世の中にいろいろな営業のコツやノウハウが溢れているが、能力や経験の差などに影響されず、もっとも簡単に売れる営業マンになるには「フットワークを軽くする」のがおすすめだ。

私がここで言う「フットワークが軽い」には物理的に動きが早いという意味のフットワークの軽さと、自分の考えやアイデアを即行動に移せるという2つの意味がある。

それぞれについて、実際の事例をあげて解説しよう!

スポンサーリンク

物理的フットワークの軽さの事例

フットワーク

「営業マンなのにフットワークが悪いな~…」
残念ながら1分1秒を惜しんで働いている営業マンはそんなに多くない。

以前、実際にあった話をご紹介しよう。

その日は、「このままでは商談が無いどころか、アポも1件も取れずに1日が終わってしまうかもしれない…」と焦っていた。

月半ばを過ぎていたが、月間目標達成ペースに遅れをとっており、1日も無駄に出来ない状況なので気が気ではなかったのだ。

夕方4時半過ぎ。

9時~5時感覚で働いている営業マン達は「そろそろ業務終了時間だな…」と諦めモード全開だか、私にそういう価値観はない。

夜も訪問可能な業態の名簿に切り替えて、テレアポを続けていたところ狙い通り8時半のアポをゲット!

他の営業マン達が、何の成果もないまま終礼に臨む準備をしている中、私は商談の準備をマッハで済ませて外出した。

結果だが、その商談は即決になり、アポも商談もなく終わってしまう可能性が高かった日を1契約と成果のある日に変えられたのだ。

しかも、それだけではない。

現地に早めについたので、商談前に見込み客に追っかけアポをしていたのだが、翌日の朝一に極上アポが入って、それも契約になったのだ。

おかげで、月間目標達成ペースに完全に戻すことができた。


私は上記のような経験を何度もしているが、その一番の要因はフットワークの良さだと思っている。

考えを行動に移すフットワークの軽さの事例

日々、営業活動をしていると「こんな風にしたらどうだろう?」というアイデアが浮かぶときがある。そんなときは、即実行することをおすすめする。

「上手くいくだろうか…」と考えすぎてしまったり、「上司におこられるかもしれない」と慎重になってしまう営業マンは本当に多いが、そんなことを考えても無意味なことに気が付いて欲しい。

何故なら、そのアイデアがマーケットに通用するかどうかは、実際にやってみなければ判らないからだ。事実、「これは素晴らしい!」と思えるアイデアが全然駄目だったり、逆に駄目だと思っていたアイデアがヒットすることは珍しくない。

事例として、当ブログの過去記事を紹介しよう。

【参考】DM(ダイレクトメール)を茶封筒で送って開封率を下げた事例

上記の記事には、DMの反響率を上がるために「茶封筒を使う」という実話が載っているのだが、このアイデアを考えたのは、何を隠そうこの私だ(笑

会社のメンバーの心配を押しきって即実行したのだが、送付先の企業からクレームの嵐が来るどころか、普通に反響がきてオーダーが生まれた。

もちろん、会社が明らかに禁止しているようなことをしてはならないし、「これはどうなんだろう?」と自分で判断できないものは上司にお伺いを立てるなどの必要はある。

ただ、そうではなく自分の責任や裁量でできるアイデアは、即実行に移すフットワークの良さを持ってもらいたい。

成功しても失敗に終わっても得るものは大きいはずだ。

まとめ

売れる営業マンになりたければフットワークを軽くせよというテーマでお送りした。

「〇〇さんってフットワーク軽いよね~!」と他人から言われるような営業マンを目指そう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事