売れない営業マン

このページは売れない営業マンの方に読んでもらいたい内容の記事を集めたタグページです。

8:2の法則ではありませんが、営業の世界も2割の売れる営業マンと8割の売れない営業マンに分かれます。(実際は売れる営業マンは1割以下かもしれません)

しかし、売れる営業マンと売れない営業マンには「ほんのチョットの差」しかありません。

営業の世界は売れなければ地獄です。
ですから、短期間で営業マンを辞めてしまう方も珍しくありません。

もし、あなたが営業マンとして苦戦しているのであれば、ここに集められた記事を片っ端から読んでみてください。きっとヒントや答えが見つかると思います。

辞めるのはそれらを試してからでも遅くありませんよ。

「目配り・気配り・心配り」は論じるにも値しない社会人として、いや人としての常識でしょ。

営業 心理学
セルフサービスの水

「目配り・気配り・心配り」は大人になったら出来るできないのレベルの問題ではありませんし、論じるにも値しない常識です。 こんなことを書こうと思ったのは、ご存知かもしれませんがTwitterの以下のツイートが賛否両論になって・・・

即決を迫らないのがホスピタリティだと勘違いする売れない営業マンに言いたいこと

営業 心理学
営業マンとホスピタリティ

いきなりですが、ホスピタリティという言葉を聞いたことがありますか? 「ホスピタリティ」とは、「思いやり」「心からのおもてなし」という意味です。 サービス業のみならず、最近では医療現場などでも頻繁にその言葉が使われるように・・・

打たれ弱い営業マンへのアドバイス

営業のコツ
あいさつ

営業の仕事で大事なものの一つにメンタルがあります。 営業マンのメンタル維持のためには「打たれ強さ」が必須ですよ。 ただ、毎日お客さまから断わりのシャワーを浴び続け、社内ではおっかない上司にドヤされれば、誰だってメンタルが・・・

足繁く通う営業マンの大いなる勘違い

営業戦略
足繁く通う営業マン

足繁く通え! 接触回数が増えれば増えるほど、営業マンに対する親近感をお客様は抱く。 未だに、こんなことが契約に繋がると思っている営業マンは少なくありません。 ただ、私が過去に見てきたトップ営業マンで、何度も足繁く通うよう・・・