この記事を書いている人

 

営業コンサルタント白井が執筆しています。

 

「どんな人が書いた記事なの?」と思った方は、私の実績を掲載したページに年収の証拠画像がありますので参考にどうぞ

 

ブログ運営者「営業コンサルタント白井」の実績

いきなりですが…
超、暑くないですか?

最近の夏は、クソ暑いを通り越して命の危険を感じるレベル。
それに、昨今の日本は6月半ば~11月頭位まで暑い。(東京)

暑い期間が長すぎるわ!

おかげで、大人になってから夏が嫌いになりました…

いかんいかん、つい愚痴ってしまいました。
そこで、反省の意味を込めて暑さ対策グッズを血眼になって探してまとめてみました(笑

スポンサーリンク

外出時の暑さ対策グッズ

b64524086646ce2e500730d226c5c2b7_s
この時期の外回りは過酷ですよね。
さすがに移動中に上着を着ているビジネスマンや営業マンはいませんが、上着を持っている腕が汗ばみますからね。また、基本的に内勤でクールビズの方でも、通勤やランチタイムには外に出ると思いますので油断は禁物です。

探してみたら外出中に役にたちそうな暑さ対策グッズが沢山ありましたので参考にどうぞ!

クールスカーフ

太い血管が通っている首を冷やすことで清涼感が得られるネッククーラーが人気ですが、問題なのはデザイン。
今までは涼しさ優先で見た目がいいとは言い難いものが多かったですからね。

しかし、以下のようなクールスカーフであれば、形もデザインもシンプルなので実用的です。


女性向けの可愛いデザインのものや、おしゃれなものもありますので探してみるといいと思います!

日傘

昔からある女性向け暑さ対策グッズのひとつに日傘があります。

日傘は日焼け対策として認識している方が多いと思いますが、やっぱり直射日光を頭から首などにかけて浴びるのと浴びないのでは感じる暑さが全然違いますよ。

また、最近の日傘は雨の日も使える兼用タイプだったり、遮熱機能やUVカット機能などもついていますので女性ビジネスマンにはおすすめです。

色白の女性が日傘をさしていると「この人は美意識が高いんだろうな~」って男性は感心するものですよ。

保冷水筒

外回りの営業マンやビジネスマンにとって夏場の水分補給は必須ですが、いちいちコンビニや自販機でドリンクを購入していたらお金がいくらあっても足りません。

その点、スーパーで買ったドリンクを保冷水筒に入れて持ち歩けば節約できます。

携帯型扇風機

テレ東のワールドビジネスサテライトのコーナー「トレンドたまご」で取り上げられたことがある携帯型扇風機が人気のようです。

さすがに炎天下の直射日光の下では厳しいと思いますが、日陰や移動中の電車バスなどの冷房が効いている場所で使えばス涼しさが増しそうです。

室内での暑さ対策グッズ

暑さ対策は外だけでOKというわけではありません。
室内で熱中症になる方が本当に多いそうですからね…

そこで、室内で使える暑さ対策グッズも探してみましたので、参考にどうぞ!

冷却マット

寝苦しい夏は睡眠の質が落ちます。
ですから、出来る限り快適な状態で寝ることが厳しい夏を乗り切る大切なポイント。

「ぐっすり眠りたい」という方に冷却マットが人気のようです!

保冷枕

これも夏の安眠グッズです。
冷たいからといってカチカチで固いわけではなく柔らかいようです!

シャツクール

みんな大好きシャツクール!
男性ビジネスマンなら使っている人多いんじゃないかな~。

シャツに吹きかけてから1~2時間は清涼感を得られますので、自宅とオフィスに置いておき外出前にシャツに吹きかけるといいですよ。

熱中対策 シャツクール 冷感ストロング 大容量 つけかえ用(280mL)【熱中対策】

小型扇風機

オフィスのデスクの上に置いておけるサイズの小型扇風機を2つご紹介します。

まずは、風だけでなくミストも一緒に噴出してくれるクールミストファン。
す・涼しそうです!


ただ、デザインが洗剤のボトルみたいですし、女性の方はミストで化粧が落ちてしまうのが気になると思いますので、そういう場合はUSB扇風機がおすすめです。


こっちの方が見た目もカッコいいですね!

最後に

先日も山梨県甲府市で38.8℃を記録したとニュースでやっていましたが、今年は40℃を超える日があるんじゃないかな~…

暑さで倒れたらシャレになりませんから、お互いに気をつけましょうね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事