この記事は、当ブログの無料相談コーナーにきた「テレアポイントは1時間にどれくらいかけますか?」という質問に対する回答になります。

ちょっと厳しい内容ですが、本当のことですので本音全開でアドバイスします!

スポンサーリンク

テレアポはコール数ではなく、アポ獲得数

結論から言います。

テレアポは、アポ獲得数が全て!

一所懸命1000件コールしてアポが取れない営業マンよりも、10コールだけしかしなくても1件アポを取る営業マンの方がずっと偉い!

厳しいと思ったのであれば、考えてもらいたいことがあります。

1000件もコールして1件も取れない営業マンは、アポに時間を取られてしまいますので他のことが全然できませんが、10コールで1件アポが取れる営業マンは、商談などアポ以外のことをする時間をたっぷり確保できます。

また、1コール0.8円位の電話代がかかりますので、1000コールすれば800円の電話代がかかります。

会社としも、少ないコール数でアポを取ってくれるに越したことはないのが本音ですよ。

どういう気持ちでコール数について質問してるの?

このような質問をする営業マンの心境は、大きく分けると2種類です。

ひとつは、「出来るだけコールしたくないな~」というアポネガ星人によるネガティブマインドからくる場合。

こういうタイプの営業マンは「1000件かければ1件とれるよ!」と聞けば「うぇ~、そんなに効率悪いんだ↓」とネガりますし、「10件で1件とれるよ」と聞いたものの10コールして取れなければ「俺って才能ないんだ↓」ってネガります。

個人的には「勝手にしろ!」って言いたくなりますね。

もう一方は、やる気のあるポジティブマインドからくる場合です。

こういう営業マンの場合は「1000件かければ1件とれるよ!」と聞けば「1000件コールするためには、他の業務効率を上げてアポ時間を確保する必要があるな」とか「500件に1件、100件に1件取るためにはどうしたらいいのだろう?」と試行錯誤します。

このように、同じ質問でも営業マンのマインド次第で180度意味合いが違うんですよね。

ちなみに、あなたはどちらのタイプの営業マンですか?

まとめ

最後に、「今日は2件アポを取る!」という目標の日に営業マンが取るべき行動についてお話ししておきます。

まず、午前中にサクッと2本取れてしまった場合、「月間のアポ獲得目標数に対しての現時点でのアポ獲得数」と「今週の行き先確保数」などを勘案し、その時点で必要十分のアポ数が確保できているのであればテレアポをする必要はありません。

しかし、その日の目標である2本を取ったとしても、アポ月間目標に大幅に遅れている場合や、行き先が足りていない場合は3本目を狙ってテレアポを続けます。

では、アポが全く取れない、1件しかとれていない場合はどうするかですが…

これは、説明は要りませんよね。
就業時間終了時刻までガンガン電話です。

理由は、「2本取る!」と決めたにも関わらず取らない経験を何度も繰り返すと、「1日2本のアポは取れないんだ」という潜在意識を生み出してしまうからです。

「テレアポイントは1時間にどれくらいかけますか?」に対する回答は以上です。

他のテレアポのコツに関する記事もどうぞ
当ブログには、この記事以外にもテレアポのコツについて書かれた記事が沢山あります。実際にテレアポした経験に基づいて書かれた記事ですので、どのテレアポのコツも今すぐ使えるものばかり!
この際ですので、テレアポのコツをガンガン学んでみてください。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ




良質な法人アポを簡単に量産する方法あります!

法人営業のアポ取りでこんな悩みはありませんか?

 

  • アポが全然取れない
  • アポ質が悪い(アポキャン・すっぽかし・成約にならない etc)
  • 受付突破できずに切られてしまう
  • 決済者(社長や取締役)アポが取れない
  • マニュアル通りに話しても手応えがない
  • アポが取れる取れないが個人の能力次第になっている

 

新規開拓をテレアポでしている営業マンや営業会社の多くが上記のような悩みを抱えています。

 

しかし、良質なも法人アポを簡単に量産し続けることは、決して難しくはありません。

 

私(当ブログ運営者)は、法人営業マン時代に自アポで新規開拓をしていましたが、テレアポをすればアポが取れるのは当たり前、受付突破で悩んだこともなければ、社長や取締役などの決済者アポだけを狙って取っていたので、その成約率は70%を超えていました。

更に、私のテレアポ手法を使った部下も法人アポをガンガンGETしていたんです!

 

つまり、再現性の高い手法を使ってアポ取りをすれば、個人の営業力やコミュニケーション能力などは関係なく法人アポを量産することが可能なんです。

 

「アポが取れるまで受話器を置くな!」
「相手に切られるまで粘り続けろ!」

 

このような非効率極まりない昭和時代のテレアポは、電話を受けた相手に迷惑をかけるだけでなく、電話をしている営業マンを疲弊させるのでろくなことがありません。

 

結果が出ないテレアポで時間と労力の無駄遣いをするのは、もうやめにしませんか?

 

私や私の部下が法人から極上アポを取りまくった手法を包み隠さず盛り込んだマニュアル「ロジカルテレマ(ロジカルなテレマーケティングという意味)」をnoteで販売しています。

 

私がロジカルテレマの手法を使って自アポで稼いだ証拠画像も開示していますので、アポで困っている方はnoteを覗いてみてください!

Facebookでフォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローする

おすすめの記事