転職期間の平均は!?少しでも早く納得の仕事を見つけるコツ

転職期間の平均は3ヶ月前後。
しかし、半年から1年以上もの期間を転職活動に費やす人も少なくありません。

一体、その差はどこから生まれるのでしょうか。

また、転職先が早く決まっても、納得できない仕事では意味がありません。

そこで、少しでも早く納得の仕事を見つけるコツに関する情報をまとめてみました。


スポンサードリンク




転職期間を左右するのは、実は転職準備

転職のイメージは、「求人情報をチェックして応募→面接」を想像する方も多いですが、実際にこれだけであれば、大した期間がかかることはありません。

実は、以下のような面接準備に時間がかかってしまうケースがほとんどです。

  • 退社や引き継ぎ
  • 自己分析
  • 志望する仕事や会社の絞り込み
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の準備
  • 家族の説得

例えば、転職前の職場で大きなプロジェクトが進行中の場合、「このプロジェクトが落ち着くまでは辞めないでもらえないかな~」とお願されることは十分に考えられますので、転職先の会社のことだけでなく、今の会社の年間計画なども頭に入れておく必要があります。

また、営業マンであれば、新規顧客を獲得したばかりの転職は一般的には好ましくないので、転職前は契約数を意図的に減らしていくなどの考慮が必要です。


更に、いざ転職するとなると、「自分には何ができるのか?」「本当に自分が望んでいることって何だろう…」と悩んでしまって、具体的な転職活動がはじめられないことも考えられます。


そして、転職は本人の問題だけではありません。
家族にとっても死活問題ですので、ほとんどの場合は奥さんから反対されます。


転職よりも転職準備の方が大変と思っておくくらいが調度いいでしょう。

転職期間を短くするタイミングがある

通年採用している企業も沢山ありますが、やはり求人が増える時期は4月の新年度前の1~3月と、第二新卒やボーナス後の退職者を狙った7~9月の時期です。

この時期はは、めったに求人を出さない企業の募集があるので転職を考えている方は絶対に狙ってください!

また、1~3月の求人は、4月の新年度が意識された募集ですので、応募から採用までの転職期間が他の時期に比べて短くなる傾向があります。

転職エージェントを積極活用する

最近の転職市場には、さまざまな転職エージェントがあり、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、スカウト制度(登録しておくと企業から面接確約の連絡がくる)など、利用しない手はないサービスが沢山あります。

転職エージェントを利用するときのコツは2つ。

ひとつ目は、複数の転職エージェントに登録すること。

決まった会社にしか求人情報を出さない企業も多いので、1つの転職エージェントだけに絞るといい求人を見逃すことになります。

ふたつ目は、条件にあった企業の求人があったらメールが届いたり、情報を登録しておくと企業側からスカウトが来るようなシステムを使うこと。

在職中に転職サイトを隅から隅までチェックするのは大変ですが、上記のように自動的に情報が届くようにしておくことで、自分の希望に近い求人を見逃すリスクを軽減することが出来ます。

以下は転職者に人気の転職エージェントですので、積極活用すれば転職期間が短くできますよ!

フェイスブックユーザーに人気
Facebook転活アプリ

自分の市場価値やマッチする企業数が判る
MIIDAS(ミーダス)

転職といえば外せないエージェント
リクナビNEXT

内定率抜群!
既卒特有の面接ノウハウをマンツーマンでレクチャー!!【UTWO】


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ