ゴルフ外交の是非など、さまざな物議を醸した日米首脳会談。

「トランプ大統領が無理難題を押し付けてくるのでは!?」
「安倍首相が日本に不利な内容をどれだけ回避できるか?」

本当にいろいろと物議を醸しましたよね。

さて、私は経済評論家ではないので、「今後、この日米首脳会談がどのような日本にどのような影響を与えるか」についてを話したいわけではありません。

ちょっと視点を変えて「トランプ大統領と安倍首相のどちらが交渉上手か?」という点について、営業マンのみなさんにシェアしたいと思います!

スポンサーリンク

トランプ大統領は交渉上手ではない

交渉

トランプ大統領について「ビジネスマン出身だから交渉上手」のような声をあちらこちらで聞きますが、個人的には決して交渉上手だとは思いません。

これは、トランプ大統領に限った話ではないんですよね。
「日本人より外国人の方が交渉上手」とも言われていますが、私はそれに対して疑問しかありません。

理由は、外国人の交渉は「最初にあり得ないような無理難題をぶつけ、ギリギリの話し合いをした上で最後にちょっと譲歩して狙っていた着地点に落ち着ける」というワンパターンばかりだからです。

例えば、日本人の野球選手がメジャーに挑戦するときに依頼する代理人の交渉もそのパターンですよね。

めちゃくちゃ高額の契約金や年棒、その他の条件などをメジャー球団にぶつけて、期間ギリギリまで粘るので「明日が交渉期限なのに、まだ移籍契約がまとまっていない」みたいなニュースが流れるわけです。

私は「外国人の交渉は強者の論理そのまんまのゴリ押し」であって、交渉とは呼べない性質のものだと思うんですよね。

欧米各国は、いち早く先進国になった国が多く後進国に対して有利な立場だったので、力技でも話し合いがまとまってきた歴史があり、それが強者の論理を交渉に持ち込むようになったのでしょう。

トランプ大統領に話を戻しますが、アメリカ合衆国という力のある国家のトップだから世界中がその発言に一喜一憂していますが、そうでなければ総スカンを食らってもおかしくないですよ。

そう考えると、決して交渉上手とは思えません。

安倍首相はコミュニケーションの達人

次に安倍首相ですが、現段階では交渉上手かどうかは判りません。
今後、トランプ大統領が日本に対して、どのようなスタンスをとるか次第ですからね。

ただ、現時点で言えることは「安倍首相のコミュニケーション能力は天才的」ということです。

以前、ダウンタウンの松本人志さんがMCをしている「ワイドナショー」という番組に安倍首相が出たときに驚いたんですよね。

安倍首相が国会中継や政治番組で真面目に話しているところしか観たことがなかったので、バラエティー番組でユーモアを交えて話すのを観て「へえ~、凄いな!」って感心しちゃったんです。

安倍首相に関しては、「猛獣使い」と言われている反面、「利用されているだけ」とも言われていますが、個人的には「あの気難しいトランプ大統領とあれだけ距離を縮められるのは凄い!」と思います。

でも、あくまでコミュニケーション能力の話であって、交渉上手かどうかの話ではありませんが…

まとめ

最後に「トランプ大統領と安倍首相はどちらが交渉上手か!?」ですが、現時点ではどちらが優れているか判断することが出来ません。

ただ、トランプ大統領は「力技」で交渉ではないので、どんなにアメリカがよくなっても交渉上手とは言えません。一方、今後の外交が良くなれば、安倍首相は交渉上手と言えるのは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事