社長との人間関係は、商談の締めくくりで決まる

握手画像

営業マンの仕事はまさに一期一会。
それでも、人間関係を作る方法についてお教えします。


スポンサードリンク




法人営業をやっていると、個人事業主のオーナーをはじめ、社長と商談する機会があると思います。

もちろん契約まで漕ぎ着けた場合は、ある程度営業マンのあなたに対して心を開いていることは間違いないですが、ここはもう一歩踏み込んで人間関係を作っておきたいところ。

何故なら、あとで社内の人間から多少の反対意見が出たとしても、あなたが信用され気に入られていれば、キャンセルになる確率は低くなります。



また、今後紹介をもらえるかどうかも「人間関係」が作れるかどうかで決まります。

一番大事なのは、キャンセルや紹介の為ではなく、せっかくのご縁を大切にしたいですからね。



そこで、是非実践してもらいたいのが、「社長の生い立ちや苦労話を聞く」ということです。



トップというのは責任が重く孤独なものです。

また、会社を立ち上げてから今日に至るまで本当に様々な困難や逆境を乗り越えてきています。

自分から苦労話や自慢話はし辛いので、あまり話す機会がないのですが、尋ねられると思わず話したくなるものです。



自分のプライベートを話すということは、話した相手に心を開くことだということは理解できますよね。



実は、私はこの社長の話を聞くのが楽しみでしょうがありませんでした。

昔からいずれば独立したいと思っていましたので、会社から給料をもらっっている上に、勉強までさせて頂いている事に恵まれている仕事だと思っていたのです。

本当に壮絶な経験をされている方も多く、話を聞いていて涙したことは一度や二度ではありません。



一時は、社長から聞いた話を本にまとめようと本気で思ったものです。



このように、社長との人間関係を作れる上に勉強させて頂けるので、思い切って踏み込んでみてください。



「社長にひとつお聞きしたいことがあるのですが、独立しようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?」

「この厳しいご時世の中、KOKOMADE会社を成長させ続けてきた成功の秘訣って何だったのでしょうか?」



きっと、今よりも法人営業が楽しくなりますよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ