人間性を知りたい相手とは泊りがけで出かけるといいですよ

「この人の本当の人間性を知りたいな…」
こう思ったときに一番手っ取り早い方法は、その人と泊りがけの旅行に行くことです。

職場だけだと取り繕うことが出来ても、1日中本性を出さないことは極めて難しいですからね。

私が経験した驚くべき具体例を出して、この件についてお話ししますね。


スポンサードリンク




旅行に行くと本来の人間性が出てしまう理由

旅行先のホテル
旅行に行くとその人の本性が出てしまいます。

理由は、食べる、寝るなどの本能的な部分は、家庭環境や躾の影響をはじめ、その人の価値観や本質が出やすいからです。

普段の仕事の時は程度の違いはありますが、みんなスイッチが入っていますからね。

スーツにネクタイしてビシッと決めれば、9時から5時までの就業時間はビジネスマンとしての人格を何とか保てます。(保てない人もいますが…)

ですから、通常業務を離れた時ほど、本来の人間性が出るというわけです。

社員旅行で垣間見た信じられない人間性

さて、ここからは私が過去に見た驚くべき旅行先での人間性についてお話しします。

遅刻の常習犯

仕事ではミスターパーフェクトといっても過言ではないAさんは、社員旅行のときには遅刻の常習犯に変身してしまいます。

1度や2度ならまだしも、5度も6度も繰り返されると「この人のどうなっているんだ?」って人間性を疑いたくもなります。

食事のマナーその他

食事はその人の育ちなどが如実に出ます。

  • クチャクチャと不快な音をたてて食べる
  • 好き嫌いが尋常じゃないくらい多い
  • 食べ方が汚い(食べた後のお皿など)
  • 箸の持ち方が酷い、犬食いをする
食事は本能的な部分そのものですからね。
絶対に隠しきれません。

特に、社員旅行などの通常業務を離れたときなどは油断しているのか、上記のような人を見たことは1度や2度ではありません。

ホテルの備品を持ちかえる(盗難)

過去に1番衝撃的だったのは、ホテルの備品を根こそぎトランクに詰めて持って帰ってきた人をみたときです。

備品といっても、シャンプーとかではないですよ。
ホテルのバスタオルやガウンを持って帰ってるんです。

「これ見てくださいよ!持ってきちゃいました」って笑っているのをみて、「ありえないわ〜」って呆れるというか、ちょっと怖かったですね。

本日のまとめ

社員旅行などの会社の行事は、出来れば参加したくないという方が多いらしいですね。

でも、もし職場に「この人の本来の人間性を知りたい」と」思う人がいるのであれば、敢えて社員旅行で同部屋を希望するのもいいですよ。

寝食を共にすることで判るのは悪いところばかりではありません。
普段は近寄りがたい上司の優しい一面など、いいところを発見して見直すきっかけになったりしますから。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ