意味のある努力と意味のない努力

「努力は人を裏切らない」
素敵な言葉ですが、本当にそうでしょうか。

努力したら必ず成功できるのであれば、こんなに楽なことはありませんよね。
日々の努力で心身ともにグッタリというビジネスマンも沢山いると思います。

そこで、意味のある努力と意味のない努力について考えてみましょう!


スポンサードリンク




美徳の為の努力ほどバカバカしいものはない

努力して勉強
努力すること自体が美しい!
こういう価値観ってありますよね。

別に努力が美しくないとは言いませんが、「努力すること自体を良しとする」のは違います。
努力の為の努力に耐えられる人って「どんだけドMなんだろう」って本気で思っちゃいますね。

私には耐えられません。

目的のない努力をするのは人生の浪費

ゴール(目的)のない努力をするのは、限られた人生の貴重な時間を浪費するだけなのでやめましょう。

例えば、「グローバル社会だし、周りでも英会話を勉強している人が多いから自分もやらなくちゃ…」
こんな感じで勉強したって、モチベーションが上がらない本当につまらない努力になります。

何故、ここまで言い切れるのかといえば、私自身が虚しい経験をしたことがあるからなんですね。

簡単にお話しすると、不動産系の営業会社に所属しているときに、社長がいきなりこんなことを言い出しました。
「みんなで宅建を受けよう!」

社長には社員が不努力に見えたのでしょうか。

それから社員全員で宅建の勉強がスタートしたのですが、これが本当に苦痛でしょうがありませんでした。

その当時から、独立・企業を考えていたのですが、そのプランの中に不動産がなかったので、無駄としか思えなかったんですよね。

ただ、自分はどちらかというと真面目で負けず嫌いですから、結構真面目に勉強しました。
その当時、お付き合いしていた彼女がいましたが土日は勉強で家に篭りっきり状態。

しかし、結果的には宅建の試験に1点か2点足りずに落ちました。

後になって考えてみたのですが、本気になれないのであればやる必要は無かったと猛烈に後悔しました。

本日のまとめ


では、努力する価値のあるものとは、どんものなのでしょうか。

  • ワクワクするもの
  • 明確な目標を達成する過程にあるもの
  • 時間を忘れるほど楽しめるもの
上記のようなものであれば、努力を努力と感じずに楽しむことが出来ます。

努力するなら、する価値のある努力に絞りましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ