明日やろうは、バカ野郎【営業マンの格言】

結果が出ない人の特徴のひとつに「物事を先送りする」というものがあります。
耳が痛い人も多いのではないでしょうか!?

そんな方々にお教えしたい格言が、
明日やろうは、バカ野郎です。

ゴロがいいし、インパクトがあるので1度聞けば忘れられないのではないでしょうか。

今日は、この格言をもとに「先送り癖を治した方がいいよ」っていうお話しをします。


スポンサードリンク




「本気出してない」って「じゃあ、いつ本気出すの?」

かなり前の話ですが、結果の出ない営業マンがこんなことを言っていました。
「別に本気出してませんから」(いつかやりますから)

かっこわる!
あーーー、超かっこ悪い!!

私は、「本気出してない」みたいなことを言われると、虫唾が走るというか、イライラするというか、「うわぁぁぁぁぁあ~」って叫びたくなります(笑

「本気出してない発言」をする人って、「俺は俺だから」みたいな実力もないくせにプライドばっかり高いタイプとか、大した苦労もせずにやってこれちゃったから危機感が欠如しているタイプとか…

もうね、かっこ悪いことこの上ない。

今の世の中、面と向かって厳しいことを言ってくれる人は少ないと思いますので、私が代わって何度でも言いますよ。

「本気出してないって言うけど、いつ本気出すの?本気出しても大した実力もないくせに!」

ムカつきました!?
ムカついたなら、まだ救いようがありますので、今すぐ本気出しましょう。

ちなみに「明日から」じゃ駄目ですよ。

明日やるためには、今日の準備が大切

ビジネスに限ったことではありませんが、「やろう!」と思っていきなり出来る人なんていませんよ。
明日やるためには、今日から準備しておかなければならないわけで。

ましてや、やろうとしていることが大きければ大きいほど、前々からの取り組み方や準備が重要になることを忘れてはいけません。

あと、「今日はいいや」って先送りにしても大丈夫と思っているあなた!
確かにあなた自身は今日も明日も変わりはないかもしれません。

ただ、そういう人は視野が狭いですよね。
だって、周りの人が日々進化していったら、相対的には自分は退化したことと同じですからね。

明日の自分自信を作るのは、今の自分自身の取り組みだと心得ましょう。

確実に明日が訪れるなんて妄想です

平和な日本で暮らしていると「明日が訪れる」ことは当たり前に感じるかもしれません。
でも、それって本当に確実なのでしょうか。

明日、不慮の事故に巻き込まれるかもしれませんし、突然の発作で体が不自由になるかもしれません。

それに、自分自身だけの問題ではないですよ。

私の知り合いには、超優良企業のエリートサラリーマンでありながら、親の介護のために会社を退社して大変な日々を送らざるを得なくなった方など、ある日突然平和な日々が送れなくなった人が沢山います。

平和を否定するつもりはありませんが、今の平凡な毎日が続いているのはある意味「奇跡的なこと」と捉えるくらいが調度いいですよ。

危機感を持っていれば、先送りしようという気にはなりませんからね。

本日のまとめ

さて、今日は「明日やろうは、バカ野郎」という言葉をもとにお話ししました。

先送りを繰り返す日々を送り続けて、死ぬ前に「もっと、いろいろやっておけばよかった…」って後悔はしたくないものですね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ