ワークライフバランスを望んでいる社員と在宅勤務を認める企業

ご紹介する記事に三井物産が入社4年目以降の国内勤務の正社員を対象に、在宅勤務を認めるって書いてありました。

時代ですかね~。

確かに在宅勤務には、通勤時間などの無駄な時間が無くなることや、自宅にいることで家事や育児も両立しやすいというメリットもありますが、実際にやってみるとモチベーションを保つのが意外と大変なんですけどね。


スポンサードリンク




大手企業が在宅勤務を続々と導入している!?

在宅勤務
今日の内容は以下の記事を参考にしています。

【参考】30代会社員の半数「在宅勤務」希望 | ガジェット通信

今後もこの流れは続きそうですね。

ビジネスマンが在宅勤務するデメリット

上記記事内にランキング形式で載っている「在宅勤務を希望する理由や希望しない理由」については、どれも納得できるものばかり。

ただ、盲点と言うかランキングに載っていないデメリットがあります。
それは、毎日自宅にこもって仕事をし続けるのは、予想以上に精神的に辛いということ。

モチベーションが上がる上がらない程度の問題ではなく、メンタルが完全にやられる可能性すらあると感じます。定年退職まで何十年間も在宅勤務が続くことを考えてみてください。

人間は社会性の動物ですからね。
他人との関わりが少ないと病んじゃいますよ。

在宅勤務を導入する企業のメリット

一方、在宅勤務を導入する企業には多くのメリットがあります。

例えば、社員が通勤する必要がなければ、通勤交通費を支給しなくても良くなります。そもそも出社してこないのですから、オフィスも最低限のスペースがあればOKですので、毎月かかるテナント賃料も圧縮できますよね。

もちろん、社員の管理や機密情報の管理が難しいなどの問題もありますが、ワークライフバランスを問う世の中の流れの後押しがありますからね。

大企業だけではなく、中小企業や今後現れるベンチャー企業でも、在宅勤務形態は増えるでしょう。

本日のまとめ

ただ、ちょっと不思議に思うことがあります。

例えば協力して家事や子育てをする家庭ならワークライフバランスも判りますが、離婚を考えているような夫婦にとって在宅勤務ってどうなんでしょう。

「亭主元気で留守がいい」という言葉もありますしね。
在宅勤務が増えたら、世の中の主婦のストレス指数が上がったなんてことにはならないのでしょうか。

あと、なんだかんだ言って職場結婚って多いと思うのですが、在宅勤務になったら職場での出会いが無くなるわけで。更なる晩婚化・未婚化の原因になったりはしないのでしょうか。

やっぱり、物事には言い面と悪い面の両面があるものですね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ