタンスはこうです。

アポは取るものではない、取れるものだ

テレアポで悩んでいるアポインターや営業マンって「何でアポが取れないんだろう…」って悩みますよね。

もちろん、私も「今日はアポが取れそうな気がしないな…」と思ったことが無いとは言いません。

だからといって「このまま電話をかけまくっても、アポが取れないだろうな…」と思ったこともありません。

ややこしいですか(笑

要するに「アポを取っているつもりかもしれないけど、たまたまニーズのある相手に当たったからアポになっているだけ」なんですよ。

こんなことを言うと「アポを取るために、いろいろと勉強したり努力しているのがバカらしいじゃん!」と思う方がいるかもしれませんが、その努力が無駄ということもありません。

テレアポのテクニックを磨く理由

では、何故「声の高さ」「話し方」からはじまり「ガチャ切り回避」や「アポクロージング」などのテレアポのテクニックを学んだり磨く必要があるのでしょうか。

それは、明らかにニーズのある相手や、ニーズはあるけど表面化していない相手を少しでも逃さずアポにするためです。

これは本当に重要です!

私は営業マネージャーとして、テレアポで結果が出せない部下の相談に数えきれない程のったことがありますが、「おいおい、そんな相手は俺だってアポに出来ないよ…」と驚かされることが沢山ありました。

絶対にアポにならないレアケースのお客さまからアポが取れないことで悩んでいるわけです。

営業会社では、「絶対に自分から電話を切るな!」のような教育をするところもありますし、「粘りが足りない」「どんな相手だって可能性はゼロではない!」のような根性論がまかり通っていますから無理もない部分もありますが…

でも、ハッキリ言っておきますが、どんな天才アポインターや凄腕営業マンでも100%アポにできない相手は沢山いますし、そういう優秀なアポインターや営業マンは「アポにならないな…」と察したら無駄に粘ったりすることはありません。

だって、自分も相手も嫌な思いをするだけですし時間の無駄ですからね。

それなら、ガンガンコールしていれば、いい相手に必ずあたることを知っているからです。

ですから、アポが取れるべき相手を逃さないようにするべく努力するのが正しい方向性です。

まとめ

営業会社って「絶対にアポにならない人がアポになって、しかも契約になった!」みたいなミラクルというか、たまたま起きたことを武勇伝的に話すのが好きな人が多いですよね。

それはそれで素晴らしいですが、日常的にアポになっているのは「多少なりともニーズがある相手」だということを忘れてはいけません。

ボール球に手を出さず、ストライクの球を確実に打ち返す!

これが出来るだけで、最低でも上位20%の営業マンになれるものですよ。

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。
スポンサーリンク
コメント一覧
  1. スマイル より:

    こんにちは 白井さん 私のコメントにわざわざ返信をしていただいてありがとうございます。 実はこの営業ビズはいろんな仕事に応用が効く要素がふんだんにあるので
    全記事読破と良記事はリピートして何度も読み返そうと思っているのです。
    200万PV突破もうなずけます。私の知り合いのやる気のあるビジネスマンには営業ビズを紹介してるんですよ。それだけ価値があり仕事のやり方を考えさせてくれるブログなんです。今の私には記事に対する感想をコメントすることしかできませんが無料で記事を読ませてもらっている私なりのでお礼に書かせてもらってます。
    今テレアポに入りましたが テレアポも相当為になります。
    今日も優良記事配信ありがとうございます。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      スマイルさん!
      コメントとブログの紹介ありがとうございます。

      全記事読破は大変だと思いますが、そう思って頂けるのは嬉しい限りです。

      あと、過去記事で「決して良記事とは言えないレベル」の記事もありますので、読み飛ばして頂くか、もしくはご指摘ください!

      今、過去記事を少しずつ修正しているのですが、記事数が多いので思ったようにすすんでおりませんm(_ _)m

      今後も「これは良記事だ!」と思ってもらえるレベルの記事を出来る限り書きますので、よろしくお願いします。

  2. スマイル より:

    了解しました(笑)
    これから 先は読んだ記事には自分が記事から影響受けたことなどをコメントさせていただきます。これからもよろしくお願いします。(笑)

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      スマイルさん!
      さっそくのコメント感謝です。

      是非是非、感じたままを遠慮なく書きこんでください!
      楽しみにしています。

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事