営業マンや営業会社がブログを持つべき本当の理由

営業マンや営業会社は絶対に集客ブログを持つべきです!

理由としては、将来的に特商法の改正により、テレアポや訪問販売が禁止される可能性があり、プッシュ型の営業手法だけしか持っていない営業マンや営業会社はやっていけなくなるというリスクがあること。

また、BtoBの営業会社が扱っている商材は検索キーワードががら空きなことが多く、ブログで十分に集客できる可能性が高いからです。

しかし、上記の他に「ブログで集客する本当のメリット」があるんです。

今日は、その件について。


スポンサードリンク




SNSとブログの違い

ブログ
まず、フェイスブックやツイッターなどのSNSとブログの違いを簡単に抑えておきましょう。

SNSはフロー型のメディアであり、SNS上で繋がっている人同士の交流が基本です。

投稿した情報はあっという間に流れていってしまうので、たまたま見た人以外の目に触れる可能性は低いと言わざるを得ません。

「じゃあ、何度も繰り返し情報を流せばいいのでは!?」と考える方もいると思いますが、売り込み系の投稿はSNSとの相性が悪く、繰り返すとフォロワーに嫌われてしまいます。

ですから、SNS上では有名人やリアルな知り合いなど、もともとの信頼がなければスパムアカウントと認識されてしまうわけです。


では、ブログはどうかと言うとストック型の目でメディアです。

SNSと違って1記事1記事がグーグルやヤフーの検索対象になりますので、内容の濃い記事は何年にも渡って人を呼んできます。

検索エンジンのユーザーはニーズが高い

営業マンであれば「ニーズがあるお客さんだけにアプローチできたらいいのにな~」って思ったことが1度はあると思います。そして、そのニーズのある人を集めることが出来るのがブログです。

ここで再度SNSとブログの例をあげて説明しますね。

例えば、保険の営業マンがSNSで保険の新商品の情報を流したとします。
しかし、そのSNS上に保険に興味を持っている人は何人いるでしょうか。

ですから、SNSは基本的にフォロワーの数(分母)が多い方がいいんですね。
でも、これではテレアポや飛込み営業と変わりありません。


その一方、ブログの場合は検索エンジンが入り口です。

検索エンジンのユーザーは、何かしらの意図をもってキーワードを打ち込んで検索します。
例えば、保険に興味のある人であれば「生命保険 安い」「医療保険 持病」「保険 見直し」など。

もう解りますよね。

興味があるか無いかわからない不特定多数の人に情報を流すよりも、興味のある人が集まってくるブログの方が営業マンや営業会社にとっては効率がいいわけです。

本日のまとめ

今後は集客ブログの始め方や作り方系の記事を増やそうと思います。

当ブログも100万PVを超えていますのでノウハウが蓄積されてきましたし、実際にブログからの集客で売り上げがたってきたからです。

今後のブログ系の記事は必見ですよ!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ