営業が楽な仕事とは言わないけど、ごちゃごちゃ余計なことを考えて、自分で難しくしてしまっている営業マンが多すぎると思うんだよね。

「私には営業力が無いんだな…」って落ち込む暇があったら、1件でも多くテレアポ・飛込みするなり行動したら?

営業なんて、やるべきことをしっかりとやっていれば、結果はちゃんとついてくるんだからさ。

今日は、そんな話を新人営業マンや売れない営業マンに対してお送りします!

スポンサーリンク

営業が難しい仕事なら、新人営業マンは全員売れないよね

悩む営業マン

最初から結論になっちゃうけど、もし、営業が難しい仕事なら、新人営業マンは全員売れないはずだよね。

ところが、早い営業マンは初月から結果を出すし、3ヶ月~半年もすれば、ほとんどの営業マンが形になるじゃん。

いろいろと考えすぎて「営業って難しいな…」と思っている人は、この事実をどう説明するの?

「でも、営業ですぐに結果が出せる人は、もともと営業に向いている人でしょ!?」と思った?

それなら「トップ営業マンが外した案件を新人営業マンがサクッと契約してくることがある」のをどう説明するの?

どう考えたって、トップ営業マン方が営業力あるでしょ。

上記のようなことが起きるのは、新人営業マンの初々しさや熱意などに心を打たれて契約してくれる人が存在するからなわけ。

だから、ごちゃごちゃ余計なことを考えて、自分で営業を難しくするのはやめなよ。

悩んでいる暇があったら人と会え

こういう言い方すると、営業の仕事がつまらなくなる感じるかもしれないけど、所詮、営業なんて確率の仕事なんだって。

月に10人にしか会わない営業マンよりも、30人と会う営業マンの方が、30人と会う営業マンよりも、50人と会う営業マンの方が成績はいい。

こんな単純な仕事なのに、「断られ続けるのが辛い」とか「もっと効率のいい方法があるはずだ」のように考えて足を止める営業マンが多すぎ。

特に、営業未経験だったり、その業界が初めての新人営業は、一人でも多くの人と会って経験値を積むのが先。打席に立たなかったら、ヒットもホームランも生まれないっちゅーの。

最近の売れない営業マンは、数が足りな過ぎるという特徴があるので、思い当たる人はごちゃごちゃ考えずに数を増やすことから始めてみるといい。

チャンスはどこにでも転がっていると思え

営業マンたるもの「これって、売るチャンスじゃね?」というアンテナを常に張っている必要があるんだけど、頭が固かったり遠慮してチャンスを逃しちゃっている人が多いよね。

営業マンが売るチャンスは、通常業務の「アポ、飛び込み、商談」などに限られているわけではなく、1年365日いつでもあるわけ。

例えば、移動中の電車や飛行機で隣の席に座っている人に必ず話しかけてる?

もちろん、嫌な顔されたらしつこく話しかけ続ける必要もないし、パンフレットを広げて商談しろとも言わない。だけど、「どちらに行かれるんですか?」から始まって「何のお仕事されているんですか?」くらいの会話であれば、大抵は出来る。

その会話の中で、「この人はお客さまになる可能性がある!」と分かったら、その場は名刺交換だけして後日連絡して勝負すればいいし、その人が直接の顧客になる可能性が無くても、その人の知り合いにお客さまになる可能性がある人がいるのであれば、紹介や業務提携という関係で両者のメリットになる話への発展を狙えばいい。

だから、もっと頭を柔らかくして「これは売るチャンスではないか?」と、常に考えて行動を起こす習慣をつけよう!

もし、「そんなことまでして、売りこみたくない」というのであれば、その営業会社をやめた方がいい。本当に自分の扱っている商品やサービスを気に入っていれば、「あそこのカフェのスイーツ最高だよ!」くらいの感覚で、自分の扱っている商品やサービスを勧めることに抵抗はないはずだから。

私も、訪販時代に公園で子供を遊ばせている主婦3人組に声をかけて、全員から契約をもらったなどの経験がある。最初は「変な人が近づいてきたわ…」って顔されたけど、売れればオールOKでしょ(笑

本当に、チャンスなんて石ころのように転がっているもんだよ。

最後に

今日は、実際に目の前にいる新人営業マンに話しかける雰囲気を出すべく、超口語体で書いてみました。

「です・ます」調、「だ・である」調や、今日のような完全な話言葉のどれが一番読んでいる人に届くのか実験中なのでお許しください。

ただ、当ブログは記事の外注は一切していませんので、語尾の口調が変わっても書いているのは営業コンサルタントの白井ですので、ご安心を~(笑








スポンサーリンク
コメント一覧
  1. mameshiba より:

    昔の感じが一番よかったですかね(笑)

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      おおーーーーーーーー!!!!!
      貴重なご意見ありがとうざいます!

      mameshibaがそう言うなら、昔の感じ!?(です・ます調)に戻そうかな…

  2. アキト より:

    初めまして
    アキトと申します。

    僕は22歳でフルコミッションの販売会社に勤めています。
    現在で入社10ヶ月ほどです。

    現在は10万も月の収入はないですけど、消耗品でリピート客を増やしていく業態なので特に焦りはなく楽しく活動できているのですが
    自分はメリハリを付けて
    仕事に取り組んでいるほうなのですが

    今日のエントリーでは
    仕事とプライベートのメリハリは
    必要ないという捉え方が出来るじゃないですか?

    メリハリをつけないことがトップ営業の資質の一つであるという捉え方でいいのでしょうか?

    もし、そうなら現在の仕事への取り組み方を変える必要があるなと思って質問させて頂きました。

    やるときはやる
    やらないときはやらないではなく
    常にやるとき
    仕事のセンサーを貼っておく

    それが疲れるのではなく
    当たり前であるという境地に
    自分を持っていく必要がある
    という事なのかな?と
    このエントリーを読んで考察してました。

    そこの所をケースバイケースで
    白井さんの考え方を
    教えて頂けると幸いです。

    宜しくお願いします。

    • アキト より:

      もう一度、読み返すと
      たぶん聞くまでもなく

      イエス

      常に仕事モードが正解という事ですよね

      現在の自分のやり方が
      間違っているという事が
      気づけました。

      ありがとうございました。

      仕事が仕事でない。
      仕事が楽しみ、アクティビティの一つになれば、メリハリは必要ないわけですもんね!!

      もちろん楽しいのは楽しいのですが仕事は仕事という意識があったのが今までの自分の甘い所だったのかなと思いました。

      ありがとうございました!!

      • 営業コンサルタント@白井勝 より:

        アキトさん!
        こちらで、2回のコメントに対する回答をさせて頂きます。

        アキトさんは、一度記事を読んでコメントした後に、もう一度記事を読み直して自分なりの結論を出してコメントをくれましたよね。

        「常に仕事モードが正解という事ですよね。現在の自分のやり方が間違っているという事が気づけました。」とありますが、それがアキトさんがこの記事から導いた結論であれば、それが正解です。

        営業というのは「よし!やってみよう!」という前向きな気持ちを保ち続けられるかどうかが重要ですので、そう思ったのであれば、それを信じて頑張ってみてください。

        きっと結果が変わってくるはずです。


        ただ、せっかくコメントを頂いたので、アキトさんの結論に補足させて頂きます。

        アキトさんが言っていた「常に仕事モード」が絶対なのは、営業未経験者、新人営業マン、売れない営業マンなど、目標やノルマを達成出来ていない営業マンです。

        特に、奥さんや子供もいない、親も元気で介護の必要もない独身時代は、ある意味仕事に没頭出来るチャンスの時期ですので、半人前の状態で「プライベートが云々」のように言っている暇があったら一所懸命働くのが正解です。(昨今の世間の風潮からすると、到底受け入れられないと思いますが…)

        一心不乱に取り組む時期がなければ、何の世界だってものになりませんからね。

        ただ、(見極めやタイミングは難しいのですが)ある程度売れるようになったら、敢えてしっかりとプライベートの時間を取ることも重要です。

        営業力=人間力ですが、「仕事以外は何もない」という人に真の人間力はつきません。


        アキトさんは、入社10ヶ月の営業マンですので、今は常に仕事モードで突っ走る時期ですが、いずれタイミングがきたらプライベートも意識する生活にシフトする必要があることを頭の片隅に入れておいてください。

        長くなりましたが、これを持って回答とさせて頂きます。

        • アキト より:

          白井さん

          返信並びに解答ありがとうございます。

          どういうキャリアプランを立てればいいのか道筋が見えてきました。

          ありがとうございます。

          というのは、うちの会社のトップ営業マンと同行させてもらった時に、自由でなおかつ収入はいいという圧倒的快適さを教えてくれたので、一心不乱に仕事というのも違うのかなと思っていたのですが、その人も言ってましたが、新人の時は軒並み訪問していた。
          ビジネスチャンスを感じない所にも飛ばさずに訪問していた。
          とおっしゃっていました。

          都合のいいところだけを取っていて楽していたというのが
          今の僕の現状で収入も伸びていないというのが僕の営業活動の実態でした。

          そのトップ営業マンは
          一日のうちに仕事と遊びの段取りを組み、仕事と言ってもスパンが決まっているので訪問し世間話をして、うまく使えてるかを聞いていれば、注文が貰えるみたいな状態で、そこに憧れてやっているのに
          基盤を築けていない現状で
          その人の真似をするのは
          自分にとってマイナスであると強く認識出来ました。

          あたりまえの話なんですがね...
          よくよく考えてみれば

          でも、認識出来て良かったです。
          認識出来るきっかけを貰えました。
          白井さんには感謝の一言につきます。
          このことに気付かず、仕事をしていたらと思うと心底ゾッとします。

          現状、もちろん妻子もいなく
          親も健康なので
          仕事やりまくる千載一遇の
          チャンスなので
          そのことを強く意識して
          仕事に取り組んで行きたいと思いました。

          ありがとうございます。

          アキト

          • 営業コンサルタント@白井勝 より:

            アキトさん!
            お礼のコメントありがとうございます。

            私は前向きでやる気のある営業マンが大好きですので、遠くから!?かもしれませんが、アキトさんの成功を祈っていますね!

            また、悩んだり壁にぶつかったときは、遠慮なく声をかけてください!

            心から応援しています。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      アキトさん、はじめまして。
      また、2回も丁寧なコメントを頂きまして、ありがとうございます。

      コメントに対する回答は、1度にまとめて答えさせて頂きますね!

      • アキト より:

        白井さん

        ありがとうございます!!
        それなら、僕は
        白井さんの好きなタイプの営業マンと思います。
        ※やる気の波はやはりありますが
        ここも課題です。

        応援ありがとうございます。
        心強いです!!

        ネット上の日本中の営業マンを
        抱える営業マネージャーみたいな感じですよね。
        会った事はないのに
        非常に心強いく思います。

        訪問しまくらなくても
        関係性は築けるのかな?なんて
        このブログのを読んでいて感じます。

        ブログでも高額商品は売れますよね...
        対面でも僕は比較的低価格な商材を扱ってますけど
        白井さんが、数十万で営業コンサルを販売していたら、検討してしまうので、ネットでもそこまでの関係性を築きうるというのも新たな発見です。

        長くなりましたが、ありがとうございました。

        • 営業コンサルタント@白井勝 より:

          アキトさん!

          「ネット上の日本中の営業マンを抱える営業マネージャーみたいな感じですよね」は、嬉しかったです。ブログを読んでいる営業マンの役に少しでもたてればと思って毎日ブログを更新していますので。

          コメントありがとうございました!

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事