転職トラブル「家族の反対」について

転職する際のトラブルのひとつとして「家族の反対」があります。

「嫁ブロック」という言葉があるくらいですからね。
「うちの家族は賛成してくれるだろう!」と気軽に考えるのは危険です。

そこで、転職トラブルのひとつ「家族の反対」について、事例や対策についてお送りします。


スポンサードリンク




転職を家族に反対される例とその対策

家族に転職を反対される例と対策をご紹介しますので参考にしてください。

親に転職を反対される例

最近の大学生の中には、面接に親と一緒に来る(ついてくる)人がいるようです。
そして、こような過保護・過干渉の親は転職に関して、あっさり認めるか、もしくは絶対に認めない傾向があります。

後者のような親は、一部上場企業など安定している会社を辞めて転職となると、「親の言うことを聞きなさい!」と親の立場を利用して圧力をかけてきますからね。子供の立場としてはたまったものではありません。

転職の親対策

親というのは子供が思っている以上に「子供の幸せ」を考えていますので、転職など人生の分岐点となるようなことには慎重になるものです。

また、昔は年功序列が当たり前で、一度就職した会社で定年まで働き続けるという常識を持っていると、転職がリスキーなことに思えてしょうがないわけです。

ですから、自分と親の世代は仕事や会社に対する常識が全く違うということを認識してください。

また、子離れ出来ていない親の中には「子供の人生は自分が決める」と常日頃考えている親もいますので、自分が自立した大人だと認識させるようにしてください。

今の若い人は、思春期に反抗期がないような親と仲良しタイプが多いですが、何でも親の言うことを聞くのが正解ではありません。

社会人として自分の意見を通すというようなことを常日頃からしておけば、親にも免疫ができるでしょう。

妻(嫁)に転職を反対される例

冒頭でも話しましたが、嫁ブロックという言葉があるそうです。

【参考】申年に響く男の呻き声~「嫁ブロック」のリアル:日経ビジネスオンライン

収入源やステータス(大企業の妻の座)、不安定に対する不安や不満(福利厚生など)、転職に際しての転勤を嫌がるなどの理由で3人に1人が転職できないと上記記事にもかいてあります。

また、転職で来た人もほとんどは妻の反対にあっていると思っておいて間違いないでしょう。

転職の妻(嫁)対策

ほとんどの女性は、もともと保守的な考え方をしています。
ですから、今の現状が悪くなるリスクがある場合は反対となるわけです。

対策としては、妻に黙って転職活動をしたり、いきなり話を持っていくのはやめましょう。
裏切り行為や無視行為と認識されて、夫婦間にも亀裂が入りかねません。

また、「何故、仕事を変えなければならないのか」について、現状抱えている悩みやストレス、転職後の展望、転職先の業界や会社の現状や将来性など、丁寧に時間をかけて説明しましょう。

ただ、こんなことを言えば元も子もありませんが、最終的に転職を反対されて断念せざるを得ない場合、妻から信頼されていないということが根本の原因だったりします。

過去に浮気がバレた(怪しまれた)、家事や育児を妻任せにしていて何も手伝わないなどの結婚生活上の積み重ねが、信頼を失わせている可能性あります。

思い当たる方は、転職活動期間が予想よりも長期化する覚悟をしておきましょう。

本日のまとめ

転職が絶対にプラスになる保証はありません。
ですから、親や妻などの家族を代表とする転職への反対は「ありがたい意見」として冷静にとらえましょう。

いちいちムカムカしているような人が転職しても、新しい職場で上手くやっていけるとは思えませんからね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ