敬称の使い方【ビジネスマンの常識】

敬称の使い方はビジネスマンがおさえておきたい常識のひとつです。

しかし、何年もビジネスマンをやっているにも関わらず間違った敬称の使い方をしている方は多いもの。

そこで、敬称の使い方について基本から応用・実践編までまとめてみました。


スポンサードリンク




敬称とは

まずは以下の引用をみてください。

敬称(けいしょう)とは、話者が相手や第三者に対して敬意、尊敬の念を込めて用いられる名前(人名)や肩書きの後ろに付ける接尾語、またはその語自体で相手や第三者を表現する代名詞である。後者の場合は、職名などで、一つの名詞としての機能を持っていて、独立して用いられる。

出典:敬称 – Wikipedia


判りづらいので簡単に言い直すと、「名前(人名)や肩書きの後ろに付ける接尾語」は「さん」や「様」などのこと、「その語自体で相手や第三者を表現する代名詞」は「社長」「部長」や「課長」などのことを差します。

そして、敬称は相手と自分の立場やシチュエーションによって使い分けなくてはなりません。

敬称の使い分け事例

では、ここからは実際のビジネスシーンで敬称をどのように使い分ければいいかを解説します。

上司に対して

役職のある上司に対しては「名前+役職」、例えば「渡辺部長」と呼びます。但し、社外の人に対しては「部長の渡辺」のように、「役職+名前」と順番が入れ替わります。

新入社員に多いのが「渡辺部長ですね。少々お待ちください」という対応。
これ間違いですので気を付けましょう。

あと、役職がない上司に対しては「〇〇さん」と「さん」をつけて呼びましょう。

部下に対して

部下に対しても敬称は必要です。「佐藤!」と呼びすてにしたり「佐藤ちゃ~ん!」と馴れ馴れしく読んだり、ニックネームやあだ名で呼ぶのは避けましょう。

「部下に対して敬意!?」と感じる方もいるかもしれませんが、「偉そうに」とか「馴れ馴れしいんだよ」と思われたり、特定の人だけをニックネームで呼ぶと「贔屓(ひいき)」していると思われたりする可能性があります。

同僚に対して

同僚に対しては「さん」をつけるのが基本です。一緒に働いている仲間に対して最低限の敬意を表すことができますからね。

もちろん、社外の人に対しては「さん」は必要ありません。
「〇〇(同僚の名前)ですね。少々お待ちくださいませ!」が正解です。

社外の人に対して

社外の人に対しては、役職者に対しては「名前+役職」、役職の無い方に対しては「様」を使います。

間違いで多いケースが「佐藤社長様」と必要のない「様」をつけてしまったり、「部長の鈴木様」と呼んでしまうことです。

この間違いは本当に多いので気をつけるようにしてください。

敬称の応用・実践編

さて、ここからはビジネスの現場で実際にある敬称に関するお話しをします。

弊社と当社

以前、私がとある会社の営業マンと商談したときに、その営業マンが自分の会社のことを「当社」と呼んでいたんです。

私は法人営業マンとして「弊社」という表現しか使ったことがなかったので調べてみたところ、身内(グループ会社同士)の場合は「当社」と呼びますが、他の組織に対して自分の会社を説明するときには、へりくだった表現の「弊社」の方が適切のようです。

御社と貴社

「御社」も「貴社」も相手の会社に敬意を表す言葉ですが、この使い分けについては判りますか?
正解は「御社」は口語体、「貴社」は文語体として使います。

ですから、営業マンが商談で相手の会社を呼ぶような場合は「御社」、FAXやメールなどの文面で相手の会社を呼ぶときは「貴社」が正解です。

敬称の例外

基本的に敬称を正しく使うのはビジネスマンの常識です。
しかし、時と場合によっては例外も考えなければなりません。

例えば、私の知り合いの社長の会社では、社員から社長までお互いを呼ぶときは「さん付け」がルールにしています。こういう会社で自分だけが「〇〇社長」と呼ぶ必要はありません。(もちろん社外に対しては敬称を使います)

また、当ブログでも書いたことがありますが、相手がお医者さんの場合は「院長」ではなく「院長先生」と呼んだ方が無難です。

「院長先生」は、一般的には「院長」と「先生」の2つの敬称が重なった間違いです。

しかし、研修医時代から仲間同士や患者さんから「先生」と呼ばれ続けているお医者さんは「先生」と呼ばれて当然という意識がありますので、つけないと「失礼だな」「感じ悪いな」と思われてしまいます。

また、お医者さんに手紙を書くときは「様」ではなく「御机下」という敬称を使うと「お!医療業界のことを判っているな」と思ってもらえるかもしれませんよ。

本日のまとめ

なんだか面倒くさいですか?(笑
でも、ビジネスマンとして必要な知識ですからしょうがありません。

そんなに種類もありませんし難しくありませんので、さっさと覚えちゃいましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ