就職

大学の文学部卒の学生の8割が営業部に配属になるという現実があります。
しかし、自分から進んで営業を希望する学生はいません。

理由は、営業に対するイメージが最悪だからです。

「きつい」「厳しい」「人にものを売りつけたくない」「数字を追いかけ続けるプレッシャーに耐えられない」「コミュ障なので務まる自信がない」など、営業を経験したことがない学生にとっては心配が多いのも頷けます。

そこで、自分自身が営業会社を何社も経験したり、逆に入社希望者を面接した経験のある当ブログの運営者が、営業職に就く当たり知っておくべき情報が書かれた記事を集めてみました。

面接に落ちても全く気にする必要がない理由

営業職
面接

就活をしている学生や転職活動をしている社会人の方で「面接が苦手」「面接が怖い」という人って多いですよね。 「落とされた=自分を否定された」とも取れるので、その気持ちもよくわかります。 ただ、私は「面接程当てにならないもの・・・

スポンサーリンク


フルコミの外交員は気楽な商売で最高ですよ

営業職
気楽なイメージ

フルコミの外交員と聞くと「完全歩合なんてリスクが高すぎる…」のようなリスクを考える人ばかりですが、個人的には「超気楽な商売じゃん、最高!」って思います。 もうね、外交員で食えるようになったら、サラリーマンには戻りたくなく・・・

スポンサーリンク
誰でも良質なアポを数多く取り続ける極意と
は!?

面接で落ちないために必要な営業力

時事ネタ
面接

仕事で就活生と話す機会があるのだが、面接が苦手な学生が本当に多い。 実際、以下の記事のように企業側が面接でとんでもない質問をぶつけてくることも珍しくないようで、面接を受ける側の学生が困惑する気持ちも理解できる。 【参考】・・・

営業が厳しいと思っているあなたへ

モチベーション
営業で悩む男性ビジネスマン

営業には目標という名のノルマがあり、思ったように数字が伸びないと肉体的にも精神的にも疲弊します。最悪の場合は鬱になってしまいますからね… 私も過去に何人もメンタルがやられていく営業マンを見たことがあります。 ですから、「・・・

訪販会社へ入社 【訪問販売物語4】

訪問販売物語
訪問販売

私はフリーターを卒業して社会人になる為に、深く考えずに営業の仕事を選びました。 そして、その会社は飛込み営業で歩合給のバリバリ訪問販売の会社だったんです。 今考えると、社会の事を何も知らないのがよかったのかもしれません…