「大雪で電車が遅れている」←こういうときに差が出るよね

昨日、18日の朝の出勤時間帯は、大雪の影響で交通機関が乱れに乱れて、駅のホームや改札の外まで通勤客のサラリーマンが溢れかえっていました。

どのチャンネルのニュースも朝の通勤時間帯の大混乱の様子を取り上げていたので、知らない方はいませんよね。

そして、実際に大混乱に巻き込まれて「電車が遅れていて、大混雑して始業時間に間に合いそうもありません!」と会社に電話を入れた方もいるのではないでしょうか。

ただ、大雪が降る可能性があるのは天気予報で判っていたわけですし、「雪が降ったから間に合わない」を何度も繰り返す人って、平凡なビジネス人生で終わるんだろうなって思います。

今日はそんなお話しを。


スポンサードリンク




大雪なら遅れても怒られはしないかもしれませんが

ニュースによると、この出勤時間の大混乱の影響で、会社に着いたのがお昼のサラリーマンもいたとのこと。

別に大雪は遅れたサラリーマンのせいではありませんし、これだけの大混乱ですから会社に遅延届を提出すれば済む話なのかもしれませんが、そういう人ってやっぱり並で終わっちゃうんですよね。

だって、首都圏の交通網が雪にめちゃくちゃ弱いことは周知の事実ですし、大雪が降りそうなときは天気予報で必ず取り上げられますからね。

それでも、大雪が降るたびに大混乱に巻き込まれて遅刻を繰り返す人は学習能力がないのかって本気で思います。

こういうときに、ビジネスマンとしての差が出ますよ。

こんな対応をしたら信用度が上がると思いませんか?

昨日の雪で社員全員が始業時間に遅れて、午前中の問い合わせ電話は全て留守電対応になってしまったという会社も多かったのではないかと予想できます。

ただ、こんな緊急時にあなただけが始業時間に間に合うように出社して電話対応していたらどうでしょうか。社長は「頼りになる奴だ!」「気が利くな~」ってあなたのことを評価してくれるでしょう。


以前にこんなことがありました。

数日後に名古屋への出張があったときなのですが、天気予報では大雪の可能性があるという内容だったので、早めにビジネスホテルの予約を入れて宿を確保しただけでなく、念には念を入れて出張前日の業務が終了したその足で名古屋入りしました。

翌日、朝起きて窓の外を見ると予報通りの大雪。
自宅から名古屋に向かっていたら絶対に間に合っていない状況でした。

そして、午前中の商談に臨んだんですが、先方の社長にこう言われました。
「今日、雪凄かったでしょう?大丈夫だったんですか?」

「はい、雪が降る可能性は判っていましたので、前日に名古屋入りしていたので問題ありません」

もし、雪を理由にアポ時間に間に合わないことを謝罪しても許されていたかもしれません。
ただ、個人的に雪が降ったから遅れるなんて子供じみたことをしたくないんですよね。

前日入りしたら1泊分のホテル代負担が増えましたが、それをケチるつもりは少しもありません。

結局、この商談は即決になり、ビジネスホテル代以上のリターンを得ることができました。

本日のまとめ

もちろん、「大雪が降ったときの在宅勤務体制を準備しておく」という会社側の問題もあります。
お昼に出勤されることを考えれば、その方がずっと効率的ですしね。

ただ、そんなことを言ったところで、そういう準備がなされていない会社も多いわけで。
だったら、大雪の前日は近くのビジネスホテルに宿泊するなどの機転を利かせたいものですね。

本当にこういうときに差が出ます。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ