【書評】ビジネスモデル超入門!

独立・起業、新規事業を考えている方だけでなく、法人営業マンが様々なビジネスの仕組みを知るのにピッタリな本、「ビジネスモデル超入門」をご紹介します。

AppleやAmazon、Facebookなどの今をときめく企業から、コカ・コーラのような昔からある企業のビジネスモデルがわかりやすく解説されているので超オススメです!


スポンサードリンク




著者・出版社など



著者は平野敦士カール氏(ビジネス・ブレイクスルー大学教授、株式会社ネットストラテジー代表取締役社長)

2016年2月20日に株式会社ディスカバー・トゥエンティーワンから出版されています。

内容

30社19種類のビジネスモデルを会話形式、図解を用いてわかりやすく解説されていますので、小難しいビジネス書ではありません。

本書で取り上げれれている企業は以下の通り。(一部)

  • グルーポン
  • イトスレッドアップ
  • ザッポス
  • セールスフォース
  • ネスプレッソ
  • アップル
  • アマゾン
  • スウォッチ
  • コストコ
  • ディズニー
  • IBM
  • アスクル
  • マブチモーター
  • セブンイレブン
  • リーバイス
  • ユニリーバ
  • QBハウス
  • インテル
  • スターバックス
  • ドン・キホーテ
  • コカ・コーラ
  • ZARA

また、実際にビジネスモデルを立ち上げるためのフレームワークについても最終章にまとめられています。

感想

私は法人営業マンをやっている頃からビジネスモデル系の本は大好きで複数読みましたが、その中でももっとのわかりやすく簡潔にまとまっている本だと感じました。

最近の流行りかもしれませんが、会話形式で書かれていますのでテンポよく読み進められます。
また、要所要所で使われている図や表が頭を整理してくれます。

特に、マッチングビジネスやシェアビジネスなど、新しいネットビジネス系について取り上げられているのもいいですね。

これからの時代はネットと無縁のビジネスは難しいので、非常に参考になる内容だと感じました。

総合評価

独立・企業でビジネスモデルを探している方の参考になるのはもちろん、法人営業マンがクライアントのビジネスモデルを知るためにも読んもらいたいですね。

こういう本は、仕事感覚で真面目に読むより、カフェなどに行ってコーヒーを飲みながらあれこれ考えながらじっくりと読みすすめるといいと思います!

平野敦士カール ディスカヴァー・トゥエンティワン 2016-02-20
売り上げランキング : 26012
by ヨメレバ


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ