友人の営業マンからの電話で「これは、盲点だ!」というリスクを発見したのでブログで早急にシャアします。

対象になるのは会社の営業車を使っている営業マン。

場合によっては冗談では済まない状況に追い込まれる可能性がありますので、今日は「営業車のドライブレコーダーが引き起こすリスク」についてお送りします。

スポンサーリンク

事故を起こした営業マンからの電話

本当に久々に営業マンをやっている友人からLINEでの連絡。

「事故っちゃいました…」

「マジ!?大丈夫か!?」ということで、「大丈夫!?ケガは!?」と速攻でメッセージを返すと「怪我とかは大丈夫なんだけど、ちょっとね…」と歯切れが悪い返信。

もしかしたら、事故を起こした責任を感じて本当のことが言えないのかもしれないので、「俺も事故ったことあるし、困ったことは何でも相談して!」と言うと、「じゃあ、あとで電話していい?」というので「もちろん」と返信してその場でのメッセージのやり取りは終了。

「でも、彼が所属している会社は大手だから任意保険は会社で加入しているだろうし、LINEしてこれるくらいだから最悪のケースは無いよな…」など、いろいろと心配しながら連絡を待ちました。

営業車を使っている営業マンが気が付かないリスク

ドライブレコーダー

その日の夜、彼から電話が来て事故の詳細を聞いたところ、自分も相手も大したケガもなくちゃんと謝罪すれば落ち着きそうだとのこと。

「忙しいだろうけど、運転には気を付けないとな」なんて話をしていたら、「でさ…」と彼の方から話を切り出してきたのですが、その内容が私も今まで一度も考えたことが無かった内容だったんです。

彼は以下のように言いました。

「うちの会社の営業車にはドライブレコーダーが付いてるんだけど、毎日乗っているとドライブレコーダーの存在を忘れちゃうんだよね。それでさ、今回事故ったときの映像や音声を会社がチェックするかもしれないんだけど…」

彼は更に続けます。

「俺さ、運転しているとき眠いのもあって歌っていることが多いんだけど、事故ったときアニソン歌ってたんだよね… それを知られるかもしれないと思ったら死にたいわ~…」

私は彼がアニソンを歌うようなタイプだと思っていなかったので驚いたのと同時に爆笑してしまいました。

「事故が深刻な状況じゃなかっただけラッキーと思うしかないよ」

私はこう笑いながら励ましましたが、そのときに「!」ときたんですよね。

「これって営業車を使う営業マンにとって取り返しがつかないリスクになりうるな!」って

ドライブレコーダーが引き起こすリスク

テレビのニューズなどで「事故の瞬間」のようなドライブレコーダーの映像を観たことがある思いますが、ドライブレコーダーは事故の週十秒前から画像や音声が残るようになっています。

また、ドライブレコーダーの中には24時間映像を撮り続けるものや、法人用のものになるとGPS機能が付いていて現在地や走行履歴を記録しているものもあるんですね。

今回、事故を起こした友人の場合は「アニソンを歌っていた」だけですから「恥ずかしい思い」で済みます。しかし、会社や上司の悪口や愚痴を仲間の営業マンと通話している様子がドライブレコーダーの記録に残っていたらどうでしょうか。

シャレではすみませんよね。

あと、営業車でサボっている営業マンや私用で営業車を使っている営業マンも、既に会社はそのことを把握していて処分を検討しているかもしれませんよ。

こういうのに関しては、100%営業マンが悪いので「ドライブレコーダーのリスク」とは言えませんが。

最後に

営業車を使用してる営業マンに急いで伝えたい盲点のリスクとして「営業車のドライブレコーダー」についてお送りしました。

営業車の中で歌うときは、誰に聞かれてもかっこいい歌にしておいた方が無難ですね(笑

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 携帯 より:

    私の身近なところでも、事故で裁判沙汰になったときにドライブレコーダーを提出した友人がいました。大勢の前で歌っている自分が映像として写ったときは公開処刑かと思ったといってましたね・・・
    似た境遇でしたのでコメントさせて頂きました

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      携帯さん!
      コメントありがとうございます。

      裁判になるような交通事故だけでも大変なのに、法廷で歌っている声が映像付きで流れるなんて、
      お知り合いの方は災難でしたね…

      想像しただけでもゾッとします。

      でも、車の中って密室なので思った以上に歌っている人が多いんですね~。

      ちなみに、私も歌うときがあります(笑
      ドライブレコーダーはついていませんけどね!

  2. 会社員 より:

    私の同僚も、ドラレコ付きの社有車で事故りました。映像確認の時に、直前に私が乗っていて、上司の悪口やら趣味の話しで盛り上がっているのを見たそうです。しかし、映像確認した部署の部長からの御達しで、「事故に関わらない音声や会話は、無かった事にすること。関係無い人や会話内容の被人にも絶対に口外しないこと」と念を押されたそうです。私の場合は、心配して同僚に聞いたら答えてくれました。要は映像や音声を管理する人が、ちゃんと事情を分別出来る人かどうかだと思います。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      会社員さん
      コメントありがとうございます。

      確かにその通りなのですが、現実には…

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事