外交員の確定申告はマネーフォワードを使えば簡単・正確です!

外交員報酬をもらっている保険外交員をはじめ、フルコミッションの営業マンの方は確定申告の時期が近づいて来ていますが準備は出来ていますでしょうか。

そんな方に是非知っておいてもらいたいサービスがあります。
それはマネーフォワード!

取引データの自動取得から経費の仕分け、確定申告書Bの自動作成やe-Taxにも対応していますので、自分のPCやタブレットで確定申告を簡単・正確に終わらせることが出来ちゃうんです。

便利な時代になったものですね~。

今日は、そのマネーフォワードがどのくらい便利なのかについて解説します。


スポンサードリンク




マネーフォワードのメリット

マネーフォワードというと「家計簿のサービスでしょ!?」と思う方もいるかもしれませんが、実は個人事業主向けにクラウド型確定申告のサービスも運営しています。

そして、そのサービスがなかなかの優れものなんです!
外交員の方は、マネーフォワードを使えば確定申告だけでなく、日々の会計処理もほぼ自動化することができますよ!

マネーフォワードのクラウド確定申告を見る


確定申告書書類の自動作成

書き方見本を見れば、ほとんどの方は申告書を完成させることが出来るので、毎年手書きで書いている方も多いと思います。ただ、税務知識のない個人が出来る限界は白色申告までであって、青色申告は難しくて出来ません。(やったとしても膨大な時間を取られます)

また、「判らないことがあるから税務署に行って質問しながら作成しよう!」と税務署に行っても、確定申告時期はめちゃめちゃ混みますので、下手すると1日がかりになってしまいます。

その点、クラウド会計のマネーフォワードを使えば、確定申告書作成を簡単に済ませることが出来ます。

記帳の手間がほどんど無くなる

マネーフォワードのクラウド確定申告を使うと記帳の手間がほとんどなくなります。

例えば、取引データの自動取得機能はヤバいですよ!

何がヤバいのかと言えば、ネットバンキングやクレジットカードの情報を自動で読みこんでくれますので、毎日記帳しなくても毎月取引記録を自動取得します。

そして、仕分けの自動学習機能によって、登録した仕訳パターンが記録されますので、2回目以降の仕訳に関しては、正確な勘定科目を自動提案してくれるようになります。(使えば使うほど賢くなっていくなんて凄いですよね)

「WEBツールを購入したけど、消耗品費なのかな?それとも通信費なのかな?」

こんなふうに悩むことが無くなるのです!

税制改正に合わせたバーションアップが無料

相続税や配偶者控除などが変更になるなど、税制というのは頻繁に改正されます。
ですから、去年と同じように確定申告すればOKというわけではありません。

また、今までの会計ソフトはバージョンアップがあると料金が発生しましたが、マネーフォワードのクラウド確定申告は、税制改正に合わせたバーションアップが行われますし、料金もかかりません。

これもクラウドならではの便利さです。

コストが安い

確定申告を税理士にお願いするといくらかかるかご存知ですか?

白色申告の確定申告書類作成だけで4~5万はかかりますし、青色申告となったら月々の顧問料まで請求さるか、決算料が15万円とか高額になります。(その前に、何の準備もなく確定申告直前に青色申告をお願いしても、受け付けてもらえない可能性が高いですが…)

しかし、マネーフォワードは月額880円しかかかりません。

本日のまとめ

私は法人経営していますので、freeeというクラウド会計サービスを使っています。
ハッキリ言って、「今までの紙の帳簿付けの手間ってなんだったんだ!?」と思えるほどの便利さです。
ただ、マネーフォワードより料金が高いんですよね。

ですから、外交員であればコストが安い上に機能も充実しているマネーフォワードのクラウド確定申告で十分だと思います。

確定申告が劇的に簡単・性格になるクラウド会計!


マネーフォワードのクラウド確定申告はこちら


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ