靴画像

アフリカに靴を売る話ってご存知ですか?
知っている人こそ読んで欲しいそんな内容です。

靴を販売する営業マン2人が現地調査をしにアフリカへ行きました。



現地を見て驚いたのは、アフリカ人には靴を履く習慣がありませんでした。
「裸足」で生活しています。



それを見たひとりの営業マンは、こう報告しました。
「アフリカ人は靴を履いていないので市場はありません・・・」

しかし、もう一人の営業マンは違う報告をしました。
「アフリカ人は誰も靴を履いていないので、市場は無限大です!!」



有名な話ですので、もしかしたら知っていたかもしれません。
しかし、今日お話ししたいのはこの先の話です。



市場って大切ですよね。

しかし、今のご時世手付かずの市場なんてほとんどありません。

必要なものはほとんど揃っていますので、よっぽど新しい革新的なサービスや商品でもない限り、似たようなサービスは既に存在しているものです。



しかし、ガラ空きの市場でなければ物は売れないのでしょうか?
答えはNO

靴を履いていようがいまいが靴は売れるのです。



履いていなければ、靴のニーズを売り込めばいいし、履いているのであれば、履き替えの需要やデザインのいいもの、より履き心地のいいものを人は求めますし、靴の修理の需要もあるでしょう。



トップセールマンはこのようにどんな状況でも売る事を考えるものです。



あなたの思考回路はどうですか?
トップセールスマンと売れない営業マンの違いって、実はちょっとした考え方、ものの捉え方の違いだけだったりするんですよね。