この記事を書いている人

 

営業コンサルタント白井が執筆しています。

 

「どんな人が書いた記事なの?」と思った方は、私の実績を掲載したページに年収の証拠画像がありますので参考にどうぞ

 

ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

売れる営業マンになるために、営業の本を読む、新聞や経済紙を読むなどインプットを頑張っている方は多いのですが、反面「アウトプットが足りないな~」と感じます。

どんなに素晴らしい情報をインプットし続けても、アウトプットしないのであればハードディスクやUSBメモリーと変わりませんからね。

トップ営業マンになるためには、インプットした情報をその場の状況や相手にあわせて瞬時に変換させてアウトプットする能力が必要なんですよ!

そこで、アプトプット力アップの訓練方法や私から提案したいことがあります!

スポンサーリンク

アウトプット力アップの方法

コメント

それでは具体的な方法についてお教えします。

朝礼や終礼を利用する

私が過去に所属していた営業会社で、毎日営業マンのうちの数名が「1分間スピーチ」をするという会社がありました。

「何も話せない」「モゴモゴと何を言っているのか判らない」のは論外ですが、「今日は絶対1本売ってきます!」みたいな宣言を毎回するだけの営業マンが本当に多かったんですよね。そして、そういう営業マンの多くは売れない営業マンなんですよ。

ですから、どうせ発言するのであれば「よくネタ切れにならないな~」「凄い角度から物事を見てるんだな~」って感心してしまうようなスピーチを心掛けましょう!

営業部でディスカッションの機会を作る

営業部によくありがちなお説教タイムやマネージャーの自己満足的な講義に長時間を使うくらいなら、営業部のメンバーを集めてディスカッションをする機会を増やすといいです。

ディスカッションするお題は「営業に関すること」でなくても構いません。オリンピックやワールドカップなどのスポーツでも、ベッキーの不倫問題でも何でもOK。映画やドキュメンタリー番組を観て、それについて感じたことをディスカッションするのもいい方法です。

営業マンは、どんな話題にもついていける必要がありますので非常に勉強になります。

自分が興味の無い分野や対して知らない分野やそれに対して他人がどう考えているのかを知れるだけでなく、それについて発言しなければなりませんからね。

「私は〇〇について興味がありません」や「特に述べることはありません」を禁止し、何かしら発言しなければならないのが唯一のルール。

コーヒーやお菓子などを用意して、出来るだけリラックスした雰囲気にするといいでしょう。

営業ビズ運営者からの提案

当ブログの記事を読んでインプットしたら、それについてコメント欄でアウトプットしてみませんか!

会社だとおっかない上司や先輩営業マンに睨まれてしまうの意見出来ないという方も、利害関係のない私のブログ相手であれば気楽にコメント出来ると思います。

頂いたコメントに対しては、出来る限り私も自分の見解でお答えします(今までは100%返信しています)ので、疑問や批判でも構いませんのでアウトプットの場として遠慮なく使ってみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事