人気記事

訪問販売など個人対象の営業をしていると、「お金がない」という断り文句が必ず出てきます。
でも、営業マンはこの言葉を絶対に真に受けてはいけません。

何故なら、お客さまにとって「お金がない」という断り文句は、営業マンに諦めてもらうのに最も有効だから使われていることが多いからです。

しかし、「お金ないって言っている人に対して商談を続けられない…」と思う営業マンもいると思いますので、この件について一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

Twitterもよろしくお願いします!

当ブログ「営業ビズ」運営者の白井です。

Twitterでもテレアポや営業のコツ・営業マンの心得などの情報発信をしています!

 

新着記事のお知らせも届きますよ♪

営業ビズ QRコード

「お金がない」のではなく「必要がない」

お金がないイメージ

結論から言いますが、お客さまが「お金がない」というときの本音は「(お金を出して買う)必要がない」です。

具体的な例を出して考えてみましょう。

例えば、「そろそろ車も古くなってきたし、新しい車が欲しいな~」と旦那さんに言われたときに「そんなお金どこにあるのよ!」と怒る奥さんがいたとします。(ありがちでしょ)

しかし、そんな奥さんでも「子供の命が危ない!救うためには高額の治療費がかかる最新の医療を受ける必要がある」という状況であれば、どんな手段を使ってもお金を用意するわけです。

この例えからも判るように、「お金がない」を真に受けていたらきりがありません。

「お金がない」は、「あなたの説明ではお金を払う価値を感じ無かったので必要ありません」とお客さまに言われたのだと自覚しましょう。

「お金がない」に対する対応

ここからは「お金がない」と商談で実際に言われたときの対応について考えてみましょう。

まず大前提として、「お金がない」に対して真っ向から否定してはいけません。

何故なら、本当は支払えるお客さんだったとしても、「お金がない」を全面否定されてしまうと引っ込めるわけにはいかなくなってしまうからです。

では、どうすればいいかですが、以下を参考に自分なりにアレンジしてトークを作ってみましょう!

トークバックする

何度も言いますが「お金がない=必要がない」ですので、こう言うお客さまは必要性をあまり感じていないわけです。
ですから、トークバックをしてニーズを入れなおすなどの対応が有効になります。

そして、こういうケースの場合、商品やサービスを購入したときのメリットよりも、手に入れなかったときのデメリットに焦点をあてるようにしてください。

何故なら、人間はメリットを手に入れるよりも、デメリットを回避するための方が行動を起こしやすい性質があるからです。

お客さまの視点を変える

個人のお客さまの多くは、目の前のことしか見ていません。

例えば、今〇〇円が出ていってしまうことに抵抗を感じるお客さまって多いんですね。
ですから、営業マンはお客さまの視点を変えてあげる必要があります。

半年、1年、5年など、商品やサービスによって違いますが、長期的に考えれば得をすることを解りやすく教えてあげましょう。

また、まとまった〇〇円が出ていくことに抵抗があるお客さまもいますので、「1日にしたらコーヒー1杯分ですよ!」など、大きなお金が出て行ってしまうことに対する抵抗を和らげるようにしてみてください。

但し、このやり方は昔からセールスマンが多用していますので、お客さまによっては響かないことがあることも頭に入れておきましょう。

どうしたら支払えるか一緒に考える

ある程度ニーズが入っているにも関わらず「お金がない」というお客さまは「支払いが心配」なのですから、有効な方法は「支払っていける方法を一緒に考えてあげること」になります。

「えっ!?余計なお世話じゃないですか?」と思うかもしれませんし、事実余計なお世話だと思います。

しかし、目の前の営業マンが心の底からお客さまのメリットを考えてくれているのが伝わると、「ここまで相談にのってくれるなんて!」と感謝されるものです。

本日のまとめ

断り文句「お金がない」に対する考え方と対策についてお送りしました。

ただ、役に立たない商品やサービスを売りつけるために使うのはやめてくださいね!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 広美 より:

    実は私、「お金がない。」と言われたことありません。
    言われたとするならば、「払えるかな…。」と、真剣に考えられたことは御座います。
    そう言う方は、払うための努力とアドバイスを求めてくるので、結局、払えます。
    よく、営業マンで、訪問から帰ってきて、
    「お金がなくてダメですねー。」
    と、聞こえて来ます。
    「私に価値がなくてダメですねー。」
    って、聞こえます。
    直接私に言ってこようものなら、
    「私だったら、欲しくないものには1円も払わないね。」
    と、笑顔で言って差し上げ、終了。
    周りをよく見ればわかりますよね?
    コンビニ行っても、
    「そんなの必要?」
    ってもの、欲しいと思ったら人は買う。
    「◯万円を貯める節約術!」
    と言う雑誌を、1000円もかけて買う。
    「これを飲めば痩せます!」
    それに頼るあなたは、結局痩せないんですよ。
    でも、買うんです(笑)
    購買意欲を掻き立てられるのでしょうね。
    営業マンは、売ることがお仕事ですので。
    「お金がない」と言われたら、「あなたに価値はない」と、変換すべきかと思います。
    すみません…。
    もしかしたら、多少、毒吐いてますか…?
    (因みに誤解のないよう。
    本当にお金がない方も、必ずおります。
    しかし、稀です。)

    • 広美さん
      コメントありがとうございます!

      全くの同感!
      100%同じ考えです(笑

      私が訪販時代に、お母さんと生徒と私の3人で商談したことがあるのですが、子供の目の前で「お金が無い!」をお母さんが連発するんですよ。

      だから言ってやりました。

      「お母さん、本気でお子さんのことを考えているお母さんは、仕事を掛け持ちしてでもお子さんの教育のためならお金を用意します。『お金が無い』ではなく、『お金を作る気がない』と聞こえるのですが?」

      めっちゃキレてました(笑

      ただ、本気になればお金を作る方法なんて、いくらでもありますからね。

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったらフォローしよう!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
営業ビズのnote 人気ランキング
No.1 ロジカルテレマーケティング

ロジカルテレマーケティング(テレアポマニュア)

圧倒的人気で売れまくっている「法人営業向けのテレアポマニュアルのロジカルテレマーケティング」です!「数だけでなく質の良いアポが取れるになった!」「同期営業マンで社長アポ数でトップになれた!」などの声多数!!

No2 悪魔の訪販テクニックマニュアル

【悪用厳禁】悪魔の訪販テクニックマニュアル-教材全国トップの営業マンが暴露-|営業ビズのノート|note

BtoCの個人営業(訪問販売)で効率良く結果を出すためのテクニックやトークのマニュアルです。15年間売り続けた営業マンの手法を伝授!

No.3 ロジカルセールス【ターゲット選定編】

ロジカルセールス【ターゲット選定編】新規開拓のゼロから売上を10倍にするためのターゲット選定まで!!|営業ビズのノート|note

法人営業はターゲット選定で数字が大きく変わってしまいます!そこで、新規顧客を効率よく獲得していくためのターゲット選定方法をまとめました!