ビジネス敬語【超基本編】

ビジネスの世界では、社内外問わず敬語を使う機会が多くなります。
しかし、完璧に敬語を使いこなしているビジネスマンは多くありません。

学生時代に勉強したと思いますが、尊敬語、謙譲語、丁寧語、美化語は使い分けていますか?
また、それぞれの違いについて簡潔に説明できますか?

「私は完璧です!」って自信を持って言い切れない方も多いと思いますので、敬語の超基本について一緒に見直しましょう!


スポンサードリンク




尊敬語

相手の動作や存在の主体を高めることで、その人に話し手(書き手)が敬意を表すのが尊敬語です。

動作の尊敬語の例として「話す」という動詞を取り上げてみますね。

話すの尊敬語表現としては、「話される」「お話しになる」「おっしゃる」の3つがあり、敬度の高さで言えば、「おっしゃる」が一番上で、「お話しになる」→「話される」の順です。


また、ビジネスで使う尊敬語は話すときだけではありません。
文書を書く際にも、普段は使わない表現が沢山出てきます。

例えば、口語体では「御社」という敬語は、文語体では「貴社」にしなければなりません。


ね、自信が無くなってきたでしょ(笑

ただ、最初から完璧に出来る人はいません。
敬語について勉強する、一度目にした敬語はその都度覚えてしまうようにしましょう。


謙譲語

自分(身内)の動作や状態を相対的に下位にあるものとして示す(へりくだる)ことで相手に敬意を表すのが謙譲語です。

尊敬語との大きな違いは、尊敬語の対象になる動作や主体が相手であるのに対し、謙譲語は自分や身内になることです。

謙譲語の例として「聞く」という動詞を取り上げてみますね。

話すの謙譲語表現としては、「お伺いする」「お伺いいたします」「お伺いさせていただきます」の3つがあり、敬度の高さで言えば、「お伺いさせていただきます」が一番上で、「お伺いいたします」→「お伺いする」の順です。

※ 「~させていただく」という表現が正しいか否かについては諸説あります。


また、謙譲語は自分以外の身内(会社であれば上司や同僚など)にも使うのが特徴です。

例)×「その件について社長の〇〇はお聞きになっております」
  〇「その件について社長の〇〇はお伺いしております」

但し、会社外の人間に対して社長の動作をいうときは謙譲語を使いますが、自分と社長だけの会話のときに社長の動作をへりくだるのは間違いです。

例)×「社長!例の件お伺いしていますよね?」
  〇「社長!例の件お聞きになっていらっしゃいますよね?」

間違えたら逆鱗に触れますので、お気を付けて(笑

丁寧語

「です」「ます」などの語尾を丁寧な言い回しにするのが丁寧語です。

これは難しく有りませんね。

あと、ビジネスの現場では「~でございます」という表現を良く使いますので覚えておきましょう。

美化語

誰かへの敬意ではなく、表現の上品さや美しさを上げるために使われるのが美化語です。

難しいことはひとつもありません。
単語の前に「お」や「ご」を付けると美化語になります。

例)お体、お顔、お天気、お菓子、お名前、ご気分、ご希望、ご挨拶、ご連絡、ご理解

但し、何でも「お」や「ご」を付ければいいというものではありません。

例えば、「このおコーヒーは美味しいですね!」といったら、常識を疑われるか、そっち系の方と勘違いされてしまうでしょう。

また、「お」と「ご」のつけ間違いにも注意しましょう。

例)〇「ご記入」×「お記入」、〇「お体」×「ご体」

また、「便所」を「お手洗い」というように、表現を変える丁寧語もありますので、おさえておきましょう。

本日のまとめ

あと、敬語や謙譲語は相手や相手との関係に合わせて、若干の調整が必要です。

ただ、そもそも敬語を正しく認識していないと調整のしようがありませんので、自分の敬語がビジネスマンとして相応しいものどうか確認してみてください!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ