この記事を書いている人

 

この記事は、営業コンサルタント白井が執筆しています。

「どんな人が書いてるの?」とか「この記事の信憑性は?」と思った方は、私の営業マン時代の年収などを公開していますので、そちらをご確認ください!

年収の証拠画像はこちら → ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

営業会社って実に露骨な世界です。

オフィスの壁には営業マンの成績が一目瞭然のグラフが貼ってあったり、毎朝1位からビリまでの全営業所の売上順位がFAXで届いたり、営業マンの順位を競うコンテストがあったり…

そんな環境の中、「俺は競争には興味ないんだよね…」と冷めた営業マンがいるのですが、私は違和感を感じます。

「競争が嫌なら営業マン辞めればいいのに…」と思うんですよね。

そこで、競争が嫌い・抵抗を感じる営業マンに言いたいことというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

オリンピックに熱狂するのに競争が嫌いって…

競争
リオオリンピック観てますか?
私はスポーツが大好きなので競技を問わず観ていて寝不足気味です…

ところで、日本人がメダルを取ると「〇〇選手が金メダルを取りました!」みたいにテレビや新聞、週刊誌などのマスコミは大騒ぎしますよね。

選手の地元や出身校では大応援団が中継映像を見ながら熱狂して応援しますし、ツイッターなどのSNSには「感動した!」「素晴らしい!」というようなコメントで溢れかえります。

こんな状況がありながら、一方仕事では「競争は好きではありません…」って何なんですかね。

こんなことを言うとだい大反発を受けるかもしれませんが敢えて言います。

「他人が競争しているのを観るのは大好きだけど、自分が競争するのは嫌だって矛盾してない?」

競争を受け入れない人の心理

1番になって嬉しくない人はいません。
「私は競争は好きではありません」という人も、何かしらで1番になったら受け入れるはずです。

つまり、競争を受け入れない人は「競争前から諦めている」「競争に勝つための努力をしたくない」「競争に負けた時のショックから自分を守るために最初から降りる」という心理が働いているだけで、勝つことが嫌いなわけではないのです。

競争で勝ち抜けば承認欲求が満たされますからね。
でも、勝てなかったときのことやその過程のことを考えて「好きではない」と言っているわけです。

実にくだらないですね。

そうやって、安全地帯で自分を守っているつもりかもしれませんが、気が付いたら取り返しがつかない敗者になり下がっているかもしれませんよ。

競争=他人を蹴落とすという勘違い

営業の仕事はオリンピック競技で言えば「体操」「水泳」「陸上」のようなものであって、レスリングや柔道のような相手と直接対戦して優劣を決めるものではありません。

数字という明確な判断基準のもと公平な評価をされるだけで、そこには他人がどうのこうのという要素はありません。

ですから「競争、競争という人って、他人を蹴落とすみたいで嫌だな…」という論理は成り立たないわけです。

競争から降りるのは簡単ですが…

私が競争を肯定するのは、所詮人間も動物で世の中弱肉強食だからです。

もちろん、人間社会はアフリカのサバンナのような分かりやすい弱肉強食の世界ではありませんが本質的には同じですよ。

ここから逃げたり目を背けてはいけません。
逃げるのは簡単ですが、逃げたら現状を維持することすら出来ません。

何故なら、時代のスピードが速いので、立ち止まることは衰退を意味するからです。

でも、考えてみてください。
人間社会には、自己破産や生活保護をはじめとしたセーフティーネットがあるじゃないですか。

よほどのことがない限り命に関わることはないのですから、競争を恐れる必要はないのです。

まとめ

競争が嫌い・抵抗を感じる営業マンに言いたいことについてお話ししましたがどう思いましたか?

強制はしませんが、競争について今一度考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 通りすがり より:

    競争に興味ない覚めた営業マンがオリンピックに熱狂してるって時点で論理破綻してないだろうか。完全にストローマン論法。

    自分は競争に興味なくて営業から小さな市役所に転職したけど、オリンピックなんか全然興味ないし、ましてや自分でもないどこかの日本人がメダル取ったからって喜ぶとか100%あり得ないわ。

    公務員試験もある種の競争だから、ライバルの挫折を見るのが本当に毎日心苦しかったけど、自分が平穏に生きるための最後の競争だと思って耐えた。
    だからもう死ぬまで競争はやらないつもりだよ。幸いうちは給料・出世が完全年功序列制だから、競争する必要もない。(というかそれを下調べして転職した)

    言い訳とか逃げとかじゃなくて、本当に競争に興味がないあるいは嫌いという人種もいることは知っておいて頂きたい。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      通りすがりさん、コメント見ました!
      私は基本的に否定的なコメントも隠しませんので公開します。

      競争が嫌いな人間がいないとは思っていません。
      また、あなたのように競争が嫌で営業マンを辞めてしまった方を対象に書いた記事でも
      ありません。

      営業マンとして成功したい、結果は出ていないけど営業の仕事を続けていかなければな
      らない方々に対して書いた文章です。

      通りすがりさんは、自分のような人種がいることを知ってもらいたいと言ってはいますが、
      コメントの冒頭で自分と違う考え方の私を否定していますよね。

      論理破城という言葉をそのままお返しします。

  2. kamuri より:

    この日本という国において、競争などしても殆ど全員が敗北で終わる。あなたもサラリーマンの時点で負け続けてるんじゃないかな。
    サラリーマンなんて、殆どは金のために
    本当はやりたくもない労働に宗教的な感覚で意義を見出し、人生の大半の時間を費やしている。そして、大した額の給料ももらえない。実際に、サラリーマンの殆どがマス層だ。
    この資本主義世界においては、資本家こそが真の勝ち組だ。彼らは人生において、
    自分のやりたいことを自由にやる時間を持って生きており、やりたくない労働はやらずに済む。
    君は資本家の利益のために生き、そして資本家の奴隷なのか?

    ちなみに生活保護を受給すれば良いと言っているが、この日本において生活保護の捕捉率はたった10%ちょっとだということも忘れないでくださいね

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      kamuriさん
      コメントありがとうございます。

      ただ、私も思うところがあるので書かせて頂きます。

      ・「競争などしても殆ど全員が敗北で終わる」とありますが、本当にそうでしょうか。kamuriさんやkamuriさんの周りに敗北者が多いだけじゃないですか?完全な決めつけですね。

      ・「あなたもサラリーマンの時点で」とありますが、当ブログを隅々まで読んでから言ってください。私は会社の経営者で、営業の現場に出ているのは営業コンサルタントとして第一線の営業マンとしての感覚を失いたくない、また、営業の仕事を心から愛しているからです。また、株の運用などもしていますよ。

      ・サラリーマンに対してマイナスを並べていますが、それはkamuriさんの価値観ですよね。「本当はやりたくもない労働」とありますが、仕事を楽しんでいたり、やりがいを感じている人も沢山います。私はたとえ安月給でも、やりがいを感じて頑張っている人達を見下すようなことは、人としてどうかと思いますね。

      ・資本家が勝ち組と言いますが、それにも疑問を感じます。例えば「サラリーマンの殆どは金のため」と考えているようですが、私に言わせれば「資本家こそ金のためだ」と思います。全ての資本家がそうとは言いませんが、ほとんどの資本家は完全に金のためのマネーゲームを繰り返しているだけですね。

      ・「君は資本家の利益のために生き、そして資本家の奴隷なのか?」とありますが、見ず知らずの他人を「君」と呼ぶ神経が信じられません。kamuriさんは何様ですか? 。偉そうに言うなら、自分の身分と昨年度の年収が分る確定申告書類でも開示でもしたらどうですか?

      ・「生活保護を受給すれば良いと言っている」とありますが、ブログでは「自己破産や生活保護をはじめとしたセーフティーネットがある」と言っているだけで、別におすすめしているわけでもありません。国語を勉強しなおすことをおすすめします。


      最後に言いたいことがあります。

      じゃあ、あなたは何を成し遂げ、どんな人生を送っているんですか?

      kamuriさんは、自分のことは棚に上げて、「あ~でもない、こ~でもない」と言っていますが、ハッキリ言ってくだらないですね。ただ、私も言われっぱなしで黙っていられる性格ではないので、ストレートに書かせて頂きました。

  3. 匿名 より:

    幼い頃は本当に競走が嫌いでした。
    幸い生まれ持っての能力が高く、かけっこも勉強もクラスで上位に労せずいけました。
    ただ、それ以上に負けて悲しんだり悔しがったりする人間を見るのが辛かったです。逆に勝ちに行く人の気持ちがわからなかったです。
    社会人になって確かに競争はありますが、自分の目に見える人と相対的に比べていると、結局何も得られないことを知りました。
    営業は本当に相手のためになることをしてそれこそ顧客のためのオンリーワンの仕事をして、希少価値を高めたからこそ、対価が発生するプロセスの段取りやさんだと思ってます。
    競走という相対的な価値に重きを置いていると営業として、成長は止まります。
    営業のコンサルとして致命的な考え方の間違いだと思います。

    顧客から会社から世間から、本当に必要とされるにはどうしたらいいかをしっかり考えた方が幸せな営業活動に結びつくと思います。

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます。

      反論のようになってしまいますが、私は綺麗事や耳障りのいいことを並べ立てるコンサルではないので率直に言わせて頂きます。

      一言で言えば綺麗事ですね。

      お遊戯会で「みんな主役にしよう!」と桃太郎が5人もいたり、徒競走で「みんな一緒にゴールしましょうね!」という時代に生きてきたのでしょうか。

      何事にも勝ち負けは存在しますし、ビジネスも例外ではありません。

      私は目の前にいる相手と戦って金メダルを獲得したオリンピック選手を見て感動しますが、匿名さんは感動しないのでしょうか?

      他人の足を引っ張るような競争は良くありませんが、競争によってお互いに切磋琢磨しあうことは素晴らしいことです。

      また、オンリーワンというのは、口でいうほど簡単ではありません。

      私は簡単に「オンリーワンを目指せ」なんて無責任なことは言えません。
      何故なら、オンリーワンは、画期的なアイデアや飛び抜けたセンスなどから生まれるもので、非常に難しいことだからです。

      私も含めた凡人は、競争に勝ち抜いて生き残る必要があるんですよ!


      あと、「幸い生まれ持っての能力が高く、かけっこも勉強もクラスで上位に労せずいけました。」に上から目線を感じました。

      ですから、こういうことを簡単に言う人の意見は「浅いな」としか感じません。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事