SMAPの解散報道から経営者やビジネスマンが学ぶべき「感謝」と「謙虚さ」

SMAPの解散報道が世間を騒がせていますね。

考えてみれば、国民的アイドルとは呼ばれているものの香取慎吾さんを除いたメンバー全員が40代。

40代といえば、仕事では中間管理職として上司と部下の板挟みでストレスを感じていたり、リストラ候補になって会社を去ることになったり、先が見えてしまって「このままでいいのだろうか…」と悩んだりしている方も多い年代です。

ですから、SMAPの解散報道を他人ごとには思えない方も多いのではないでしょうか。

この解散騒ぎに関しては現段階で情報が二転三転していますので、最終的な結論がどうなるかは判りませんが、経営者やビジネスマンとして学ぶべきことが多いと感じましたので、一緒に考えてみましょう!


スポンサードリンク




SMAPの解散報道から経営者が学ぶべきこと

経営者というのは、なってみなければ判らないような苦労やリスク、孤独を経験するものです。

「社長」と言えば聞こえはいいですが、社長には労災も雇用保険もありませんからね。
要するに成功すれば収入は青天井ですが、失敗したときは何の保証もないわけです。

ですから、テレビや新聞・雑誌に出てくるような儲けている社長が目立ちますが、その陰には数えきれないくらいの失敗して人生が詰んでしまったような社長がいます…


さて、こんな状況ですから成功した社長に才能や努力などが無いとは言いません。
実際、お会いすると聡明な方が多いのも事実ですしね。

ただ、成功にはいろいろな要素があり、その中でもっとも大きいものに「運」があります。

  • たまたま、いいビジネスアイデアを思い付いた
  • たまたま、自分のビジネスが時代のニーズにマッチした
  • たまたま、創業時に優秀な人材に恵まれた
  • たまたま、マスメディアに取り上げられて認知度が一気に上がった
他にもいろいろありますが、実際に起業して成功した経営者の方にお話しを聞くと「運が良かったんだよ!」という方が本当に多いのに驚かされます。

成功するために才能や努力は最低限必要な当たり前のもの。
そこに「たまたま」(運)が積み重なったから成功できるという証明かもしれません。


しかし、経営が安定してくると勘違いする経営者もいます。

周りからは「社長!社長!」ともてはやされ、豪邸やいい車を所有し、いいものを身に付けるようになるのに慣れた頃、「成功は俺だから成し得たことだ」って心のどこかに奢りが生じるのです。

そうなると、自分の方針に反対したりいい顔をしない人間を排除し、イエスマンを好むようになったり…
独裁的な社長や裸の王様のような社長っていますよね。

ですから、社長は会社内でもっとも謙虚でなければなりません。
別に部下に媚びろとかそういう意味ではないですよ。

「自分の成功はたまたま運が積み重なって成し得たものだ。本当にありがたい」

こんなふうに常に考えていれば、社員を駒のように考えることは無くなるのではないでしょうか。

SMAPの解散報道からビジネスマンが学ぶべきこと

さて、ここからは経営者ではなく、ビジネスマンが学ぶべきことについてお話しします。

ビジネスマンの中には「俺がいるから会社がもっているんだ!」とか「会社自分に対する評価が低すぎる」と考えている方がいます。

このように考える方は、本当に実力があることが多いのですが「勘違い」しているのも事実なんですよね。

考えてみて欲しいのですが、雇われているということは組織の恩恵を多大に受けています。

  • オフィス、デスク、電話などの会社のリソース
  • 〇〇株式会社という会社の看板<(信用)
  • 自分の担当業務以外のフォロー体制
  • 社会保険などの福利厚生
他にもいろいろありますが、上記にあげたようなものは当たり前のことではないんですよね。

社長をはじめとした創業メンバーが死ぬ気で頑張ってきた結果、現在の会社があるのを忘れてはいけません。
会社に文句や不満が多いビジネスマンは、高校生が親に反抗しているようなものです…


ただ、世の中では、仕事の出来る実力者が仲間を引き連れて会社を辞めるなんて日常茶飯事ですからね。もちろん、その後成功する人がいないわけではないですが、失敗する人が多いのが現実です。

私も過去に「この人は凄い!」とビジネスマンとして一目置いていた方が、独立後全然頭角を現さないどころか、以前より落ちぶれてしまったのを何度も見たことがあります。


そうそう、SMAPの解散劇でキムタクが事務所に残ることに対して「裏切り」と表現されていましたが、私は単純に裏切りとは思えませんでした。

別にキムタクをかばうつもりはありませんし、本人に聞いてみなければ真意は判りませんが、純粋に会社に対する恩義を感じているので辞めない決断をしたのかもしれませんから。

本日のまとめ

じゃあ、どうすればいいかってことですが、やっぱり「感謝」や「謙虚さ」を常に忘れないことですよね。
簡単なようで難しいですし。

年齢や立場に関わらず、生涯「感謝」や「謙虚さ」を持ち続けることが出来れば、つまらないトラブルは避けられる可能性がグンと上がると思いませんか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ