テレアポの新規開拓で車検獲得をしたい整備工場の方からの質問に対する回答を記事にまとめました!

とても大切なことを書きましたので、参考にどうぞ!

スポンサーリンク

営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回はテレアポの新規開拓に関する質問に対する回答をお送りします!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

今回の質問

車検

車検専門整備工場の事務員のの方から以下のような質問がきました。
まずは、内容をご紹介します。

質問内容
はじめまして。
私はとある田舎町にある車検専門の整備工場の事務員として働いている者です。
入社して2ヶ月目です。
いま私が働いている整備工場は、もともとその町にある普通の整備工場で、つい最近(去年の12月の暮れ)、車の車検台数を増やすためにとある車検チェーン店と提携し、リニューアルオープンしました。

まあまあ大手なので、ネームバリューもあるだろうし、今までよりお客様もたくさんいらっしゃるだろうと踏んでいたのですが、思った以上にお客様が来なくて、お店は常に閑古鳥が鳴いています。

そこで苦肉の策として車検獲得のためにテレアポを命令されたのですが、私の電話の仕方が悪いらしく、どなたも全く相手にしてくれません。

どうすればよろしいでしょうか???
助けてください。

現状 ・チェーン店になったが、新規のお客様が全くと言っていいほどいらっしゃらない。

・広告はWeb展開とチラシ広告をしているが、ド田舎なのでWebを見ていらっしゃったお客様は全くいない。チラシ広告も、貧乏な工場のため、リニューアルオープンの時以来全くしていない。

・電話をするとき、電話帳で近隣の企業の番号を調べかけまくっている。(法人だと社用車を持っていることがあるので、それで車検台数を増やそうという狙い)だが、地元の企業だと、地元の絆が強いため、「うちは親戚のところに車検出してるから。」「うちは常連のお客様のところに車検出してるから…」「ディーラーと契約してるからダメ」などとすぐに断られてしまう。

・看板がなく、すぐ近くに住む人じゃないと整備工場がどこかにあるかわからない。(看板作ればいいけども、予算がないため、社員が手の空いたときにチマチマ作ってます。)

広告費にあてる予算もなく、電話しても断られるばかりで、全くお客様がいらっしゃいません。

ちなみに社長も借金だらけで、私たち社員に渡す給料もほとんど借金したものです。

何としてでもテレアポでお客様を取りたいのです。
よろしくおねがいいたします。

質問に対する回答

会社が本当にやばたんさん!
大変な状況ですね。

営業マンでもアポが取れない人だらけですので、事務員さんがいきなりテレアポを命じられて簡単に取れないのは致し方ないことです。

私としても助けたい気持ちはあるのですが、会社が本当にやばたんさんのメールにのほとんどは「会社の悲惨な現状」
についてで、テレアポに取り組んでどんな点で躓いているのかについてがかかれていません。(電話をしても相手にされないのは車検に限ったことではありません)

もし、踏み込んだアドバイスが欲しいのであれば、以下の点をお教えくださいませんでしょうか。

 

  • 1日に何時間テレアポをしているか
  • 1日のコール数
  • 実際に使っているテレアポのスクリプト

 

最低でも上記の3点くらいの情報がないと、事務員さんがアポが取れるようになるようなアドバイスをするのは不可能です。

また、もう1点大切なことをお話しします。

ニックネームに使っている「会社が本当にやばたん」やメールの本文中の「まあまあ大手なので、ネームバリューもあるだろうし」「苦肉の策として車検獲得のためにテレアポを命令された」「社員が手の空いたときにチマチマ作ってます」など、ところどころに「?」と引っかかる言い回しがあります。

失礼ですが「絶対にアポを取って会社をたて直したい!」という気持ちは何%ですか?

給与が出なくなったらすぐに逃げ出すくらいの気持ちであれば、どんなアドバイスをしたところでアポが取れるようにはなりません。

無料相談ですから質問には100%お答えしていますが「本気」であることが最低限の条件です。

事務員さんなのにテレアポを頑張っているということですので、本気だと信じていますが念のため確認させて頂きました。

情報をお待ちしています。

最後に

今回は車検専門工場の事務員の方からのテレアポに関する質問に対する回答をお送りしました。

 

最後に言いたいことがあります。

みなさんからの相談は大歓迎ですが、出来るだけ具体的な内容を教えてください。

抽象的な質問には抽象的にしかお答えできません。

また、回答をしてもお礼のひとつもない方が非常に多いのが気になります。

別にお礼を目当てにやっているわけではありませんが、「ありがとう!」の一言をメールするのに何分もかかるわけではありません。

テレアポや営業が上手くいかないのは、そういう所に感謝の気持ちが持てないからかもしれませんよ。

ちょっと、最近どうしても気になっていたので本音を言わせて頂きました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事