人気記事

相手の名前を呼ぶと距離が縮まる理由

人間が一生のうちによく聞く言葉のひとつに「自分の名前」があります。
そして、誰もが自分の名前に愛着を持っているものです。

営業マンが商談相手との距離を縮めるヒントにしてみてください!

スポンサーリンク

相手との距離感と名前を呼ぶことの関係

 

営業において、相手との距離を縮めることの重要性は、営業マンであれば誰もが知っている事ですよね。

では、実際にどうやって相手との距離を縮める工夫をしていますか!?

誰でも簡単に明日から実践できる方法として、「相手の名前を呼ぶ」という方法があります。

人間は、生まれた時から親や兄弟、親戚やご近所さん、先生や友達、恋人や配偶者など、ありとあらゆる人から「名前」を呼ばれ続けます。

よっぽど変な名前をつけられたという事でもない限り、自分の名前には愛着がありますし、「おい、お前!」と呼ばれるよりも「○○さん」と名前で呼ばれた方が親近感が湧くものですよね。

仲のいい恋人どうしで、「あなたは何が食べたいですか?」なんて言いません。

下の名前やニックネームで相手の事を呼ぶと思います。

そして、気まずくなったり、仲が悪くなってくると「あなたっていつもそうよね」みたいに急に名前やニックネームで呼ばなくなるものです。

「よそよそしくなったなぁ・・・」って感じたこと・・・ありますよね(笑

これは、人間であれば老若男女を問わず誰もが感じる共通した感情なのです。

営業マンが相手の名前を呼ぶときの注意点

では、これを営業でも使ってみましょう。

例えば、今日の商談相手が「佐藤太郎社長」だったとします。親近感を出そうということであれば、「社長」ではなく「佐藤社長」と呼びかけるようにしてください。

「社長」というのは役職ですので、呼ばれて気分を悪くすることは無いにしても親近感が湧くという事はありません。

ただ、親近感を出そうということで、「太郎社長」と名前で言うのはやめましょう。(冗談です。さすがに名前で呼ぼうとは思いませんよね)

一点注意点がありますす!
名前は絶対に間違えないでください!!

「間違えるわけないじゃん」って思ったあなた!!
あまい!!!

デモ(商談)中は、いろいろな事を考えながら話しますので、ついつい間違えてしまう可能性は誰にでもあります。

その為に名刺があるのですから、さりげなく確認しながら間違えないように気をつけてください。

最後に

商談相手が自分の名前を呼んでくれる事があります。

そういう時は、少なくとも嫌われていない証拠ですので、デモ次第で契約に持って行くことが可能でしょう。(油断は禁物ですが)

以上、簡単に相手との距離を縮める方法でした。

他の営業のコツの記事もどうぞ

営業ビズには営業のコツに関する記事が他にも沢山あります。

どれも今日・明日から使えて数字に直結するものばかり!

ひとつでも多くの営業のコツを得て、目標達成・ノルマクリアーにお役立てください。

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしていますのでフォローをお忘れなく!

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード
スポンサーリンク



この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!