営業テクニックのひとつローボール・テクニックは心理学者のチャルディーが科学的に検証した【ロー・ボール技法】を営業に応用したものです。

ローボール・テクニックを知っているのと知らないとでは契約率や即決率が大きく変わってきます。

是非、使いこなして成約率をアップしましょう!

スポンサーリンク

ロー・ボール技法とは

ローボール

心理学者チャルディニーは以下のような実験を行いました。

学生たちに「明日の朝7時に研究室にくるように!」と言っった場合に承諾した学生は31%。

ところが、最初に「実験に参加して欲しい」とだけ頼み承諾を得てから、更に「では、明日の朝7時に来てください」というと56%の学生から承諾を得られたのです。

チャルディニーはこの結果から「人間は自分の決定に対して結論を取ろうとする」ということを証明しました。

この最初にキャッチしやすいボールを投げて相手にキャッチさせ、あとから変化球を投げたとしても相手がキャッチしてくれる可能性を上げるテクニックのことを「ロー・ボール技法」といいます。

このロー・ボール技法を商談における即決率や成約率を上げるために応用したのがローボール・テクニックというわけです。

ロー・ボール技法を使ったテスクロ

当ブログで、テストクロージングのことを取り上げた頃があると思いますが、「契約するかどうか決まってないうちに、打ち合わせの日時設定をする」というのは、まさにこの「ロー・ボール技法」を使ったテクニックなんですね。

【記事一覧】
契約という最終的な大きな承諾をいきなり得ようとするのではなく、打ち合わせの日時のOK(承諾)を得てから、続けて契約という承諾を得るという段階を踏んでいるわけです。

あのテスクロは、心理学的に見ても実証されたテクニックだったのです!

最後に

「良いことばかり言う営業マンより、悪いこともいう営業マンが信用される」と言いますが。これも順番が大切なんですよ。

もうお分かりだと思いますが、「いいこと」→「悪いこと」の順番でなければなりません。

最初に「いいこと」を話して相手が気に入ってから「悪いこと」を話すから受け入れられるのであって、最初から悪いことを話したら、商談相手はネガティブ情報にやられてしまうので、そのあといいことを言っても意味がなくなってしまうからです。

営業というのは対人間の仕事ですので、心理学と密接に関係している仕事とも言えます。

こういう人間心理を解っているのといないのとでは、結果が大きく変わって来ますので気をつけたいところですよね。

他の営業のコツの記事もどうぞ

営業ビズには営業のコツに関する記事が他にも沢山あります。

どれも今日・明日から使えて数字に直結するものばかり!

ひとつでも多くの営業のコツを得て、目標達成・ノルマクリアーにお役立てください。

スポンサーリンク
関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事