営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回は「アポの質向上に関しまして」という質問に対する回答をお送りします!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

無料メール相談はこちら

スポンサーリンク

営業の素人の方からの今回の質問

営業の素人の方から以下のような質問がきました。
まずは、内容をご紹介します。

初めまして。

私は、18歳から、7年あまり、役者業一本で過ごして来た者ですが、諸事情により営業職に勤めて、2ヶ月目に入ったばかりのズブの素人です。

テレアポから、事務機器営業といった形を現状とっているのですが、役者業をやっていたおかげか、アポの数は、人よりも取れるのですが、契約に至るアポが取れません。

テレアポの際は、テンプレートの文面があり、それを自分なりに工夫してかけており、物件確認等をして、と、あらかた基本に忠実にやっているとは思いますが、ズバリ契約が取れるアポ、が知りたいのです。

抽象的な質問になってしまい申し訳ありません。
何卒ご教授の程よろしくお願い申し上げます。

アポの質向上の質問に対する回答

質

Iさん、初めまして!

この度は当ブログにご質問を頂きありがとうございます。
営業ビズ運営者で営業コンサルタントの白井です。

営業を始めて2ヶ月目で「契約に至るアポが取りたい」と考えるなんてなかなか意識が高いですね!

Iさんのメールにも書いてありますが「抽象的」なので回答内容に限界がありますが、私の経験から成約率の高いアポを取るために気を付けるべき点などをお話しします。

もし、「自分が期待していた回答と違う」とか「もう少し具体的な回答が欲しい」というときは、何度でもお答えしますので遠慮なくメールをください。

では、回答に入ります。

数を増やすか、質を上げるか

Iさんの質問に「契約が取れるアポが知りたい」とありましたが、営業を始めて2ヶ月目のようですので敢えて言っておきたいことがあります。

契約が欲しいのであれば、アポ質をアップさせる方法とアポ数を更に増やす方法の2つがあることを認識してください。

Iさんはアポの数は人よりも取れるみたいですよね。

事務機器営業のテレアポはテレアポの難易度としては簡単な方ではありませんので、その商材でひとよりもアポが取れるというのはIさんはテレアポに強いという強みがあると考えてもいいと思います。

だったらその強みを伸ばして「めちゃくちゃアポを取りまくる」というのもひとつの方法です。

もちろん、自分で営業に行く場合は訪問できる件数に限界がありますし、先輩営業マンなどの他人にアポが振られる場合は軽アポやクソアポばかりだと怒られてしまいますが(笑

営業経験2ヶ月ということを考えれば、今はガンガンアポを取ればいいと思いますよ。

全アポを分析する

さて、ここからは具体的なアポ質を向上させる方法についてお教えします。

「ガンガンアポを取ればいい」と言いましたが、そのアポの結果だけでなく「どうして契約にならなかったのか?」逆に「どこがポイントで契約になったか」を必ず分析してください。

成約になるアポのヒントは「契約になったアポ」にあります!

アポインターや営業マンは「どうしてアポが契約にならないんだろう…」と悩んだり考えたりする一方、契約になったときはホッとしたり「やった~!」と喜んでお終いにしてしまいます。

例えば、ヒットが打てるようになりたいのであれば、ヒットを打っている動画などを見て勉強しますよね。三振するところを見て勉強するのが悪いとは言いませんが、悪いところは治ったとしても「じゃあ、どうしたら打てるか?」に関しての答えを見つけるのは難しいわけです。(それが野球初心者だったら尚更です)

あと、自分が営業に行くのであれば原因追及は簡単ですが、他人がアポに行っているばあいは「すみません、ちょっと教えてください!」って時間をもらって聞くようにしてくださいね。

推測は何の役にも立ちませんよ。

Iさんの質問メールから答えられることは以上です。

最後に、ひとつIさんにお話ししたいことがあります。

私が浄水器の営業会社の営業マンだったときに、トップセールスマンは売れない舞台役者でした。

売れないといっても年の半分くらいは舞台などの仕事があるので、残りの仕事がない半年間だけ営業会社で仕事をしているという人だったんですが、これがめちゃくちゃ売るんですよ。

毎日営業している営業マンの立場がないくらい売ってくるので、私も「片手間で営業やっている奴に負けてたまるか!」ってライバル心むき出しで戦ったものです。

そんな経験があるので、役者の経験は営業に絶対に役立つと思います。

とは言え、今後もいろいろな壁にぶつかると思いますので、そのときは今回のように質問してきてください。

私はやる気のある人の応援は惜しみませんので!

最後に

今回は営業の素人の方からの「アポの質向上に関しまして」という質問に対する回答をお送りしました。

「私も相談したことがある!」「営業の仕事で悩んでます…」
こんな方は、遠慮なく以下のページからご質問くださいね!

無料メール相談はこちら

スポンサーリンク
良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事